冬でも!朝型生活継続のススメ

冬でも!朝型生活継続のススメ
季節が秋から冬に向かうこの時期。日の出が遅くなり、朝の冷え込みを感じる日も増え、「早起きはツライ。」・・・そんな感覚、ありますよね!これからさらに寒くなる冬でも朝型生活が続けられるちょっとしたコツをお伝えします!
冬でも!朝型生活継続のススメ

朝型生活を継続すると、年収にも差が出る!?

冬に向かう今の季節。「あ〜ベットから出たくない!」そんな気持ちになる朝も多いですよね。でも、夏に朝型生活にシフトできた方は、ぜひ秋〜冬も継続してみてください。ある調査では、「朝型生活をする人と、夜型生活をする人とでは、年収や貯金額にも差が出る」という結果が出ています。

年収400万円未満では朝型人間が3割程度であるのに対し、
年収900万円前後では5割近くが朝型。
年収1400万円では6割以上が朝型という結果になった。

貯金額の違いはもっと鮮明だ。
貯金ほぼゼロ(100万円未満)層だと、朝型人間が約2割、夜型人間が約5割であるのに対し、
貯金5000万円以上では、朝型が約4割、夜型が約2割と、ほぼその比率が逆転している。

つまり、朝型の人は夜型の人に比べて、平均的に「年収が高く、貯金も多い」のだ。

出典:president.jp
こうした結果が出ている要因の一つとして、朝型生活ができる人は、「段取り力」が高いのでは、という見方があります。 確かに、翌朝のことを考えて仕事を早く終えて寝る段取り力や、「もう少し寝ていた〜い・・・」という欲に打ち勝って、自分のスキルアップのために時間を有効に使う行動力。その小さな積み重ねが、収入にも現れるのかもしれません。

早く寝るには、『段取り力』が必要です。
11時に寝るには、10時にお風呂に入り、会食は何時までに終わらせるとか、
目標から逆算して段取りするスキルが必要です。
これは仕事にも必要なスキル。
朝型の人はそういう能力が高いので早く寝られるし、
仕事もできるという相関関係があるのではないかと思います。

出典:president.jp

忙しくなるこれからの時期こそ朝型のススメ!

年末は仕事も追い込み、気づけばハードワーク気味。でも忘年会やクリスマス会・・・子供達と一緒に楽しみたい行事も、たくさんですよね。忙しいこの時期に、疲れ知らずで元気で明るくいたいママこそ、朝型生活をオススメ。 頭がすっきりした状態で1日のスタートを迎え、仕事の効率もはかどりますし、土日に疲れを持ち込みません!
朝型の良いところは、「なんとなくダラダラ◯◯」がなくなること!忙しくなる年末は、仕事をお家に持ち帰って・・・という方も多いかもしれませんね。夜だと、よーし今夜は、終わるまで寝ないぞ!と意気込んだものの、だんだん襲ってくる眠気と疲れと戦い、結局良いものが仕上がらない・・・みなさん一度は経験があるのでは? 仕事に追われているときこそ、思い切って寝てしまいましょう!朝の時間は、家を出るまでの時間、と限られています。その時間制限のおかげで、驚くほど集中してこなすことができるのです。

秋〜冬の今、朝型に切り替える3ステップ!

朝型生活がなかなか続かない!寒くなってきて、早起きできない!という方のために、朝型に切り替える3ステップをご紹介します。

①睡眠時間を伸ばしながら、起床時間を早める

夏ならば、それまで夜型だった人が、思い切って「9時就寝・4時起き生活」をいきなり始めてみるのも、アリ!ですが、日の出が遅くなった今、朝4時は真っ暗! そんな今の季節は、「1時間半就寝時間を早め、1時間起床時間を早める」を繰り返すのがオススメ。例えば、これまで「1時就寝7時起床」だった人は、「23時半就寝6時起床」をまずは始めてみましょう。その時間に慣れてきたら、これを繰り返して、5時や4時起床を目指してみましょう。睡眠時間を30分伸ばしての1時間早起きなら、無理なく、少しずつ朝型に変えていけそうです!

②とっておきの「おめざメニュー」を用意しておく!

以前は、とっておきのハーブティーを用意する、などご紹介しましたが、冬のこの時期は、ココアや、お砂糖入りのホットミルクなど、暖かくて、血糖値を上げてくれる飲み物がオススメ。食べたいご馳走がある方は、夜寝る前ではなく、パワーブレックファストにして、朝の楽しみを増やしましょう!

③朝活イベントに出かけてみる!

自分一人では、早起きするきっかけをつかむのが難しい方は、思い切って朝活イベントに参加してみては?参加申し込みをしてしまったら、「明日は早起きしなきゃ!」という強制力が生まれますよね! 子連れで参加できる朝活ヨガ、朝読書会、などが開催されています。一度「早起きってイイ!」と達成感を味わえ、仲間ができることで、朝型生活を続けやすくなるかも!?
次回は「オススメ朝活イベント特集」をお送りします。朝活のきっかけを探している方、お楽しみに〜!