一緒に笑っちゃおう!あるある満載、おすすめ育児マンガ - Up to you!

一緒に笑っちゃおう!あるある満載、おすすめ育児マンガ

一緒に笑っちゃおう!あるある満載、おすすめ育児マンガ
参照 : amzn.to
育児マンガ、読んでいますか?毎日忙しくてそんな時間なんて!という人にこそおすすめの育児マンガ。子育てあるあるで笑ったり、こんな子育てでも大丈夫なんだと安心したり…。明るい気持ちになれること間違いなしです!そんな、気分転換におすすめの育児マンガをご紹介します♪
一緒に笑っちゃおう!あるある満載、おすすめ育児マンガ
参照 : amzn.to

『たまご絵日記 ~新米かあちゃん奮闘記~』

出典:amzn.to
人気育児ブログ「たまご絵日記」をまとめたコミックエッセイ。新米ママの、子育てってこんなに大変だったの!?というあるあるが満載です。 ◯離乳食を食べてくれない! ◯パパじゃダメ。ママじゃなきゃ! ◯出かけようと思ったのに準備にてこずっている間にもう夕方! など、そうだよね〜そうだよね〜、と共感しまくりで一気に読破してしまいます。ブログ読者からのコメントも掲載されていて、それを読むのも楽しみの一つ。出産~1歳の誕生日を過ぎて断乳するまでが描かれており、まさに0歳育児真っ只中の人におすすめです!

最近、ハマってる本があります。
「たまご絵日記」
ブログ読んでみたらおもしろくて、思わず本買っちゃいました。
育児のことを絵日記にしてるんだけど、もうほんと共感できる話がいっぱいで、共感ボタン連打したいっっっっ。
大変なのは私だけじゃないんだー育児中のママはみんな大変なんだなーって思わせてくれる。しかもおもしろい。

出典:ameblo.jp

親友MKちゃんから頂いた本。たまご絵日記。

笑いながら共感 笑いながら共感
笑いながら共感 笑いながら共感
泣きながら共感 笑いながら共感

とっとにかくオモロイっていったらなんの。
マンガだから読みやすいし本当オススメです。

出典:ameblo.jp

『たまご絵日記 ~2児のかあちゃん奮闘記~』ナナイロペリカン

『おかあさんの扉』&『まんが親』

伊藤理佐さん&吉田戦車さんという人気漫画家夫婦による育児本。ママ目線、パパ目線の違いがとても面白いので、両方あわせて読むのがおすすめです! 吉田戦車さんの描く『まんが親』では、伊藤理佐さん、キャラからもっと大雑把そうに見えましたが(失礼!)、とても丁寧に子育てをしていて意外でした。 私がそうそう!と思ったのが、伊藤理佐さんが吉田戦車さんに「(泣く娘を)本気で泣き止ませようとしてないでしょ?」の一言!男性はどこか“最終的にはお母さんがいるから”と思っているフシがあると思うのですが…みなさんいかがでしょうか!?
出典:amzn.to

伊藤理佐さんの方が今までのエッセイと同じ感じで、面白おかしく描いていて、吉田戦車さんの方は、すごく正直に自分の時間がなくなってしまうことや育児疲れについて、また自分のダメ人間ぷりなんかも描いています。

出典:d.hatena.ne.jp

相方ちんを待たせてまで1冊読み終えてしまうくらい面白かった。これがリアル感なのか。分からないけど。フロでよろけた娘が、とっさに父のわき毛をつかんでバランスをとり、そこに成長を垣間見る描写。面白過ぎます。子育て漫画といっても、そこはあくまで「まんが親」。親である吉田氏と伊藤氏(奥さん)のやりとりや発言が、いちいち笑えます。

出典:fly-g.com

男性の親の正直な気持ちや喜びについて共感できる面が多々ありました。特にひとりでいる時間に寂しさと安心感を得る心理描写には強く共感しました!イクメンや父親は勿論の事、パパの本音がわからず困っているママも一度読んでみると男性の何気ないこだわりや悩みを知る事ができるかもしれません♪

出典:tokyonewpapa.seesaa.net

『おかあさんの扉』伊藤理佐

『まんが親 1―実録!漫画家夫婦の子育て愉快絵図』吉田 戦車

『ママはテンパリスト』

出典:amzn.to
「ママテン」の略称でも知られる、言わずと知れた、育児マンガの金字塔(!?)。 一人息子のごっちゃんが、本当にこんなキャラなの?と思うくらい面白すぎで笑いが止まりません。東村アキコさんの子育ても、しつけで鬼を使ったり、宝塚の仮装をさせたり…。ちゃんとやらなきゃ!と思っているママには、そんな子育てでもいいんだ!と思わせてくれてる、笑えて気持ちが軽くなるマンガです。

先日図書館でたまたま目にして借りてきた育児コミック、「ママはテンパリスト」。

これがめっちゃくちゃおもしろくて、1、2巻を家で読みながらゲラゲラ笑ってました。(危ない人・・)

ダ・ヴィンチか何かで以前このマンガが紹介されていた記事を読んだ事があって、
おもしろそうだなーとは思っていたのですが、想像以上

出典:shirokuma-onestep.seesaa.net

東村 アキコさんの『ママはテンパリスト』。ホントに面白すぎてヒーヒー言いながら読みました!笑いすぎて涙出たの久しぶり(笑) 出産&育児をした方なら、間違いなく ハマりポイントがあるはず。

出典:ameblo.jp

『ママはテンパリスト』東村 アキコ

『コウノドリ』

出典:amzn.to
これまで挙げた育児モノとは異なる、シリアス&ハートウォーミングなマンガをご紹介。最近話題の『コウノドリ』です。 主人公は孤児院出身の産婦人科医で、ストーリーは妊娠・出産がテーマ。一貫して子どもが無事に産まれてくることの奇跡を実感させてくれる内容で、我が子の愛おしさが確実にアップします。 妊娠・出産に関する正しい知識を得ることもできますし、出生前診断など最近注目されているテーマも扱っており、とても考えさせられます。

実際に妊娠と出産を経験した今、そして予期もしない双子妊婦で、突然の早産、NICUの事、などなど自分が産んではじめて「奇跡」を間近で感じたし、これは産まれないと分からないけど、産まれる前でも妊娠する前でも「その後」これから始まることが、分かりやすくそして奇跡を共感できるように描いてて感動しました。

出典:ameblo.jp

妊娠、出産の何もかも、全てが描かれているマンガなんですね。読んでいて、感動の涙と悲しみの涙の2種類が1巻で2、3回出てきました。
(中略)妊娠と出産は母子共に命懸け。マメちゃんが今ここにいることは本当に本当に奇跡。そう改めて思いました。

出典:ameblo.jp

『コウノドリ』鈴ノ木 ユウ

育児マンガ、いかがでしたでしょうか?特に初めての育児ではいろんなことに戸惑ったり、悩んだりしがち。でも作者さんの奮闘している姿をみていると、大変なのは自分だけではないんだ、と気持ちが軽くなります。思いっきり泣いて笑って、気分もスッキリ。明日からも子育て頑張ろう!という気持ちになりますよ。