本サイトはプロモーションを含みます

【子どもに見せてはいけない姿】日常生活にも子どもの危険はある!?目からウロコの【さざなみ流育児ライフハック】

【子どもに見せてはいけない姿】日常生活にも子どもの危険はある!?目からウロコの【さざなみ流育児ライフハック】
参照 : twitter.com
スタイリッシュなテイストで、〝育児のお役立ちライフハック〟をTwitterで発信している『さざなみ』さんは、3歳と1歳のお子さんを育てているママさんです♪ 育児に関する痛快なツイートや、ママあるあるがとっても共感できます。 さあ、今日のさざなみさんはどんな事をつぶやいているでしょうか…?
【子どもに見せてはいけない姿】日常生活にも子どもの危険はある!?目からウロコの【さざなみ流育児ライフハック】
参照 : twitter.com
さざなみさんのツイートには、「わかるわかる!」や「なるほど〜!」など楽しい驚きがいっぱい♡ さっそくそんな、さざなみさんの新たな発見をご紹介します!

ちょっとした工夫で、なくしがちな子どものくつの紛失防止ができる!【さざなみ流育児ライフハック】は簡単楽ちん♪

ちょっとした工夫で、なくしがちな子どものくつの紛失防止ができる!【さざなみ流育児ライフハック】は簡単楽ちん♪

前回ご紹介したマンガ記事はこちら

【0歳から5〜6歳向け】子どもに真似されたくないことは見せないように…!

出典:twitter.com
私も今現在5歳児を育てている最中なのですが…このツイートを見て、すごくハッとしてしまいました! さらにリプツリーに続く、さざなみさんのツイートに「あっ」と声が出てしまいました。

あと、錠剤の薬を飲むところとかも見せない方がいいかも……。きちんと話して説明できる年になるまでは。

出典:twitter.com
たしかに! 子どもは何にでも興味津々、悪気なくおままごと感覚で真似しちゃうなんてこともあるかもしれませんよね。 大人にとっては日常の「綿棒で耳掃除」や「頭痛がするから錠剤を…」という行動が、子どもにとっては危険を招きかねません。 ・自分で耳に綿棒をつっこんでしまう ・錠剤を飲む姿を真似して、大人の薬やおもちゃなどを誤飲してしまう そして、子どもの前で耳掃除をしたり錠剤を飲むことは控える。 これだけでも子どもの身に降りかかる危険をぐっと減らせそうです。

他にもあった!【子どもが大好きな身近な“アレ”】が喉詰まりするかも!

小さな子どもにとっては、〝いつも食べてるもの〟だって喉詰まりの危機になることもあります。

子どもが大好きな身近な“アレ”も、実は窒息予備軍!? 適切な形&時期を知って子どもの「喉詰まり」STOPを!

子どもが大好きな身近な“アレ”も、実は窒息予備軍!? 適切な形&時期を知って子どもの「喉詰まり」STOPを!

参考にした記事はこちら!

例えばミニトマト。 普段は「小さくて子どももつまみやすくて食べさせやすい!」としか思っていなかったミニトマトですが、言われてみれば誤飲の危険性があるかも! 他にもフルーツやお菓子など、〝丸くてツルッとした食べ物〟が子どもがいる食卓に上がることはそう珍しくありません。 もちろん我が家も「子どもに野菜を食べさせたい!」と、ミニトマトを出しがちです! 綿棒、錠剤、ミニトマト、マシュマロ… 大人が生活するぶんには、家にあるありふれた物ばかりですが、小さい子どもがいるなら注意が必要ですね! 小さな子どもに「自分で判断しろ」なんて無理な話。 こういったツイートをきっかけに、日常にある危険をなるべく減らしてヘルシーに楽しく子育てしていきたいな〜と改めて思いました。 みなさんも今一度、家にある物や大人の行動を見直してみませんか?

さざなみ on Twitter

育児や日常のひとコマを切り取った漫画やイラストを描いています♫

さざなみさん マンガ記事はこちら

【9】春からの入園準備にオススメ”くつリング”! 【8】【子どもへの伝え方を見直してみる!】「ちゃんとしなさい!」だけじゃ子どもは理解しづらいの? 【7】【3才と考える『ルール』】「どうしてあの人ルール破ってるの?」子どもの問いかけになんと答える? 【6】【2・3才向け】子どもの〝持ち方〟どう直す?【さざなみ流育児ライフハック】 の伝わる言い方・伝え方に納得! 【5】【0歳から1歳向けさざなみ流育児ライフハック】小さな子どもにこそ正しい言葉で接することが大事!【その理由って?】 【4】【子どもに見せてはいけない姿】日常生活にも子どもの危険はある!?目からウロコの【さざなみ流育児ライフハック】 【3】ちょっとした工夫で、なくしがちな子どものくつの紛失防止ができる!【さざなみ流育児ライフハック】は簡単楽ちん♪ 【2】0歳児からできるふれあい遊び「きゅうりの塩もみ作り方」☆いろんな”レシピ”からお気に入りを見つけてみて! 【1】『1分記録』で子どもの日常を書き留めよう!臨場感たっぷりのオモシロさに、思わずハマるママたちが続出中♡