ちょっと気になるインドの離乳食事情をご紹介♪

ちょっと気になるインドの離乳食事情をご紹介♪
インド人は赤ちゃんのときからスパイスの効いた離乳食を食べています。といっても、インド料理店で出てくるような辛~いカレーではなく、ターメリックやクミンなど、身体をあたためたり消化を助けるスパイスを使ったやさしいおかゆのようなものが主流です。そんなちょっと気になるインドの離乳食事情をご紹介します。
ちょっと気になるインドの離乳食事情をご紹介♪

目次

インドの赤ちゃんはどんなものを食べているの?

生後半年を過ぎたら離乳食開始。最初はスパイスを使わない、おかゆや果物、ゆで野菜などを与えています。チャパティ(全粒粉でできた薄いナンのようなもの)をミルクに浸してあげることもあります。インドの赤ちゃんの最初のひとくちは、意外にも日本とあまり変わらないですね。
市販の離乳食もあります。NestleとHEINZのベビーフードがスーパーやドラッグストアなどで入手できます。月齢に合わせてたくさんの種類が展開されています。

生後8か月を過ぎたらスパイスOK!

生後8か月を過ぎたころから、ターメリックやクミンなどあまり辛くないスパイスを少しずつ赤ちゃんに与えていきます。スパイスはただの調味料ではなく、おなかの調子を整えたり身体をあたためたりする効果があるので、インド人にとっては積極的に取り入れたい食材です。赤ちゃんがスパイスに慣れてきたら、一歳半ごろを目安にチリやブラックペッパーなどの辛みのあるスパイスも少しずつ与えます。こうやって徐々にスパイスの種類や量を増やしていき、二歳になるころには辛~いカレーを食べていたりします(もちろん、各家庭や赤ちゃんによって辛い物を食べ始めるタイミングはさまざまです)。
スパイス入りのインド風ベビーフードもあります。写真は生後6か月からOKのものです。

インド人とスパイスの深~い関係

スパイスは古来の医学体系であるアーユルヴェーダにも取り入れられており、インドの猛烈な暑さを乗り切る身体を作るために生まれた医食同源の食文化です。辛みのあるものだけでなく、甘みや苦み、また香りもさまざま。その日の気候や体調、使う食材に合わせて各家庭でブレンドするスパイスを使った料理が各家庭に自然と根づいています。
辛いだけじゃない、身体にもいいスパイスを使ったインド料理。そんなスパイスを取り入れたインドの離乳食の定番「キチョリ(お豆のおかゆ)」のつくりかたをご紹介します。キチョリに使われる緑豆は良質のたんぱく質を含み、豆の中でも最も消化しやすいお豆です。宗教上肉をあまり食べない人やベジタリアンも多いインドにおいて、豆は貴重なたんぱく源で、インド料理ではさまざまな種類の豆がとてもよく使われています。 見た目はまるでカレーだけど全然辛くありません♪

インドの離乳食、キチョリ(お豆のおかゆ)の作りかた♡

■材料はお米、豆、野菜と少量のスパイス!

野菜は人参、かぼちゃ、ほうれん草などを合わせるのが一般的。じゃがいもやサツマイモを合わせるとおなかの不調やコリックの原因になるとされています。 最初は消化の良い白米だけで作りますが、一歳を過ぎるころから徐々に玄米に置き換えていきます。
調味料は塩コショウ、スパイス(ターメリック、クミンパウダー、カレーリーフ)、ギー(精製バター)。ターメリックとクミンは消化を助けるスパイスです。赤ちゃんに初めてスパイスを与えるときは、一種類ずつ慣らしていくのが良いそうです。

■とっても簡単な作り方!

1. お米と豆は30~60分水に浸し、カットした野菜を加えて圧力鍋で加熱します。
2. 炊き上がったら、熱いうちにマッシュします。写真はかぼちゃを加えたものです。ここでギー、塩、スパイスを入れます。
3.よく混ぜて、必要に応じてお湯を加えたら出来上がり♪

いかがでしたか?

見た目はまるでカレーだけど、食べてみるとお豆の甘みをほんのり感じるやさしい味のキチョリ。うちの娘もだいすきな料理です。スパイス抜きでもおいしく食べられるので、ぜひ作ってみてください♪

関連記事はこちらから

WHO推奨、赤ちゃんに必要な栄養素とは?食べ合わせから離乳食レシピをチェック!

WHO推奨、赤ちゃんに必要な栄養素とは?食べ合わせから離乳食レシピをチェック!

赤ちゃんの離乳食は苦労や悩みがつきもの。今回は基本に立ち返り、赤ちゃんやこどもの成長にどんな栄養素が必要なのかを世界標準のガイドラインからご紹介。世界中で取り入れられるよう作られたガイドラインなので簡単で栄養豊富!改めて目からウロコな情報がいっぱい。世界のレシピや食べ合わせを学びましょう♡

かぼちゃ牛肉粥にサムゲタン!? 韓国の栄養満点離乳食レシピ♡

かぼちゃ牛肉粥にサムゲタン!? 韓国の栄養満点離乳食レシピ♡

韓国の離乳食は十倍粥から始まり、にんじん、ジャガイモを使うなど、基本的には日本とそれほど変わりありません。なかにはチヂミ、サムゲタンなど韓国ならではのユニークなものも。そんな韓国の離乳食事情をご紹介します♪

栄養満点のオシャレ野菜『ビーツ』を使いこなそう!赤ちゃんもパパも大満足レシピ[入門編・離乳食初期]

栄養満点のオシャレ野菜『ビーツ』を使いこなそう!赤ちゃんもパパも大満足レシピ[入門編・離乳食初期]

カフェやレストランで最近よく見かける、真っ赤な野菜『ビーツ』。美味しくて栄養価も高いので、家族みんなに是非食べさせてあげたい食材です。加熱してペースト状にすれば、離乳食初期から取り入れることができます。今回は、スーパーなどで手に入りやすい、水煮のビーツを使った簡単レシピをご紹介します。

砂糖不使用!ボウルひとつで簡単バナナパンケーキ[離乳食中期•つかみ食べ]

砂糖不使用!ボウルひとつで簡単バナナパンケーキ[離乳食中期•つかみ食べ]

ホットケーキミックスに頼らなくても、簡単に作れるレシピをご紹介します。赤ちゃんが大好きなバナナを使えば、砂糖なしでも甘く、しっとり仕上がります!

おやつデビューにおすすめ!赤ちゃんとママにも嬉しい『小豆』レシピ[離乳食後期]

おやつデビューにおすすめ!赤ちゃんとママにも嬉しい『小豆』レシピ[離乳食後期]

離乳食が1日3回になり、赤ちゃんの動きも活発になってきたら、そろそろおやつの出番!食事だけでは足りないエネルギーを補うために、身体に安心なものを与えたいですね。和菓子でお馴染みの小豆は、実は昔ながらの健康食品!赤ちゃんだけでなく、ママの美容にも嬉しい栄養がたっぷりです。