本サイトはプロモーションを含みます

妊娠中つわりが辛い…妊婦の歯のトラブル!ケア方法を歯科衛生士が解説~ちぃ先生の手記第77回~

妊娠中つわりが辛い…妊婦の歯のトラブル!ケア方法を歯科衛生士が解説~ちぃ先生の手記第77回~
参照 : ha-no-ne.com
こんにちは!元歯科衛生士で美容ライターのちぃです!妊娠中にはさまざまな体の変化が起こりますが、お口の中も例外ではありません。何より妊娠中は身体の変化によって、虫歯や歯周病のリスクが高くなる傾向にあります。 子供が欲しいと思っている方や妊娠中の方は、どんな変化が起きるのか知っておきたいですね。
妊娠中つわりが辛い…妊婦の歯のトラブル!ケア方法を歯科衛生士が解説~ちぃ先生の手記第77回~
参照 : ha-no-ne.com
今回は歯科衛生士の資格を持つちぃが、妊婦さんのお口の中に一体どのような変化が起こるのか解説します。また、トラブルに発展した時のリスクや予防方法、ケア方法などにも注目ですよ。 妊娠中も快適に過ごせるように、あらかじめ頭に入れておきましょうね!

低体重児および早産の危険度リスクも高まる!

妊娠中に起こりやすい歯のトラブル

出典:ha-no-ne.com
妊娠するとママのお口にはどんなことが起こると考えられるのでしょうか? (1)つわりで歯をみがくのがつらい 妊娠初期に起こりやすい“つわり”によって、歯みがき粉のにおいや味で気分が悪くなる、口の中にブラシを入れることから嘔吐感を恐れて歯みがきをしにくくなってしまう……という方も多いです。 また、つわりがあると酸味が強いものや柔らかく食べやすいものなど、歯に良くない食べ物を好む傾向があります。 これらのことから、つわりの期間は虫歯などのトラブルが起きやすくなってしまうと言われています。 (2)歯肉が腫れやすい 上記のように、つわりによって歯みがきができない期間が続くと、口の中で細菌が繁殖して歯肉が腫れやすくなります。 また妊娠中は女性ホルモンが多くなることによって、妊娠性歯肉炎を招きやすい状態でしょう。これをただの歯肉炎だと軽く考えて放置していると、そのうち歯周炎へと進行し、歯周組織にダメージを与えるばかりか、血管を通って胎盤からおなかの赤ちゃんに影響を及ぼすリスクがありますので、注意が必要です。

なぜ妊娠中に起こりやすいの?

出典:ha-no-ne.com
上記で紹介したトラブルの原因や、妊娠中に起こりやすい理由を詳しく見ていきましょう。 まず(1)は“つわり”が原因でしたね。 においなどへの過剰反応が起こらない方でも、食べつわりといって、一日中食べ物を食べたり飲んだりしていないと気がすまなくなる方もいます。この場合も、だらだら食べ続けることによって虫歯のリスクが高くなってしまうんです。 つわりになる前にできるだけ早く歯科健診を受けるなどして、歯の状態を確認し、必要に応じて治療をしておきましょう。 現在つわりになって苦しい思いをしている妊婦さんは、無理をせず、少しでも楽な時にできるケアをするように心がけましょうね。 うがいだけでも役割がありますし、うがいをするのもつらい時は氷を舐めるのもおすすめですよ。 また(2)は妊娠性歯肉炎が原因の1つとして考えられます。 女性ホルモンを餌とする歯周病菌がいるのですが、妊娠中はそれらの歯周病菌のエサとなる女性ホルモンが月経時の10~30倍増えるといわれているんです! そのために、歯周病菌の活動が活発になってしまいます。 さらに、つわりや味覚の変化、唾液分泌量の減少なども加わって、歯肉炎になりやすい環境になってしまいます。 重度の歯周病を患うと、恐ろしいことに低体重児および早産の危険度が高くなることが指摘されています。 メカニズムは、口の中の歯周病菌が血中に入り、胎盤を通して胎児に直接感染することなどといわれています。 日本臨床歯周病学会によると、低体重児および早産の危険度リスクは健康な妊婦さんに比べ、歯周病に罹患している場合、約7倍まで跳ね上がるというデータもあります。 このように妊娠中のお口のトラブルは、ママだけではなくおなかの赤ちゃんにまで悪影響を及ぼすといえるでしょう。 次の項目では、妊娠中に起こりやすいお口のトラブルをケアするための方法をご紹介しますので、さっそくお口のケアをしましょう!

