すぐ痕になる子供の「虫刺され」かきむしり&痕になるのを防ぐ対処法は? - Up to you!

すぐ痕になる子供の「虫刺され」かきむしり&痕になるのを防ぐ対処法は?

すぐ痕になる子供の「虫刺され」かきむしり&痕になるのを防ぐ対処法は?
夏場になると出てくる蚊。保育園や幼稚園、公園などは水場と草が多く、どうしても虫に刺されやすいですよね。一度大きな虫刺されができてしまうと、子供がかきむしってしまって傷になったり、黒く色素沈着してしまって痕になったりします。虫刺されを正しく対処し、かきむしりや痕になるのを防ぐにはどうすれば良いのでしょうか?
すぐ痕になる子供の「虫刺され」かきむしり&痕になるのを防ぐ対処法は?

夏場、子供を狙う「蚊」に注意!

梅雨が明けることになると、どんどん蚊が増えてきますよね。虫よけグッズはたくさんあるのですが、子供の血液はおいしいのか、いくら気を付けていても子供が蚊に刺されてしまうことも。 蚊に刺されてしまうと、子供の皮膚はぷっくり盛り上がって真っ赤になってしまったり、かゆくてかきむしってしまって血がでてしまったり…。できれば”刺されない”ことが一番なのですが、完全に蚊を防いでいくのは今現在の科学の力ではまだまだ難しいようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加