本サイトはプロモーションを含みます

「車選びってどうしてる?」赤ちゃんや子どもがいる家庭でおさえておきたいポイントや便利な機能は?

「車選びってどうしてる?」赤ちゃんや子どもがいる家庭でおさえておきたいポイントや便利な機能は?
参照 : www.photo-ac.com
家族に子どもが加わると、家や家具など大きく環境が変わります。 その中の一つに、車の変化もありますよね。 これから車を買うという家庭でも、悩む事がいろいろあると思います!今回はおさえておきたいポイントや、便利な機能についてしっかりお話ししていきます♪
「車選びってどうしてる?」赤ちゃんや子どもがいる家庭でおさえておきたいポイントや便利な機能は?
参照 : www.photo-ac.com
夫婦二人だけの頃って車が必須な地域でも、趣味に沿った車選びをしていた家庭も多いハズ。しかし子どもが生まれたら「この車じゃ不便〜!」となって買い替える… とてもよくある話なのですが、いざ「子育てをメインにした車を買うぞ!」と思っても、何をポイントに選んでいいのか迷ってしまいますよね。 我が家も悩んでしまい、結局子どもが生まれてからも一回車を買い替えてしまいました。 その時に「これはおさえておいた方がいい!」というポイントや、「この機能はあった方が便利!」という感想をまとめてみました。 これから車を買おうと思っている、子育て世代の方に届きますように♪

乗車人数について話し合っておく

後部座席 子ども 兄妹
出典:www.photo-ac.com
例えば今、夫婦プラス子ども一人という家族構成の家庭であれば「四人乗りで十分だから、コンパクトな車にしよう!」と思うかもしれませんが… ちょっと待って! 今は三人家族かもしれませんが、その後やっぱり二人目が生まれ、三人目が生まれ…とコンパクトな車ではチャイルドシートやジュニアシートを全員分つけられなくなったり行動しづらくなって、結局車を買い替えた!という話も珍しくありません。 私のママ友は夫婦で一台ずつ軽自動車を持っていたのですが、おめでたいことに三人目まで出産しました。 そうすると子ども全員がチャイルドシートを使わないといけない年齢だと、家族みんなでお出かけの時に乗り切れなくなってしまったんですね。 軽自動車も新車で買えば、かなりの出費。 今の家族の人数に合わせたギリギリの乗車人数で購入せずに、ちょっと余裕を持たせることも検討した方がいいかもしれません!

車内の大きさはしっかりチェックしておく

ファミリーカー  トランク 座席
出典:www.photo-ac.com
子どもがいると、とにかく荷物がいっぱい! そして一人で車の乗り降りができない子どもは、大人の手助けがいるので何かと車内で動く事も多いですよね。 そこで注意したいのが、車内の広さや天井の高さ、シートの機能です。 荷室もなるべく広い方がいいですね!

車内の広さをチェック!

セダンタイプの車だと、乗車人数には問題なくてもチャイルドシートをつけたりジュニアシートをつけたりすると、やっぱりちょっと狭さが気になります。 子連れで行動する機会が多い場合は、 ・ワンボックスカー (ボンネットに出っ張りがない形で、フロントガラスも平らなタイプ) ・ミニバン (ボンネットやトランクなどが出っ張っていて、ワンボックスのように箱型ではない車) などを選ぶといいかもしれません。

天井の高さをチェック!

天井の高さも、セダンタイプよりはワンボックスやミニバンの方が余裕があります。 ・子どもがいるとチャイルドシートに乗せてから、ベルトを固定するまで抱っこして乗せて…と、その間すべて中腰のような体勢になりますよね。 天井が低く頭をぶつける事を気にしながら、腰を曲げて赤ちゃんや子どもを抱っこして〜というのはかなり辛いものがあります! ・雨が降っている時には大人が傘をさしながらチャイルドシートに固定するのはかなり難しいです。 天井が低く座席が狭いと、雨の日の子どもの乗り降りや荷物の出し入れの時に、大人がびしょびしょになってしまいます。 天井が高く座席が広いと大人も半身を入れて作業できるので、精神的にも焦りが少なくて楽になりますよ〜! 実際に試乗した時に、座席に対してどのくらいかがむ事になるのかもチェックするのがおすすめですよ!

