食欲の秋には、ちょっと豪華な手料理を!旬の食材を使って、秋の味覚をイタリアンでも堪能♪ - Up to you!

食欲の秋には、ちょっと豪華な手料理を!旬の食材を使って、秋の味覚をイタリアンでも堪能♪

食欲の秋には、ちょっと豪華な手料理を!旬の食材を使って、秋の味覚をイタリアンでも堪能♪
参照 : pixabay.com
カボチャの煮付けにサンマの塩焼き、栗ご飯・・・。定番の和食ももちろんですが、たまには同じ食材を簡単イタリアンにアレンジ!秋の味覚を存分に楽しんじゃいましょう!
食欲の秋には、ちょっと豪華な手料理を!旬の食材を使って、秋の味覚をイタリアンでも堪能♪
参照 : pixabay.com

ブドウのチーズ包み

出典:pixabay.com
[材料4人分] 大きくて固めのマスカットブドウ 16粒、きざんだピスタチオ 80g、ゴルゴンゾーラチーズ 80g、クリームチーズ 80g [作り方] 1. ブドウを房から外し、流水で洗って拭いておく(皮ごと)。 2. ゴルゴンゾーラとクリームチーズをボウルで合わせてよく混ぜる。溶けないよう、温め過ぎないこと。溶けてしまったら冷蔵庫で冷やす。 3. ピスタチオを荒くきざみ、フライパンで中火で3分ほど、焦がさないように混ぜながら炒る。炒り終わったらガラス容器に取り分け、荒熱を取る。 4. ブドウの粒にまんべんなくチーズクリームを塗り、ピスタチオをまぶす。 5. 冷蔵庫で2~3時間冷やしてサービスする。

写真入りのレシピ (イタリア語)

写真入りのレシピ (イタリア語)

Un antipasto semplice e molto particolare grazie al mix di frutta e formaggio: provate i bocconcini di uva al formaggio e pistacchi!

カボチャのリゾット

出典:pixabay.com
[材料4人分] カルナローリ米 320g、カボチャ 600g、タマネギ 100g、野菜ブイヨン 1.5リットル (ニンジン、タマネギ、セロリ2~3個ずつ)、削ったパルミジャーノ・レッジャーノチーズ 80g、白ワイン 60g、バター 50g、エキストラ・バージン・オリーブオイル 20g、黒コショウと塩 適量 [作り方] 1. 野菜ブイヨン用の野菜をざく切りにし、鍋に入れて1時間ほど煮詰め、アクを取り、塩で味を調えてブイヨンを作る。手間を省く場合は、固形のスープの素でもOK。 2. カボチャをサイコロ状に、タマネギをみじん切りにカットする。 3. 深鍋にオリーブオイルを入れて熱し、みじん切りのタマネギを入れて弱火で10分ほどじっくり炒める。 4. タマネギがとろとろになったらカボチャを入れ、数分間かきまぜながら熱する。 5. 1の温かい野菜ブイヨンをお玉でひとすくいずつ4の鍋に入れて、カボチャを浸しながら20分ほど、やわらかくなるまで煮る 6. 別のフライパンにお米を入れて透明になるまで強火で2~3分間乾炒りする(油は使わない)。焦げないようしゃもじで混ぜながら炒ること。 7. 白ワインを加えてアルコール分を蒸発させ、お米を4のカボチャの深鍋に入れる。 8. お米が鍋底にくっつかないよう丁寧に混ぜながら、カボチャをよくなじませ、煮汁が少なくなったら1の温かい野菜ブイヨンをお玉でひとすくい加える。 9. 煮汁が少なくなったらまた野菜ブイヨンをお玉でひとすくい加え、煮詰める。これを15~20分繰り返し、お米の芯がかすかに残るくらいまで煮る。 10. 最後に塩、コショウで味を調え、火を消したらバターと削ったパルミジャーノ・レッジャーノ・チーズを加えてよく混ぜ合わせ、クリーミーなリゾットにする。 11. 1分ほどなじませておいてからサービスする。

写真入りのレシピ (イタリア語)

写真入りのレシピ (イタリア語)

Il risotto alla zucca è uno dei piatti tradizionali del Nord Italia, in particolare lombardo. È un piatto semplice da preparare ma anche molto gustoso

