愛が詰まってる♡イタリア流クリスマスプレゼントの贈り方&受け取り方 - Up to you!

愛が詰まってる♡イタリア流クリスマスプレゼントの贈り方&受け取り方

愛が詰まってる♡イタリア流クリスマスプレゼントの贈り方&受け取り方
今年もクリスマス間近!イタリアでは、プレゼントの贈り方と受け取り方も愛情たっぷりです。贈る方も、もらう方も、みんなハッピーになれるクリスマスは、大事な家族団欒のひととき。寒い冬でも心あたたまる瞬間です。
愛が詰まってる♡イタリア流クリスマスプレゼントの贈り方&受け取り方
日本では、どちらかというと恋人同士で楽しむロマンチックな夜・・・というイメージのクリスマスイブとクリスマスですが、イタリアでのクリスマスは厳かな宗教行事です。遠方に暮らす家族、親戚が年に1度大集合し、ファミリーで過ごす大事なひとときでもあります。

カトリック信者が約9割とされるイタリアでは、クリスマスは伝統的な宗教行事で、キリスト生誕を祝う最も大切な祭日のひとつ。
そして日ごろ教会に通わない、あまり信心深くない我が家のような家庭でも、
イブの夕食と25日の昼食は家族親戚で集まり、皆の健康に感謝し幸福を祝い合います。

出典:tokuhain.arukikata.co.jp
プレゼントも、恋人同士や子どもたちにだけでなく、同僚や近所の人、学校の担任の先生、かかりつけのお医者さんなど、お世話になっている人には何らかの贈り物を用意します。日本のお歳暮みたい!? ちょっとしたオブジェからホームグッズ、イタリアのクリスマスの定番ケーキ「パネットーネ」や「パンドーロ」など、ささやかな気持ちを伝えるのが大切なのです。

イタリアのクリスマス【お菓子編・パネットーネ&パンドーロ】

イタリアのクリスマス【お菓子編・パネットーネ&パンドーロ】

いよいよクリスマス!この時期しか出回らない、美味しい伝統スイーツがいっぱいです♡中でも定番中の定番、パネットーネとパンドーロをご紹介します!

プレゼントは、24日から25日に日付が変わったとたんに開ける家庭や、25日のランチ後に皆が集まったときに開ける家庭などさまざまです。子どもには”サンタさん”が持って来てくれる贈り物がありますが、パパやママ、おじいちゃんおばあちゃんにも、それぞれ家族のメンバーからプレゼントが用意されます。

メッセージカードは必須アイテム!

イタリアでは、居間などにデンと置いたクリスマスツリーの下にプレゼントを山盛りに置いておきます(この国では、靴下に贈り物を入れるのは、古来の伝統である「ベファーナ」という魔法使いのおばあさん。彼女は1月6日にやってくるため、クリスマスにはあまり主流ではありません)。誰宛か分からなくならないよう、メッセージカードは必須。お店でラッピング時に小さなカードを付けてくれることもありますが、飛び出すハガキカードや手作りのミニカードを沿えたりと、こんなところにも創意工夫を燃やすのがイタリア人です。
たかがカード、されどカード。Buon Natale! (メリー・クリスマス) の一言はもちろん、さまざまな愛の言葉をプレゼントに付けるのが慣わしです。

Ti auguro un natale pieno di felicita!
幸せいっぱいのクリスマスをアナタに!
↑これは普通な感じ。

Per te che sei nel mio cuore… tanti auguri!
私の心にいるアナタへ…メリークリスマス!
↑ちょっと特別なヒトに。

L’amore e l’amicizia sono la ricchezza da condividere con tutti e soprattutto con le persone piu speciali come te.. Tanti auguri dal mio cuore!
愛情と友情は、皆で分かち合うべき大切なもの。特にアナタのような特別な人と共に分かち合いたい。心からクリスマスの祝福を!
↑ちょっと長めに大げさにしたい場合に・笑。

In questa notte illuminata dalla luce di Gesu’, apriamo I nostri cuori e auguriamoci con Amore, Buon Natale.
キリストの神々しい光り輝くこの夜に、私たちの心を解き放ち、愛と共に祝いましょう。メリークリスマス。
↑クリスマスはキリスト生誕の日だった!と思い起こして神聖な気分をこめたい場合に。

出典:ameblo.jp

イタリア クリスマスカードのDIYアイディア集

Ag7Wi0OQXjQ+tVcRojthhAkhFNw26ltaBuXd0XybdAzWueFP1PC9Y3R5iOn3r8T7qgZ7eJGkcQPBlw01qNBN1AAAAABveyJvcmlnaW4iOiJodHRwczovL3BpbnRlcmVzdC5jb206NDQzIiwiZmVhdHVyZSI6IlByaXZhY3lTYW5kYm94QWRzQVBJcyIsImV4cGlyeSI6MTY2OTc2NjM5OSwiaXNTdWJkb21haW4iOnRydWV9"/>

ラッピングはビリビリに!
もらったプレゼントは、その場ですぐに開封します。子どもも大人も、豪快にビリビリとラッピングを破り捨て、リボンも引きちぎって開けるのです。でもこれはマナー違反というわけではありません!「素敵なプレゼント、早く中を見たいよ」「プレゼントをもらってとっても嬉しいよ」という気持ちの表れです。
出典:www.flickr.com
「もったいない」の国から来た私としては、丁寧に開封して使える包装紙はとっておきたいところですが、ともかく郷に入っては郷に従え・・・(イタリア語では、「ローマではローマ人達がするようにせよ」と言います)。やってみるとこれまた爽快だったりして。クリスマス翌日には、町中のゴミ箱が包装紙でいっぱいになります。

ありがとうのハグ&キス♡

素敵なプレゼントをもらったら、全身で感謝の気持ちを伝えます。ハグにキスは欠かせません。大好き、ありがとう、の気持ちを込めて「ぎゅ~~」。両ほほを合わせるように、交互に「チュッチュッ」。これはもう儀式のようなもの。クリスマスも誕生日も、バカンス後のお土産でも、贈り物をし合う仲ということは、それだけ近しい間柄の人同士でもあるので、老若男女関係なく、ハグとキスでお礼をします。
クリスマスに限らず、誕生日も、バカンス後のお土産でも、贈り物をし合う仲ということは、それだけ近しい間柄の人同士でもあるので、老若男女関係なく、ハグとキスでお礼をします。
サンタさんにもチュッ!
頂いたプレゼントがどれだけ嬉しいか、ということを全身で表現するわけです。さすがラテンのお国柄。でも、これだけ喜んでくれたら贈りがいもあるというもの。そんなクリスマスも間もなくです!