本サイトはプロモーションを含みます

お金の不安をスッキリ解決!20,000人のママが受講した大人気の「子育てとお金の教室」【PR】

お金の不安をスッキリ解決!20,000人のママが受講した大人気の「子育てとお金の教室」【PR】
結婚して、子どもができて…なんとなくお金がかかるのは分かるけど、何をどうするのが正解か分からないというママは多いのではないでしょうか。 分からないことは言われるがまま、教育費はとにかく貯金一筋!だけでは損する可能性も…。 学校では教えてくれないお金のこと、今から勉強しても全然遅くありませんよ!
お金の不安をスッキリ解決!20,000人のママが受講した大人気の「子育てとお金の教室」【PR】

教育費、いくらかかるか知っていますか?

子育て家庭にとって、お金に関する最大の心配事といえば「子どもの教育費」ではないでしょうか。文部科学省の調査※1(平成30年度)によると、小学校6年間と中学校3年間では以下のようになっています。 ・公立小学校…約190万円 ・私立小学校…約960万円 ・公立中学校…約150万円 ・私立中学校…約420万円 高校や大学に進学した場合の教育費は、日本政策金融公庫の調査※2(令和2年)で以下のような結果が出ています。 ・高校…約250万円 ・国公立大学…約530万円 ・私立大学(文系)…約700万円 ・私立大学(理系)…約870万円 すべて公立でも1000万円以上、すべて私立なら2500万円以上もかかる計算です! 大学進学で家を出て下宿する場合、準備に39万円、1年あたりの仕送り額の平均は90万円ということで、4年制大学であればさらにプラス400万円かかることに。 ここに住宅を購入したり、車を買ったり、保険も見直さなきゃだし、そういえば老後2000万円問題なんてのもあったような…頭がクラクラする~~

※1 平成30年度子供の学習費調査の結果について/文部科学省

※2 子ども1人当たりにかける教育費用/日本政策金融公庫

お金の不安を解決したい!そのために必要なのは○○

ものすごい金額がどんどん目に飛び込んでくると「うちは本当に大丈夫かな」「今の収入ではこんなに貯められない気がする…」なんて不安でいっぱいになってしまいます。 不安が大きくなる理由の一つとして、お金に関する知識が不足していることが挙げられます。 例えば、iDeCo(イデコ)やNISA(ニーサ)は見聞きする機会が多くなっていますが、どんなものなのか、メリットやデメリットははっきり分かっていますか? また、保険にもいろいろ種類があり、病気で給付金が出ても損する可能性が高い商品もあることは知っていますか? なにかとお金がかかるこれからの時代は、普通のママでもお金に関する知識が必要になってきます!

時間がない子育てママの参加多数!オンラインで学べる「子育てとお金の教室」とは

お金の知識はプロから直接学ぶべし!

資産形成や投資に関する本って、探すとたくさん出てきますよね。家で勉強するならそれでいいんじゃない?なんて考える人もいるかもしれませんが、人生ってそんな単純なものでもない! お金がかかる時期も場所もとても複雑で、細かいことに一つひとつ寄り添ってくれる本を探すのって大変です。結局手間も時間も、お金さえも無駄にかかってしまいます。 「子育てとお金の教室」は、まだ手が離せない赤ちゃんを育てながらでも受講できて、チャット機能でリアルタイムのやりとりも可能です。そして、教えてくれる講師は全員生命保険と金融サービスのプロばかり!しかもお話がわかりやすく、楽しく勉強できますよ。 無料で参加できる教室も多数開催されているので、興味を持ったら気軽に申込ができるのも嬉しいポイントです!目からウロコ、知っておかなければ損するような知識がたくさん得られるので、まずは一歩踏み出して行動に移してみましょう♪

子育てとお金の教室

詳細はこちらをご確認ください!