本サイトはプロモーションを含みます

少年と、雑草ノゲシ。2人の友情に待ち受ける、衝撃の結末とは…!<後編>|mostin

少年と、雑草ノゲシ。2人の友情に待ち受ける、衝撃の結末とは…!<後編>|mostin
参照 : www.instagram.com
関西在住。声が低めのアラフォーです。 マイワールドに生きる重機オタク・もすちん(5歳)と、パワー系イヤイヤ女子・ぷんちこ(2歳)との日々を漫画にしています
少年と、雑草ノゲシ。2人の友情に待ち受ける、衝撃の結末とは…!<後編>|mostin
参照 : www.instagram.com
母の妨害に屈することなく、友情を深めていく2人。 ノゲシの背丈は伸び、花のつぼみが膨らみかけた頃でした。 もすちんが、いつものようにお世話をしにやってきます。

忍び寄る黒い影…!!雑草ノゲシと少年の友情に、迫りくる危機とは!?<中編>|mostin

忍び寄る黒い影…!!雑草ノゲシと少年の友情に、迫りくる危機とは!?<中編>|mostin

前回ご紹介した漫画はこちら

少年と、雑草ノゲシ。2人の友情に待ち受ける、衝撃の結末とは…!<後編>|mostin

出典:www.instagram.com
出典:www.instagram.com
出典:www.instagram.com
出典:www.instagram.com
出典:www.instagram.com
出典:www.instagram.com
出典:www.instagram.com
出典:www.instagram.com
出典:www.instagram.com
出典:www.instagram.com
さようなら、ノゲシ! なんと、”もすちん本人によって引っこ抜かれる”という結末を迎えたのでした。 ノゲシを大切に思う気持ちゆえの行動だったのですが…。 「車に踏まれたらあかんから、植え替えてあげる」という発言を聞いたとき、 まさか植木鉢にでも植えるのでは…!とヒヤッとしたのですが、 選んだのはまさかの日陰の砂利敷き。 内心胸をなでおろしつつも、大切に育てている姿を知っている身としては、複雑な思いもありました。 いつの間にか、私自身もノゲシに愛着が湧いていたのです。 我が家のノゲシは枯れてしまいましたが、 幼稚園の行きかえりやお散歩で、ノゲシを見かけるとホッコリしてしまう自分がいます。 もすちんも、「これ、お庭に咲いてたなぁ」と懐かしんでいます。 単なる雑草にこんなに優しい気持ちになれるのも、子育ての醍醐味だなぁとしみじみ。 ノゲシの綿毛は、タンポポよりも密度が高くて、軽い力で飛んでいきます。 小さな子でも、指先でつつくだけで すぐにほぐれてパッ!と飛んでいくので楽しいです。 (その種がまた新たなノゲシを生むのですが…。 このつつきたくなる楽しさも、生存戦略の一つなのか…?) 皆さんもお子さんとのお散歩中、ノゲシを見つけたら観察してみてくださいね。

Instagram

フォローはこちらから♪

mostin (@mostin15) / Twitter

フォローはこちらから