ビタミンCはキャベツの約4倍!今だけの美味しさ『芽キャベツ』 - Up to you!

ビタミンCはキャベツの約4倍!今だけの美味しさ『芽キャベツ』

ビタミンCはキャベツの約4倍!今だけの美味しさ『芽キャベツ』
ひとくちサイズの可愛らしい『芽キャベツ』、最近よく見かけますよね。この小さな野菜、実は普通のキャベツよりも栄養豊富なのです!
ビタミンCはキャベツの約4倍!今だけの美味しさ『芽キャベツ』

芽キャベツとは?

芽キャベツは、キャベツと同じアブラナ属の野菜。小さいけれど固くしっかり巻いていて、アクもあるので、通常は下茹でしてから使います。 収穫時期は晩秋から春先と限られているので、まさに今だけ!の味。 ちなみに…似たサイズ感で、もっとフリフリした『プチベール』は、この芽キャベツとケールを交配させた野菜です。

主な栄養素

キャベツと比べると… ・約4倍のビタミンC ・約2倍のビタミンK ・約14倍のβカロテン その他にも、抗酸化作用のあるルテイン、消化を助けるジアスターゼ、薬の名前にもなっているキャベジン、などなど。 葉酸も沢山含まれているので、妊婦さんにもオススメです。

芽キャベツの栄養価と効用:旬の野菜百科

芽キャベツ(子持ちカンラン)に含まれている主な有効成分とその働きや、七訂日本食品標準成分表を元にカロリーをはじめ栄養成分量などを紹介します。メキャベツのはβカロテンをはじめ、ビタミンCやKがたくさん含まれています。また、キャベジンとも呼ばれるビタミンUも多く胃や十二指腸などの潰瘍予防に良いと言われています。

美味しい芽キャベツの見分け方

・大きさ、形が揃っている ・きれいな緑色 ・固くしっかり巻かれている 黄色っぽくなっているものは、鮮度が落ちているので避けましょう。

保存方法

■冷蔵の場合

通気性のあるポリ袋などに入れて、野菜室で1週間ほど保ちます。が、なるべく早く使い切りましょう。

■冷凍の場合

すぐ使わないのなら冷凍がオススメ!固めに下茹でして、小分けに冷凍しておくと便利です。 自然解凍してお浸しやサラダに。煮込み料理なら、そのまま使えます。

《下茹での方法》

1. 水洗いする。外側の葉が汚れていたら取り外す。 2.ムラなく火が通るように、根元の固い部分に十字に切り込みを入れる。 3.沸騰したお湯に塩を少々入れて、1分半〜3分ほど茹でる。 4.すぐに氷水へ落とす。粗熱が取れたらザルに引き上げて、水気を切る。 ※揚げ物や煮込み料理で使う場合は、下茹でしなくても大丈夫です。

シンプルな食べ方が美味しい!

出典:www.flickr.com
小さいながらも旨味の凝縮された芽キャベツ。さっと焼いて、オリーブオイル、塩こしょうをかけただけでも充分美味しいです。

料理の彩りに♪

出典:www.flickr.com
鮮やかな緑色で、料理がパッと華やぎます。葉っぱを1枚ずつバラして散らすのも可愛い!

離乳食にも是非♡

離乳食中期頃から使うことができます。中心部分がかなり固めなので、煮込み料理がオススメです。縦4等分くらいに切って、くたくたに柔らかくなるまでしっかり火を通しましょう。