「年女」とは、そもそも何?縁起が良い・悪い?厄年との関係まで

「年女」とは、そもそも何?縁起が良い・悪い?厄年との関係まで
参照 : www.photo-ac.com
『年男』や『年女』という言葉を聞いたことがあると思います。 お正月や節分のときによく聞く言葉なので、なんとなく縁起が良さそうな感じはしますが、そもそも年女がなんなのか、いつが年女になるのかなど、わからない人も多いのではないでしょうか。 ここでは、今さら人には聞けない“年女とはなんなのか”についてまとめました。
「年女」とは、そもそも何?縁起が良い・悪い?厄年との関係まで
参照 : www.photo-ac.com

目次

「年女」ってそもそもなんなのか?

出典:www.ac-illust.com
『そもそも年女って何なの?』という人もいるでしょう。 年女とは、生まれた年と同じ干支を迎えた人のことを言います。 干支は大昔には方角や年月、時間を示すために使われていましたが、現在ではその年の代表になる動物として使われてる十二支のみが残っています。 十二支は「子(ねずみ)、丑(うし)、寅(とら)、卯(うさぎ)、辰(たつ)、巳(へび)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(いのしし)」の12種類で、毎年順番に巡っています。 12種類が順番に巡っているので、12年に1度同じ動物が回ってきます。自分が生まれた年の干支と同じになる年の人のことを『年男』『年女』と呼びます。

2023年の年女は何年生まれの人?

2023年は卯年なので、卯年生まれの人が年女です。 年女には今年生まれた人は含まれません。そのため、初めて年女になるのは12才になる年です。その後は12年ごとに巡ってきます。

年女は縁起が良いの?悪いの?

出典:www.photo-ac.com
年女は12年に1度しか巡って来ないので、特別な感じがします。 そのため、一般的には「年女は縁起が良い」と言われているのですが、「逆に縁起が悪い」と言われることもあります。

『年女は縁起が良い』と言われる理由

年女は、その年の年神様からのご加護が、ほかの干支の人に比べて多く受けられると考えられています。 そのため、神仏に関する年中行事で大きな役割を担うことも多いです。 さまざまな行事の中でも、特に年女が活躍するのが『節分』です。 2月3日の節分は季節の変わり目で、邪気が入りやすいと言われていて、鬼を追い払うために各地で豆まきの風習があります。 年女がまく豆を拾うことで縁起が担げると考えられていて、豆まきイベントでは年女がゲストとして呼ばれることが多いようです。

『年女は縁起が悪い』と言われる理由

年女は縁起が良いと言われる反面、一部の地域では「当たり年」言われ、『縁起が悪い』と考えられていて、何事にも慎重に考え、進めていく方が良いとされています。 また、12年というのは、節目の年とも言われます。12年の間に年齢を重ね、ライフスタイルや仕事面でも変化があったことでしょう。 体調管理に意識して、慎重に暮らすことが大切です。

年女と厄年の違い

出典:www.photo-ac.com
年女と似た言葉で『厄年』というものがあります。 混同してしまいがちですが、このふたつは全く別物なので、意味の違いを知っておきましょう。

厄年って何?

年女は生まれた年の干支を基準に12年おきに巡ってきますが、厄年は決められた年齢のことを言います。 厄年は数え年で男性は25・42・61才、女性は19・33・37・61才になる年のことです。その前の1年を前厄、後の1年を後厄として、3年間は健康面や予期せぬ災難に注意が必要と言われています。 厄年には、必ず不運なことが起こるというわけではありません。でも、年齢的に体調の変化が起こりやすいと考えられる時期なので、自分の健康や生活面を見直すきっかけにしたいですね。

2023年は卯年の方が年女です♪

干支は普段の生活ではあまり意識することはないかもしれませんが、自分の干支の1年となると、なんだか特別な感じがしますよね♪ 縁起が良いだけでなく、節目となる年でもあるので、健康面や生活面に注意して幸せな1年にしたいですね。

女性の厄年の出産は縁起がいいって本当?30代女性には2回も厄年が…。過ごし方や厄年の意味を知っておこう

女性の厄年の出産は縁起がいいって本当?30代女性には2回も厄年が…。過ごし方や厄年の意味を知っておこう

妊娠・出産を控えている女性なら、“厄年”について気になる!という方も多いのではないでしょうか。 「厄年に出産するとお腹の子と母体に何か影響があるの?」という疑問も浮かんできますよね。 今回はそんな疑問に答えながら、有名な厄払いスポットについてもあわせてお話してきます!

「厄年にやってはいけない事」って何?女性は30代の半分が厄年…。

「厄年にやってはいけない事」って何?女性は30代の半分が厄年…。"注意すべきこと"を知って過ごそう

厄年と聞くと、なんだか怖いイメージ… 特に女性は、30代の半分を前厄・本厄・後厄として過ごすので、厄年というネガティブな印象から不安になりがちです。でも、厄年について詳しく知っておく事で、注意できたり気にせず過ごす事もできますよ! 今回は「厄年にやってはいけない事」と言われている事や、注意点をまとめました。

月額2,980円で24時間通い放題!ちょこざっぷが女性におすすめな理由(税込3,278円)

最近お腹周りのお肉が気になってきていませんか?運動を始めたいと思ってもなかなか長続きしないものですよね。そんなあなたに、お手頃価格で気軽に運動を楽しめるchocoZAP(ちょこざっぷ)がおすすめです。

月額2,980円(税込3,278円)で24時間365日いつでも利用できるちょこざっぷは、特に女性におすすめできるポイントがたくさんあります!

ポイント①エステ・脱毛マシンが使い放題!

なんといっても女性に魅力的なポイントは、運動マシンだけではなく、美容マシンが追加料金なしで利用できることではないでしょうか。運動目的ではなく、美容目的で利用する方もいるほどです。

エステはボディケア、フェイスケア。脱毛は腕や脚、脇やお尻への利用が基本です。(VIO、顔への使用は不可)使い方もポップや専用アプリで教えてくれて安心。個室で人の目を気にせず何度でも施術できるのも魅力ですね♪

ポイント②手ぶら・着替えなしでOK

「コンビニジム」と謳っているほど、いつでも気楽に立ち寄れるコンセプトのジムです。もちろんしっかり準備をしてじっくりトレーニングすることもできますが、普段着のままで立ち寄り、少し運動をして帰るというスタイルの利用も推奨されているので「運動ウェアを用意してタオル、着替えを入れる袋と化粧ポーチ…」とあれこれ用意する必要がありません。

ポイント③経済的かついつでもやめられる

月額2,980円(税込3,278円)で経済的な点も女性には嬉しいポイントではないでしょうか。一般的なジムやセルフエステ、脱毛に通うことを考えれば非常に低価格で始めることができます。もし自身に合わなかったとしても解約はアプリで簡単に行うことができ、解約金も不要。(日割り返金はなし)スタッフに引き止められて気まずい思いをすることもありません。

ちょこっと運動できれいを手に入れよう!

低価格で便利にジムが利用できるだけでなく、エステや脱毛などもフォローされたちょこざっぷは魅力いっぱいです。思い立ったが吉日!ぜひこの機会にちょこざっぷで運動習慣を始めてみませんか?