歯周病が全身に及ぼす影響 / 日本臨床歯周病学会

参考サイト

妊娠中に起こりやすい歯のトラブルをケアする方法&対策

出典:ha-no-ne.com
お口のトラブルが悪化して歯周病になってしまう前に、まずは妊婦歯科検診を利用して早期発見&治療に努めましょう。 妊娠中も常にお口の中を清潔にしておきたいものですが、つわりで歯をみがくのがどうしても辛い時もありますよね。 そんな時は、歯みがき粉をにおいや刺激の少ないものに変えるか、無理に歯みがき粉を使わずに水で濡らしてブラッシングをしましょう。 気分が悪くなりやすい方は、洗面台に少し前屈みになって、掻き出すように磨くといいですよ。 それも難しいときは、緑茶でうがいをしてみてください。緑茶に含まれるカテキンには、殺菌作用が期待できます。 また食後に水を飲むのもおすすめです。口内の雑菌や虫歯菌の繁殖を抑えるとともに、口の中を洗い流す働きのある唾液も出やすくなりますよ。
出典:ha-no-ne.com

【ライター紹介】 ちぃ先生

歯科衛生士の有資格者でありながら多くの女性メディアで活躍中のライター・編集者。現在は女性向けの美容メディアやJJなどのファッション誌などに寄稿している。 コスメコンシェルジュの資格を持ち、コスメ・美容への造詣が深い。 また、サッカー好きが高じてアスリートフードマイスターの資格も取得している。 美容と健康に高い関心と知識を持っており、Ha・no・neでは利用者のQOLの向上を目指し、ためになる情報を発信していきたいと意気込んでいる。 ・ちぃ先生の手記まとめPART1 ~美容ライター兼歯科衛生士の知恵袋~ ・ちぃ先生の手記まとめPART2 ~美容テク&お口の健康講座~

出典:妊娠中つわりが辛い…妊婦の歯のトラブル!ケア方法を歯科衛生士が解説~ちぃ先生の手記第77回~

Hanone

関連記事はこちらから

妊婦さんが気をつけることは?健康な「赤ちゃんの歯」のため妊娠中にできること~ちぃ先生の手記第76回~

妊婦さんが気をつけることは?健康な「赤ちゃんの歯」のため妊娠中にできること~ちぃ先生の手記第76回~

こんにちは!元歯科衛生士で美容ライターのちぃです! みなさんは妊娠中のママと、赤ちゃんの歯はどうなっているのか気になったことはありませんか?赤ちゃんの歯は生まれてから生えてきますが、実はお腹の中にいるときからすでに作られているんですよ。

よくある「ホワイトニング失敗談」とその解決方法について歯科衛生士が解説!~ちぃ先生の手記第75回~

よくある「ホワイトニング失敗談」とその解決方法について歯科衛生士が解説!~ちぃ先生の手記第75回~

今回は、元歯科衛生士だからこそ知る、みなさんのさまざまな「ホワイトニング失敗談」を解決策とともにご紹介します。 ホワイトニングをする前に知っておいてほしいこと、ホワイトニング中の食事や痛みなどについて説明していきますので、ホワイトニングを検討中の方はぜひチェックしてください!

キシリトールガム1日5粒を1回5分間噛み続けると50%のむし歯予防効果に~ちぃ先生の手記第74回~

キシリトールガム1日5粒を1回5分間噛み続けると50%のむし歯予防効果に~ちぃ先生の手記第74回~

こんにちは!元歯科衛生士で美容ライターのちぃです!キシリトールガムが歯に良いという話はよく耳にしますよね。歯に良いならと考え、他のガムではなくキシリトールガムを選んだ経験がある方もいるのではないでしょうか。