本サイトはプロモーションを含みます

迷うならすぐにはじめよう!3歳までがベスト?「赤ちゃんからスタートできる英語教育」3選

迷うならすぐにはじめよう!3歳までがベスト?「赤ちゃんからスタートできる英語教育」3選
2015年の人気の習い事ランキング(ケイコとマナブ調査結果)で2位の「英語・英会話」。これからはグローバルな時代、子供たちには英語を話せるようになってほしい!と考えているママは多いですよね。 今回は、赤ちゃんの時から英語に触れる機会を作る為のふれあい方を3つご紹介いたします。
迷うならすぐにはじめよう!3歳までがベスト?「赤ちゃんからスタートできる英語教育」3選

英語教育のスタートに早すぎるはない!

【2001世界子供白書】 ~子どもが3歳になるまでに 脳の発達がほぼ完了する。 新生児の脳の細胞は多くの成人が「何が起こっているか」を知る ずっと前に増殖し、シナプス(神経細胞の相互間の接続部の事ですね)による接合が急速に拡大して、終生のパターンが作られる。 ~更に本文では~子ども時代の初期では親や家族やその他の成人との間の経験や対話が子どもの脳の発達に影響し、十分な栄養や健康や綺麗な水などの要因と同じくらい影響力を持つ。この期間に子どもがどのように発達するかが後の学校での学業の成否を決め、青年期や成人期の性格を左右する。

出典:www.unicef.or.jp
「まだまだ日本語も十分に話せてないのに英語なんてまだ早い!」と思っていませんか?実は、英語に「早すぎる」ということはないのです。 上記の通り、ユニセフが毎年出している「世界子供白書」(2001年)の中で、“子どもが3歳になるまでに 脳の発達がほぼ完了する”と断言しました。 3歳までに取り入れた色々な情報や刺激は、赤ちゃんの脳の発達のためにとても良いとされているのです。「早すぎ」と思って英語に触れる機会を遅らせるのではなく、本人が興味を持てそうなことから早速始めてみましょう。

【1】音と体で楽しむ♡リトミック

体を動かすのが大好きな赤ちゃんや幼児にはリトミックがぴったり。楽しい英語の音楽に合わせて、踊ったり楽器を鳴らして遊ぶなど自由な雰囲気で英語に触れ合うことができます。まだまだ座って学習ができなくてもOK。赤ちゃんは「楽しい」と感じた時に脳が活発に活動することが知られています。とにかく楽しむことが大切なのです。 ママも一緒に体を動かせて、気分転換にもなるので一石二鳥。親子で思いっきり楽しめそうですね!

EYSの英語リトミックレッスンは英語でのレッスンはもちろんですが、親御さんとお子さんと一緒に音楽を楽しみながら、お子さんとのコミニュケーションをはかり、お子さんの持っている能力や才能、無限の可能性を引き出し、そしてそ成長を促していくレッスンです。

親子リトミックは、お子さんとの‘楽しい時間’をたくさん共有・経験することで右脳が活性化し、お子様の個性や感受性、表現力はもちろんのこと、その学習過程で培われる個性や創造性、想像性の成長が促進されます。

お子様の親御様に対する信頼感・一体感が一層深まります。

出典:www.eys-musicschool.com

先日、お友達の赤ちゃんと一緒にリトミック教室におじゃましました。

クラスは2ヶ月から12ヶ月のベビーのクラス
60分のクラスですが、最初の20分はフリープレイの時間。

のぶこ先生の歌と音楽に合わせて、お母さんと一緒に体を動かします。
赤ちゃんもママも楽しそうー
ママも結構汗かくみたい。

出典:blog.excite.co.jp

娘、リトミック体験レッスンへ。 まだ歩けないので、走るのもジャンプも常に私が抱っこ>_< 初めてだからか反応はイマイチだけど、終わった後に流れてきた動揺に合わして振り付けしながら歌いだし、みんなに上手だねって褒められると超ドヤ顔f^_^; レッスンよりいい顔だった。

出典:t-proj.org

EYS音楽教室 銀座スタジオ

EYS音楽教室 銀座スタジオ

ネイティブの先生がレッスンをしてくれます!お子さんが笑顔にならなかったら無料で補講というenjoyシステムが安心。

中央区のリトミック教室 リンク集

様々な教室が案内されています!

