本サイトはプロモーションを含みます

いつまでもブランコがこげない息子。もやもやする日々に、突然「その瞬間」はやってきた。|mostin

いつまでもブランコがこげない息子。もやもやする日々に、突然「その瞬間」はやってきた。|mostin
関西在住。声が低めのアラフォーです。 マイワールドに生きる重機オタク・もすちん(5歳)と、パワー系イヤイヤ女子・ぷんちこ(2歳)との日々を漫画にしています。
いつまでもブランコがこげない息子。もやもやする日々に、突然「その瞬間」はやってきた。|mostin
幼稚園の園庭開放での出来事。 もすちんはまだブランコがこげず、いつも私が背中を押して遊んでいました。 その日もいつものように、 他のママと話し込んでいる私に、背中を押すように言ってきたのです。

我が家のビッグニュースを発表!!気になる子どもたちの反応は?|mostin

我が家のビッグニュースを発表!!気になる子どもたちの反応は?|mostin

前回ご紹介した漫画はこちら

いつまでもブランコがこげない息子。もやもやする日々に、突然「その瞬間」はやってきた。|mostin

えええ…..もう押さなくていいの??? 押そうか?押してあげようか? いや押させて…!お母さんに押させて~!!泣 つくづく、自分は勝手な親です。 「お友達はあんなに上手なのに…」 「せっかくお友達が教えてくれてるのに…」 「お友達のお母さん、嫌な気持ちになってないかな…」 とモヤモヤ。 その後、公園で背中を押してくれと言われるたびに、 「こげないなら、こげないなりに練習した方がいいよね…」 「なんでもすぐ出来ないと諦める子にならないかな…」 とモヤモヤ、モヤモヤ。 ただ背中を押してほしいもすちんに ムキになって教えようとして、険悪になってしまうこともありました。 そして、たかがブランコに一体私は何をしているんだろう、と 落ち込みながら帰ったこともありました。 しかし、本当に突然、終わりの瞬間がやってきたのです。 もすちんは本当にうれしそうでした。 私は、嬉しさと驚きと同時に、 突然、育児の一つのシーンが終わってしまったことに気が付いたのでした。 それを望んでいたはずなのに…。 甘やかしてると思われてもいい。 つまらないことに意地にならずに、気持ちよく押してあげたらよかった。 後悔と切なさでいっぱいの帰り道でした。 とは言え今でも、妹のぷんちこを押しながら 時々もすちんの背中も押しています。 もう押さなくていいと言いつつも、もすちんもなんだか嬉しそう。 嫌がられても、押しちゃうぞ~ん☆

Instagram

フォローはこちらから♪

mostin (@mostin15) / Twitter

フォローはこちらから