本サイトはプロモーションを含みます

神経を抜いた歯はどうなる? 歯の神経を抜くことのデメリットとは

神経を抜いた歯はどうなる? 歯の神経を抜くことのデメリットとは
参照 : ha-no-ne.com
虫歯が進行すると、歯の神経を抜かなければならなくなることもあります。 歯の神経を抜くことに対して「痛みを感じなくなるからいい」と考える人も見られますが、歯の神経を抜く治療にはさまざまなデメリットが伴います。 ここでは、どんなときに歯の神経を抜かなければならなくなるのか、抜いた場合はどうなるかを解説します。
神経を抜いた歯はどうなる? 歯の神経を抜くことのデメリットとは
参照 : ha-no-ne.com

歯の神経を抜くデメリットとは

歯の神経の役割

出典:ha-no-ne.com
一般に「歯の神経」と呼ばれている歯髄はさまざまな役割を持ちます。 歯髄は熱い、冷たい、痛いなどの感覚を知覚することで、虫歯や知覚過敏などの異常を知らせてくれます。 また、虫歯菌が歯の内部に侵入するのを防ぐ働きも備えており、虫歯ができてしまった時には、歯を固くしたり再生したりして虫歯の急激な進行を食い止めます。 歯髄の中には毛細血管が通っており、血液が流れています。この血液が歯の中に水分や栄養分を運ぶことで、歯が割れにくく、強くなります。

神経を抜く必要がある場合とは

出典:ha-no-ne.com
このように歯の神経には多くの重要な役割があるため、本来であれば抜かずに残しておきたいところ。 しかし、状況によっては歯の神経を抜く「根管治療」が必要になることもあります。 根管治療を行わなければならないのは、虫歯が進行して神経に到達し、歯髄炎という病気になったときです。 歯髄炎になると、冷たいものや温かいものがしみる、常にズキズキとした痛みを感じるなどの症状が起こります。 ただし、冷たいものがしみる程度のごく初期の歯髄炎であれば、神経を抜く必要はありません。 こうした歯髄炎は「可逆性歯髄炎」と呼ばれ、治療によって歯髄を正常な状態に回復させることができます。

根管治療の方法

出典:ha-no-ne.com
根管治療は、歯の根の中の管(根管)にある神経を除去し、根管を丁寧に清掃してから根の中に詰め物をする治療です。 神経を除去した後に根管を清掃し、詰め物をするのは、虫歯への再度の感染を防ぐため。 万が一根管治療を行った根が再び感染してしまったら、その場合も根管治療を行います。この場合の治療は感染根管治療と呼ばれます。 根管治療を行う際は、まず虫歯になった部分を削り取り、歯の神経(歯髄)があるところまで穴を開けます。 そこから細菌が侵入し変質した神経を除去し、神経の通る穴とそれにつながる根管の壁を削り、根管全体を清掃します。 根管内にいる細菌をできるだけ消毒したら、空洞になった根管内を詰め物で封鎖し、細菌が再び侵入しないようにします。 根管治療を完了させるには、3回ほどの通院が必要になります。 治療を勝手に中断すると内部に細菌が入り込み、痛みや炎症が起こることがあるため注意しましょう。

神経を抜いた歯は強度が落ちる

出典:ha-no-ne.com
根管治療を行うと根管内の毛細血管もあわせて除去することになるため、歯に栄養が行き渡らなくなります。 また、根管治療では歯を内側から削り、削る量もかなり多くなります。 そのため、根管治療を行った後の歯は強度が落ち、硬いものを噛んだ際に割れたりすることも。グレーがかった色に変色することもあります。 確かに神経を抜くと痛みは収まりますが、枯れ木のように簡単に折れてしまう「死んだ歯」になります。 普通の歯に比べて強度が落ちていることを理解し、定期的な検診とケアを受けましょう。

神経を抜くことになる前に対策を!

出典:ha-no-ne.com
神経を失うと強度が落ち、ちょっとしたことで割れやすい歯になってしまいます。 「神経を抜いたら痛みがなくなるからいい」などとは決して考えず、相応のデメリットがあることを覚えておきましょう。 一度神経を抜いた歯は、二度と元のような歯には戻りません。 歯科医院で定期的な検診を受け、虫歯は神経に到達する前に治療するように努めましょう。

現役歯科医師が答える!歯の神経を取ることのデメリットとその理由

参照サイト

歯の神経・・・抜くの?6つのデメリットと最新技術&抜かない治療も

参照サイト

歯の神経の治療(根管治療)

参照サイト

歯髄の役割と歯髄炎(しずいえん)

歯髄の役割と歯髄炎(しずいえん)

参照サイト

根管治療はビルの基礎工事

参照サイト

【ライター紹介】 小晴(こはる)

出版社での美容雑誌編集、web制作会社でのライター業を経て、フリーライターとして活動中。 「文章を通してひとの暮らしをよりよくする」をモットーに、美容からライフスタイルまで、女性向けを中心に幅広い分野の記事執筆を手がける。 2018年より唐突にパーソナルカラーの世界にハマり、イエベメイクの研究に日々勤しんでいる。現在は化粧品検定1級の取得を目指し奮闘中。

フリーライター小晴公式ホームページ

出典:神経を抜いた歯はどうなる? 歯の神経を抜くことのデメリットとは

Hanone

関連記事はこちらから

【医師が回答】歯を治すために!根管治療の内容や費用について知っておこう

【医師が回答】歯を治すために!根管治療の内容や費用について知っておこう

抜歯せずに虫歯を治す!

根管治療を繰り返さないために…再発リスクを抑える最新歯科治療設備「マイクロスコープ」とは?

根管治療を繰り返さないために…再発リスクを抑える最新歯科治療設備「マイクロスコープ」とは?

歯の根の中の、神経や血管などに関わる部分(歯髄)を治療する「根管治療」。 特別な治療であるイメージを持たれがちですが、実は歯科医院に通う約3割の患者さんが、根管治療のために受診しているとのこと。虫歯の治療だけでなく、歯の根っこまで治療を必要としている人は、私たちの想像以上に多いようです。