サンマのイタリア風煮付け アンチョビ&ケッパーソース和え

出典:www.pakutaso.com
[材料4人分] サンマ 1本 1kg、タマネギ 1/2個、ニンジン 1本、セロリ 1本、白ワイン 1カップ、塩と黒コショウ 適量 ⚫ソース用: 塩漬けアンチョビ 150 g、ケッパー 150 g、イタリアンパセリ 150 g、エキストラ・バージン・オリーブオイル 適量 [作り方] 1. サンマの内ワタを取り除き、流水で良く洗ってから水を切る。 2. 深鍋に白ワイン、大口切りにしたニンジンとセロリ、塩と 黒コショウを入れて煮立たせ、サンマを入れて茹でる。 3. ソースを用意する。ケッパーとイタリアンパセリ、塩抜きして骨を取ったアンチョビをみじん切りにする。多めのオリーブオイルに入れてクリーム状になるまでよく混ぜ合わせる。 4. サンマを茹で終わったら、骨から身の部分を取り、人数分に取り分けてお皿に乗せる。 5. ソースをかけて数分置き、味を馴染ませてからサービスする。

参考レシピ(魚の種類が違います)と写真(イタリア語)

豚肉と栗のロースト

出典:www.pakutaso.com
[材料4人分] 豚モモブロック 800 g、フェンネルの葉 3束(なければ乾燥フェンネル)、ニンニク 5片、ローリエの葉 2枚、牛乳 3カップ、ブランデー 1カップ、黒コショウ 適量、干し栗 150 g [作り方] 1. 一晩、干栗をぬるま湯に浸して柔らかく戻しておく。 2. 深鍋に豚モモブロックを入れ、フェンネルの葉、ニンニク、ローリエの葉、牛乳、ブランデー、黒コショウを加えて数時間マリネにし、味を馴染ませる。 3. オーブントレーに豚モモブロックと柔らかく戻した干栗を乗せて、180℃で90分焼く。10~15分ごとに、マリネ液を注いで、肉が焦げないようにする。 4. ふっくら焼き上げる場合は、豚モモブロックをアルミホイルで覆い、2:1の分量の水と牛乳を注いでから焼くと良い。 5. 肉が焼きあがったら、スライスカットにして焼き汁を添え、サービスする。

写真入りレシピ(イタリア語)

写真入りレシピ(イタリア語)

all

柿ジャム添えパンナコッタ

出典:www.pakutaso.com
[材料4人分] パンナコッタ : 生クリーム 500ml、バニラスティック 1本、ゼラチン 2 枚、砂糖 100 g ●柿ジャム : 柿 2 Kg、砂糖 500 g、バニラスティック 1本、レモン 1個 1. 小さな鍋に生クリームを入れ、砂糖を加える。 2. ゼラチンを小さなボウルに入れ、柔らかくなるまで冷水に漬けておく。 3. バニラスティックをナイフで削り、後からパンナ・コッタに入れる分を取り分けておく。残ったスティックは、1の小鍋に入れる。 4. 小鍋に火をつけ、木しゃもじでかき混ぜながら生クリームを沸騰させる。 5. 沸騰したらすぐ、火からおろす。柔らかくなったゼラチンをよくほぐして煮立った生クリームに入れ、木しゃもじでじっくりかき混ぜて滑らかにする。 6. 生クリームを漉し器で漉し、バニラスティックやゼラチンの塊を取り除く。 7. 冷水で洗ったばかりの型またはガラスのコップに生クリームを流し入れる (冷水につけると、後で外しやすくなる)。 8. 荒熱が取れてから冷蔵庫で5時間以上冷やし固める。 ●柿ジャム 1. 柿の実をミキサーにかけ、大きな鍋に入れ、レモン汁とバニラスティックを加えて5分間煮立たせる。 2. 砂糖を加え、ジャム状になるまでかきまぜながら煮詰める。 3. 荒熱が取れたら容器に移し、冷蔵庫で冷やす。 4. 固まったパンナ・コッタをお好みで容器から外し、柿ジャムを添えてサービスする。

写真入りレシピ パンナ・コッタ(イタリア語)

写真入りレシピ 柿ジャム(イタリア語)

いかがでしたか?手の込んだ料理もありますが、ぜひイタリアンで旬の食材を満喫してください!