ついに再始動!おいしいご飯で家族を守りつづける "亜希さん"の「美しき賢母力」 - Up to you!

ついに再始動!おいしいご飯で家族を守りつづける “亜希さん”の「美しき賢母力」

ついに再始動!おいしいご飯で家族を守りつづける “亜希さん”の「美しき賢母力」
シングルマザーとして、2人の息子さんを子育てされる亜希さん。日々更新される、愛情と栄養が溢れるお料理・お弁当写真にはまっすぐで聡明な「亜希さんの生き方」が垣間見れ、遂には書籍化。憧れの女性像、理想の母親として、多くの女性を惹きつける魅力にせまります。
ついに再始動!おいしいご飯で家族を守りつづける “亜希さん”の「美しき賢母力」

【1】かざらない生活感も人気の理由!カリスマモデル、清原亜希さんって?

1969年生まれ、今年47歳を迎える亜希さん。結婚後は専業主婦に専念されましたが、復帰を望むファンの声に後押しされ、主婦向け雑誌『STORY』のカバーモデルに。卒業後の現在、『Marisol』「BEAMS」コラボ、昨年4月には、毎日のお弁当を撮り下ろした単行本『お弁当が知ってる家族のおはなし』を出版し、新たなファン層を拡大。

◎『清原亜希 MY STYLE』では男前な素顔が話題に!

出典:www.amazon.co.jp

◎『お弁当が知ってる家族のおはなし』食で結ばれた家族の絆に感涙…

出典:www.amazon.co.jp

とても心に染みる内容でした!自分よりちょっと先を行ってらっしゃる
亜希さんの子育てに自分の未来を重ね合わせて、涙ぐんだり「そうそう!」とうなづいたり。
亜希さんの飾らない素顔が垣間見られて、ファンとしてはレシピよりうれしい内容でした。

出典:www.amazon.co.jp

本を読み返ししていて、自分の運動会の頃を思い出し、しっくりいかないと感じていた母との関係が
亜希さんの本でおもいださせていただき、縮まった気持ちになりました。

出典:lineblog.me

【2】母親としてのブレない自分軸「家族が最優先、自分は二の次」

◎新年の抱負【揺るがない大きな木になろう】

若い頃のリセットとは、大人になり確実に違う意味を持つ気がする。
最近感じるリセット力とは、何だか覚悟にも似た、腹をくくる感じ!(笑)

何年経っても1回1回が真剣勝負!
任される仕事がある限り真っ直ぐに…

出典:lineblog.me
ご本人のブログやインタビューで語られる、一貫して揺らぐ事のない「自分軸」「母親軸」。子育て最優先と断言されるよう、どのような状況下でも愛情と栄養たっぷりの お弁当やごはんを作り続けていらっしゃいます。

おはようございます。いつもの朝にいつものお弁当!
当たり前のいつもが究極の幸せかも知れないね…

出典:www.instagram.com

今朝は懐かしい塩にぎりでスタート!素朴が一番心地よい。

出典:www.instagram.com

初の枝豆イニシャル!
多分嫌がるだろうな…wもしくは崩れて姿を消してるか…w
中学生やいかに!

出典:www.instagram.com

いつものお弁当!いつものおかず!
けれど今日は…笑
#やってみた#海苔で字を書く#難しい

出典:www.instagram.com

私のコレクション!まだまだ集めるぞ
#タッパー好き#海外に行っても真っ先にスーパーへ行き持ってないサイズを購入
#初めてコレクターになった気分#落ち着く#宝石いっぱいよりも自慢出来る

出典:www.instagram.com

世界に一つのランチョンマット
#このピカソ級の絵高いですよ#幼稚園の時書いた絵
#捨てられない#ラミネートして

出典:www.instagram.com

亜希さんが教えてくれる「日常にある ありがたみ」「母の偉大さ」

ブログに綴らていた、今は亡きお母様との素敵な思い出。愛に溢れたお母様の存在が、現在の亜希さんに受け継がれているんですね。辛い事を乗り越える精神力は、お母様の深い愛情、日々の食事で育まれたこと…母だって人間、人間味あふれる生き様に、多くのファンが魅了され続けるのでしょう。そして、笑顔で苦境をも乗り切る、母の偉大さを…1食に込める魂、毎日が直球ストレート!

【3】ついに再始動!「亜希」に改名、ビームスからプロデュースブランド「AK+1」を発売

BEAMSは、モデルの清原亜希改め「亜希」がプロデュースするコレクション「エーケー ワン バイ エッフェ ビームス(AK+1 BY EFFE BEAMS)」を3月7日に発売開始。※ブランド名は亜希さんのアルファベット表記をイメージしたもの。今回の再始動に合わせて、モデルとしての活動時の名前を改称したそう。新生・亜希さんの活動を応援しています!

エッフェビームスのカジュアルラインとなる本コレクションは、メンズウエアのディテールを女性らしいパターンに落とし込んだベーシックウエアを中心に展開予定。

「AK+1」は、モデルの亜希、女性ファッション誌「マリソル」(集英社)、ビームスが3年以上前から取り組んできたコラボレーションから生まれた。昨年1月にブランド化の構想がスタートし、今回の発売に向けて始動した。丸の内、六本木、神戸の「ビームス ハウス」、全国のビームス14店舗とオンラインショップで販売する。

出典:www.wwdjapan.com

■清原亜希さん 公式ブログ→☆☆

・勇気と感動をもらえる、素敵なお話が満載です