「神頼みするほど子供が欲しかった」永作博美さんが実践した “胎児の超活性方法”とは? - Up to you!

「神頼みするほど子供が欲しかった」永作博美さんが実践した “胎児の超活性方法”とは?

「神頼みするほど子供が欲しかった」永作博美さんが実践した “胎児の超活性方法”とは?
年齢を感じさせない少女のような可愛さで、産後ますます輝きを放つ永作博美さん。1970年生まれ、アイドルデビュー後、女優へ転身。高い演技力で多くのファンに愛されています。40代目前での結婚、2児の母になるまでの長い道のり、不妊治療を経ていた告白が話題となりました。
「神頼みするほど子供が欲しかった」永作博美さんが実践した “胎児の超活性方法”とは?

【1】「子どもを持たない人生を受け入れていた」独身時代の本音を告白

順風満帆な人生を歩まれてた印象の永作さんですが、雑誌インタビューにて、独身時代には「子なし人生を覚悟していた」過去を告白。さらに30代後半には「当時は出産どころか結婚すらあやうい状況(笑)…」2児の母として心の余裕さえ感じますが、妊娠・出産までに流産・不妊治療を受けていたそうです。

"神頼みするくらい子供が欲しかった" 2度の流産を乗り越えての妊娠…

広島県・尾道にある子づくりに縁起がいいとされる神社に、ふたりでお参りに訪れていたことも。
自宅から遠いクリニックにも頻繁に通って、不妊治療を続けてきたんです。

出典:entameblog.seesaa.net

【2】高齢出産、不妊体質改善のために行った努力とは?

第一子目の男の子を39歳で出産、第二子を42歳でご出産されました永作さん。実は物凄い冷え性体質だったそう。習慣性流産という大きなハードルを乗り越えるために行った「不妊・流産体質改善への取り組み」。その実践内容が気になります。

①冷え性体質の改善

・にがりを入れたお風呂にゆっくり入る
・冷え性に効く食材を中心に食事する
・最近では甘酒豆乳を愛飲している

出典:xn--eckp2gt04lf9lif1a26n.jp

②「胎児の超活性化法」妊娠時に摂取した○○とは?

◎胎児の超活性方法、妊娠力維持のために摂取されていた「亜麻仁油」

オメガ3脂肪酸を積極的に摂取した妊婦は、早産のリスクを減り、体出生体重児を出産するリスクが低く摂取量と早産には関係性があることが明らかとなった

出典:mamari.jp

妊娠最後の時期と生後一カ月の間に子どもの中枢神経システムは加速度的に発育するため大量の必須脂肪酸を必要とする。
そのため、この時期の赤ちゃんに母体を通じて亜麻仁油を与えることで、脳の発達に効果があると言われている

出典:jisin.jp

産後もこのオメガ3脂肪酸は母乳をつくるのに欠かせない栄養素。妊娠中も産後も摂取する必要があります

出典:ninnpusan.com

●輝く美貌の秘訣!永作流健康法「ご飯は3杯くらい食べます」

体質改善に取り組んだ妊活、マタニティー期間。仕事と子育てを両立するスタミナに加え、女性なら誰しもがうらやむ「透明感のある美肌」の永作さん。日々の栄養バランスのとれた食生活にその秘訣があるようです。

「しっかり食べて身体が栄養を摂れるようにしたほうが良いと思う」
「白米は好きですけど、豆乳なんかも飲みますし、お魚も好きです。甘いモノとかは少なめにしているけど、お腹が満足するぐらいたべるほうがいい

出典:www.excite.co.jp

・今の興味は腸。半年ほど前、脳と腸が非常に密接だと解説した本に出会ったことがきっかけに、酵素にも関心が。できるだけ生の野菜を食べます。

出典:

【3】念願の母になった永作さん、その子育てとは?

●「毎日思わぬことばかりが起きる、決断は早くなった」

日々時短を求められるので、効率的に脳を使うようには、徐々にですけどシフトされていきますね。ただただぼーっとするような無駄な時間もほしいんですが、なかなかそんな時間は作れないので『一日終わった、やっと寝れる!』と思うときが一番幸せです」

出典:numero.jp
2児の母でもある永作さん。とあるインタビューにて、仕事と子育ての両立ヒントを、以下のように語られています。

「時間がとにかくない。仕事でいっぱいいっぱいなのに、家族のことに半分取られちゃうので、『続けられるのか?』と思った。でもその時1番何をすべきかを決めれば、ブレずに充実した時間が過ごせる」

出典:www.excite.co.jp

●ストレス発散に大量の差し入れ!永作さんの意外な一面も。

「調理師免許を持っている永作さんは、食材にこだわった“永作チョイス”のスイーツを準備してくれるんですよ。共演者やスタッフが喜ぶ姿を見ると、永作さん自身も気が楽になって、“よし、がんばろう!”って思うみたいです」

出典:www.news-postseven.com
「今できることの最大限は悔いのないように過ごし、1日を終わらせるよういつも思っている」限りある時間を有効に生きよう、そんな前向きな姿勢に多くの女性が共感するのかもしれませんね。2児の母・女優、永作さんの更なるご活躍が楽しみです。