やみつき注意♡人気の食器DIYシャーピーマグ作りを親子で楽しもう! - Up to you!

やみつき注意♡人気の食器DIYシャーピーマグ作りを親子で楽しもう!

やみつき注意♡人気の食器DIYシャーピーマグ作りを親子で楽しもう!
参照 : www.flickr.com
毎日つかうマグやお皿。たくさんあれども「こんなデザインあったらなぁ」って思うことありますよね。そこで、油性ペンを使ってカンタンにできちゃう、洗っても落ちないオリジナル食器のDIYをご紹介!家族のイニシャル、子どもの落書きetc、デザインはなんでもOK。子どもと一緒に、まずは世界にひとつのマイマグをつくってみませんか♪
やみつき注意♡人気の食器DIYシャーピーマグ作りを親子で楽しもう!
参照 : www.flickr.com

【シャーピーマグ】って?

シンプルな白い陶器のマグに、油性ペン『sharpie』で自由に絵や文字を描き、オーブンで温めてできるオリジナルマグのこと。インクがしっかり接着されるので、実際に使って洗っても落ちません。材料シンプル、片付けラクちんで、penで書くだけだから子どもも楽しめちゃうんです♪

これが【シャーピー】!

これが北米でいちばんメジャーな油性ペン『sharpie』。バリエーション、書きやすさ、落ちにくさ、速乾性に優れていて人気です。もちろん日本製の油性ペンでも大丈夫!
出典:www.amazon.co.jp

■陶器にペイント『らくやきマーカー』

日本の、陶器ペイント専用のマーカーもあります。このペンを使えば、オーブンがなくてもオーブントースターで作れるので、オーブンのないかたにおすすめです

こんなマグが作れます!

出典:www.flickr.com

さっそくつくってみよう!

★用意するもの★ ・陶器/セラミックマグカップ(100円ショップ、IKEAなどにある手頃なものでOK。ただしオーブン使用ができるものを) ・油性ペン(水性ペンは×) ・消毒用エタノールやマニキュア除光液などのリムーバー、綿棒やコットン(修正用にあるとベター) ・オーブン(『らくやきマーカー』を使用する場合は、オーブントースターでもOK)
★さっそくつくろう★ ①マグカップをしっかり洗う(シールなどはとっておく) ②油性ペンで絵や文字を入れる(間違えたらエタノールで修正) ③インクを乾かす(1日~3日。長めのほうがベター) ④予熱をしていないオーブンに入れ、200℃に設定、1時間焼く ⑤焼きあがったら、オーブンに入れたまま完全に冷やす(夜に焼き始めて一晩そのまま置いておくことをおすすめ) ⑥オーブンから取り出したら完成! ※ゆっくり温度を上げながら焼き、今度はゆっくり温度を下げながらクールダウンすることで、インクがしっかり接着します。【オーブンの予熱はしないこと、焼きあがってもすぐオーブンから出さないこと】、このポイントは抑えてくださいね! ※マグは手洗いをおすすめします。食洗機でも大丈夫な場合もありますが、保証はできません。

アメリカじゃ定番のシャーピーを使って
マグカップにお絵描きさせましたよん。

あれこれ言わずに好きなようにお絵描きさせました。
勝手にやらせるとそれなりに素敵に出来上がるのね!
子供らしい間違いとかさ、はみ出し具合とかさ、そういう完璧じゃないのが素敵だよなーって思う。

出典:ameblo.jp

シャーピーマグのいろいろアイデア♡

こんなふうに家族の名前を入れて、おそろいのデザインもかわいい。
グリッターをつけてキラキラにも!
イニシャルデザインも自由自在!文房具屋さんにあるアルファベットのステンシルを使うとキレイな字体が描けます。家族でおそろいにしたり、パーティーのゲストやお友だちのイニシャルでつくって、手軽なサプライズプレゼントにも♡
マグの底も見逃さない!飲むときにこんな絵が見えたら、思わず笑顔が♪
好きな形を切り抜いた紙やテープを貼って、その周りをドットでなぞったり、塗りつぶして白抜きにしたり。これなら子どもでもカンタン!
子どもの落書きだって、立派なデザインに。パパやじいじ・ばあばへのプレゼントや、日付と名前を残して毎年メモリアルグッズを作っても楽しいですよ。

お皿もおソロで作っちゃう?

出典:m.flickr.com
マグだけじゃなくて、陶器のお皿やコースターなどでも同じように作れます。ぜんぶ同じテイストのデザインにしたら、さらに楽しい♡ 万が一インクが食材についちゃったら……と気になる場合は、口をつけるところ、食材を置くところ以外にデザインしてくださいね。
世界にたった一つのマグづくり、いかがでしたか? 雑貨屋さんにあるようなおしゃれデザインも、子どものぐるぐる書きデザインも……作りたいものがいっぱいで迷っちゃいますね。 週末に、ぜひ家族みんなでトライしてみてください♡