【2】ゲームや気軽なイベントから英語に親しむ♡英語サークル

リトミックとは違い、英会話要素も含まれる英語サークル。地域によってさまざまなサークルがあります。 ネイティブの講師が居て、アルファベットや英語の発音を教えてくれるほか、子供が楽しめるようカードゲームなどの要素を入れて、遊び感覚で英語に触れ合うことができます。本格的に習わせるのはまだ難しいけれど、英語に触れる機会が欲しいという時にピッタリです。

ゲームもたくさんあるし、授業内容も楽しいです。チャンツはリズムに乗りやすいチャンツで、スピーチもあります。特に楽しいのは発表会です。まず発表もしますが、ゲームもします。ハロウィンでは仮装したり、クリスマス会ではプレゼントなど本当に楽しいことがいっぱいあります。

出典:mio-english.com

2才になる少し前からレッスンを初めて3年目になります。英語と日本語がまざってしまうことはなく、日本語は日本語で、英語は英語で見に付いている感じです。小さい時から聞いてるせいか、英語を聞いても「意味がわからない」といった抵抗がなく、聞いたままマネできています。英語を続けて、いつか世界に飛び出して行ってほしいです。

出典:mio-english.com

赤ちゃんの頃から英語に触れている子どもたちは
歌に合わせて体を動かしたり
ママのお膝で遊びながらお歌を歌ったり
英語の手遊びをしたり

みんなとっても楽しく上手にできるようになってきます
お片付けの時は「Put away」と歌いながら一緒にお片付けもできるようになりました
(こちらはうちの子も大好きで毎日使ってます)

出典:midorihappyenglish.web.fc2.com

リトルママ東京 語学・国際交流のサークルリンク集

都内の語学系サークルを検索できます!

【3】忙しいワーママでも空いた時間で英語時間♡自宅で学べる通信教材

英語はインプットする時間が大切だと言われていますよね。大人向けにも「聞くだけ」という教材が販売されるほどです。 子供のために販売されている教材には、月ごとに届く月刊タイプの教材や、一括購入型の教材などいろいろありますね。 登場キャラクターも教材によってさまざまです。体験版を無料で提供してくれる企業もあるので、色々と取り寄せて試してみるのもいいでしょう教材によっては、通信だけでなくイベントなどでネイティブスピーカーと話せるなど、アウトプットの機会を提供してくれる企業もあります。 共働きで忙しいママや、場所見知りで教室での学習が難しい場合は、自宅での教材を使用するのもいいですよね。

目指すレベルにも寄りますが
見える効果を期待したいのであれば・・・

英語教室の場合
 ⇛毎日通う・・・バイリンガル保育園とか?
 (一般的には現実的ではないかも・・・)

自宅の場合
 ⇛英語環境を作り少しでも英語を耳にする

英語講師が言うのもなんですが
英語教室に週1回通うだけでは表面的な力しか付きません。

それなら

 英語教室と自宅の併用か
 自宅だけ・・・

の方が現実的かな〜と思います。

出典:dwe-wke.link

個人で行える手軽さがある反面、誰かが管理してくれているわけでは無いので、時間的な制約が無く、習慣化しないと途中で止めてしまう危険性があるのが家庭学習です。

しかし、0歳~6歳頃までの幼児期において、最も大切なことは、まず毎日のように英語に触れる時間を取って、脳の中に大量の英語のリズムや音、単語をインプットさせること。その下地が整っていなければ、いくら教え方の上手な先生の元で英語を習ったとしても、きちんと身に付いてはくれません。

幼児特有の幅広い言語を聞きわける力があるうちは、できるだけ長時間、たくさんの英語に触れることが重要であり、それは、自宅でリラックスしながら、DVDやCDを活用してもできること。大好きな親御さんの元で、一緒に親子の触れ合いを楽しみながら進められる家庭学習は、小さな子供にとって、大きな安心につながるでしょう。

出典:www.child-engaid.com

ディズニーワールドオブイングリッシュ

子供たちが大好きなミッキーと一緒に英語が学べる自宅教材♡

ワールドワイドキッズ

ワールドワイドキッズ

北欧系のキャラクターでインテリアにも馴染むおしゃれな教材♡

こどもちゃれんじイングリッシュ

こどもちゃれんじイングリッシュ

こどもちゃれんじでお馴染みのしまじろうと一緒に英語を学ぶ教材♡

英語教育のスタートで一番大切な事は楽しむこと。子供たちにとって英語が「楽しいもの」「興味を引くもの」であれば自然と親しめるようになるはず。年齢や個性に合わせて、英語教育のスタート地点を選択していけるといいですね。