シートの列数も意識した車選びを!

子育て中は、チャイルドシートの装着やベビーカーの持ち運びは必ずと言っていいほどの課題です。 子どもを連れてのお出かけも、予想外に車で休憩をしたり着替えたりという事も頻繁にありますよね。 ・人があまり乗らない時には、3列シートを床下に収納できる ・2列目、3列目を倒して横になるスペースを作れる ・後部座席にチャイルドシートを装着したままでも、スライド式でお世話がしやすい などの特徴がある車を選ぶと、子どもとのお出かけの負担が減りそう! トヨタの「ノア」は、なんと580mmもロングスライドできる後部座席の機能があって、すっごく多彩なシートアレンジができます。 まるで自宅のリビングルームにいる時のように、たっぷりリラックスできちゃう広々とした室内が子育て家庭に魅力ですよね。 2列目のシートが前後だけではなく、左右にも動くという便利すぎる機能で子どものケアも楽々! さらに、3列目シートをはね上て2列目のシートを前方にスライドさせると、荷室の奥行きが1690㎜になります。 そうすると…後列を全て荷室として使える“ビッグラゲッジモード”に! 他にもシートに関する機能がたくさんあるので、ベビーカーの出し入れ、子ども用自転車の収納なども楽に行えます。 そういったシートの機能に注目するのも、子どもとのお出かけがしやすくなるポイントです!

トヨタ ノア

公式サイトはこちらから!

スライドドアは子育て家庭には絶対に欲しい機能!

車 スライドドア 子育て
出典:www.photo-ac.com
今は車を買おうと思うと、高確率でスライドドアという事も多いですよね。 もちろん車種によっては手動なので、子育て家庭にはぜひぜひスライドドアをおすすめします! スライドドアで開口部が広くなると、まだ歩けない子どもを抱っこしたままチャイルドシートに乗せるのも楽ですし、お世話がしやすいです。 子どもが大きくなってきて、自分で乗り降りできるようになった時には“両側スライドドア”だと、大人の負担が減りますね。 そして、スライドドアをおすすめする重要なポイントとして、“狭い駐車場で他の車にドアをぶつける心配がない”事があります! スーパーやショッピングモールで、両側に車が止まっているところに駐車した場合、大人ならそっとドアを開けてぶつからないようにしますよね。 子どもはそうはいきません! 勢いよくドアを開けてしまい、あわや他の車にドアをぶつけるところだった!という経験をした方も多いのではないでしょうか? 我が家もスライドドアにしてからその心配がなくなって、家族での買い物も気楽になりました。 また、ゆっくりしまっていくので子どもが手を挟みそうになる…という危険も減りましたよ! ・広い開口部で子どもとの乗り降りが楽 ・安全面 それらを考えると、スライドドアはあった方がいいと思います!

後付けできる、あると便利な機能やグッズ

購入時のオプションでDVDを再生できるモニターなどがついている車も多いと思いますが、購入時は「いらないかも?」と思ってつけなかった… でも実際に子どもとお出かけには、いろいろ必要になってきた!なんて事もありますよね。 ここでは、簡単に後付けできる便利な機能やグッズについてご紹介します♪

