本サイトはプロモーションを含みます

お気に入りグッズとの「お別れの儀式」…。子どものこだわりは納得すれば終わらせられる?

お気に入りグッズとの「お別れの儀式」…。子どものこだわりは納得すれば終わらせられる?
参照 : twitter.com
子どもって『こだわりのルーティン』がありますよね。 特に寝るときにこだわりがあることが多くて、「お気に入りのタオル」「お気に入りのぬいぐるみ」など『これがないと寝られない!』というのはめずらしいことではありません。 今回は、”季節外れのお気に入りグッズとお別れの儀式“を行ったエピソードをご紹介します。
お気に入りグッズとの「お別れの儀式」…。子どものこだわりは納得すれば終わらせられる?
参照 : twitter.com

おとなには理解できない!? 子どもの不思議なこだわり

子どもって『おとなには理解できない不思議なこだわり』がありますよね。 おのりさん @peanuts0141ne のお子さんは寝るときに着るスリーパーがこだわりグッズなのだそうです。 布団を着ているような感じになるので、冬の必需品ではありますが、さすがにこれからの季節は暑いですよね。 でも、寝るときこだわりを勝手に片付けてしまうと怒るでしょうし、寝られなくなってしまうかも。 そこで、優しいパパが考えたのが「子どもが自分で納得して片付ければ、終わりにできるのではないか」という作戦! “なるほど〜!”と思いました♪ 気になる結果はどうなったのでしょうか??

季節外れのお気に入りグッズとのお別れの儀式

出典:twitter.com
出典:twitter.com
出典:twitter.com
出典:twitter.com

真似したくなる!子どもが納得する素敵な説明☆

スリーパーに『ほし』と名前を付けているお子さんかわいいですね♪ そして、“子どもが納得できるように”と、提案したご主人の優しさと、子ども目線で説明してあげるおのりさんに、温かい気持ちになれました♡ 子どものこだわりに困らせられることってありますよね。 うちの場合、家から出るときに駐車場から右折して出ないと泣き叫んでました(笑) 謎のこだわりです。 こういう場合の“子どもが納得できる説明”ってなんだったんですかねぇ?? 2〜3歳くらいが1番ひどくて、叫ぶように泣いて、そのあと不機嫌になるのが面倒くさくて、諦めて右折で出ていましたが、ある日突然何も言わなくなりました。 この『子どもを説得する』という方法は、イヤイヤ期や3歳の反抗期にも有効だと思います。 この時期は、子ども自身も嫌な理由がわかっていなかったりするので、おとなが心に余裕を持って、接してあげることが大切です。(わかっていても難しいことが多いですけどね。)

その後…。お別れの儀式後スリーパーと無事お別れできたのか⁈

洗濯と片付けまではスムーズに進んだようですが、気になるのはその夜です。 大好きなスリーパーを着なくても眠ることはできたのでしょうか⁈ きっと、同じように子どものこだわりで悩んでいるママたちが気になるであろう“その後”も、おのりさんは漫画にしてくれていました♪
出典:twitter.com
出典:twitter.com
洗濯して、引き出しに片付けることはできましたが、やはり夜に泣き出してしまって、早々に“ほし come back”になったんですね(笑) パパママの“わなわな感”を表現した絵の気持ちがわかりすぎて、笑ってしまいました。 お子さんのピンチに駆けつけるスリーパーの絵も最高です! でも、お子さんも一旦バイバイできたことはえらいし、寝るときのルーティンではなく、日中のこだわりなら、きっとおのりさんの対応は成功していたはず! 子どものこだわりに困っているママさん!ぜひマネしてみて下さいね♪

おのり/Twitter

フォローはこちらから

おのり/Instagram

フォローはこちらから

お気に入りの毛布やタオルをズリズリ…「ライナスの毛布」はやめさせるべき?わかりやすい漫画もあるよ!

お気に入りの毛布やタオルをズリズリ…「ライナスの毛布」はやめさせるべき?わかりやすい漫画もあるよ!

お気に入りの毛布等を常に持ち歩いている子、いますよね。この現象には「ライナスの毛布」という名前がついています。漫画「PEANUTS」に登場する男の子の名前がついたこの現象は、意外と多くの子どもに見られます。そして、やめさせるべきか悩んでいるママもいるようです。実際に息子が毛布大好きの筆者がこの現象を解説します。

ベビーシッターvs超人見知り2歳児、その結末は!? 知りたかった「いい子にしていましたよ♪」の裏側にはこんな努力が…!

ベビーシッターvs超人見知り2歳児、その結末は!? 知りたかった「いい子にしていましたよ♪」の裏側にはこんな努力が…!

一時預かりは、未就園児をもつ親にとってはものすごくありがたい存在! 子どもが楽しく過ごせるよう、ベビーシッターさんは並々ならぬ努力をしていました…!!

家ではいいけど外ではヤメテ‼︎外出先で恥ずかしかった天真爛漫すぎる子どもの言動

家ではいいけど外ではヤメテ‼︎外出先で恥ずかしかった天真爛漫すぎる子どもの言動

子どもの純粋さはとてもかわいらしいですが、時にママを恥ずかしくさせてしまう『やめて‼︎』という言動をすることがありますよね。 今回は、外出先のトイレで起こった「子どもの天真爛漫さに癒されるけど、自分だったら恥ずかしい」と思うエピソードをご紹介します。