ポータブルDVDプレーヤー

我が家は、子どもが生まれる前に車を新しくしたのですが、まだ子育て経験がなかったのでオプションのDVDプレイヤーはいらないかな?と思って除外しました。 生まれたての乳児の時には、チャイルドシートで寝る事が多かったので、やっぱりいらなかった!と思ったのですが… 後追いが始まったくらいから、チャイルドシートでぐずるぐずる! おやつもおもちゃも効果なし。 移動するだけで、親子ともにヘトヘトになってしまい、ついにポータブルDVDプレイヤーを購入しました。
そこで購入したのがこちら! ヘッドレストに装着するだけで、簡単に取り付けが完了します。 リモコンもついているし、DVDだけでなくUSBメモリで持ち運んだ動画なども再生できるので、子どもが飽きたら次!とすぐに見るものを変えられるのも魅力。 車内のシガーソケットからの充電も可能なので、お出かけの途中で見られなくなってしまう事もありませんよ! ▼口コミもあります♪

大満足です!発送の速さ!梱包も丁寧!取付簡単!使い易い!画像きれい!音質!全て良かったです。6歳の娘でもタッチパネルで簡単に操作でき、DVDの出し入れもスムーズに行えました!子どものDVDを見るだけなのでリモコンは付いていますが、画面操作だけで十分です!ありがとうございました^ ^リピ買い間違いなしです!

出典:review.rakuten.co.jp

ポータブルDVDプレーヤー

楽天での購入はこちら!

ロールフィットスクリーン

車の購入時に、オプションパーツのサンシェードもあったのですが、車の窓自体にUV加工がされているので不要かな?と思いました。 ですが!最近の酷暑で、車の中の温度も昔よりも上がりやすくなっている気がします… 窓ガラスだけだとエアコンの効きも悪く、後部座席のチャイルドシートに座っている子どもの熱中症も心配になってきました。 そこで、特別な工具がいらないこのロールフィットスクリーンを後部座席に二箇所つけたら、エアコンの効きが良くなり快適! 買い物などで炎天下の駐車場に入れた時にも、これを窓に引っ掛けておけば車内の温度も多少上がりにくくなります。 オススメです! ▼口コミもあります♪

両面テープで貼るだけで簡単に装着でき、日よけしながら外も適度に見えるので気に入っています!

出典:review.rakuten.co.jp

【SFJ株式会社】 ロールフィットスクリーン

楽天での購入はこちら!

おでかけポケット

子どもとお出かけって、車内でも何かと荷物の出し入れが多い! 飲み物、ティッシュ、おやつ、口拭きタオル… それらを収納できる“おでかけポケット”をシートにつけておけば、欲しいものがサッと取り出せます! 本当に便利ですよ〜! 我が家はチャイルドシートの横に座った大人が便利なように、スマホや除菌シート、ハンドクリームやリップクリームも入れています。 後部座席が散らからないので、見た目にもスッキリ☆ ▼口コミもあります♪

色合いもかわいくて満足してます!
生地もじょうぶでとても良いです!

出典:review.rakuten.co.jp

おでかけポケット

楽天での購入はこちら!

便利に快適に楽しく♪子どもとのお出かけは車選びからしっかり考えよう!

子ども 車 チャイルドシート
出典:www.photo-ac.com
なにしろ車は高額です。 少し気に入らなかったからと言って、来週買い替えようか〜♪なんて事はできません! 子どもがいるならなおのこと、譲れないポイントがたくさんあるはず。 購入前に今回ご紹介した内容をチェックして、子どもと快適なお出かけができるよう、家族でしっかり相談してみてくださいね!

関連記事はこちら

子どもが嫌がるチャイルドシート…ご機嫌&ぐっすり座らせる必殺テクニックとは?

子どもが嫌がるチャイルドシート…ご機嫌&ぐっすり座らせる必殺テクニックとは?

車内での安全のため着用が義務付けられているチャイルドシートですが、嫌がって泣いてしまう子も多いのだそう。そんな時、ママたちはどのようになだめているのでしょうか?

赤ちゃんと初めての夏の帰省。お泊りにあると便利なグッズ7選

赤ちゃんと初めての夏の帰省。お泊りにあると便利なグッズ7選

いよいよ夏休み・お盆の季節をむかえ、赤ちゃんと初めての帰省を迎える方も多いのでは?そんな時に役立つ便利なグッズをご紹介。