本サイトはプロモーションを含みます

「八十八夜」とは?縁起良し&味わい良し。知って得する、八十八夜にお茶の葉を摘む「理由」まとめ

「八十八夜」とは?縁起良し&味わい良し。知って得する、八十八夜にお茶の葉を摘む「理由」まとめ
参照 : www.photo-ac.com
「夏も近づく八十八夜」と歌い始める「茶摘(ちゃつみ)」の歌、知ってる知ってる~という方は多いハズ! でもその「八十八夜」にどんな意味があるのか……ご存じでしょうか? 意味を知れば生活がもっと豊かになる&お子さんにもドヤ顔で説明できちゃう!(笑) 日本人の暮らしと共にあるイベントを、ぜひぜひ楽しく学んでみて~♪
「八十八夜」とは?縁起良し&味わい良し。知って得する、八十八夜にお茶の葉を摘む「理由」まとめ
参照 : www.photo-ac.com

目次

「八十八夜」とは?

「八十八夜(はちじゅうはちや)」とは、立春から数えて88日目にあたる日のこと。主に農作業をおこなう人々のための「雑節」という節目であり、1年の季節の変わりめを表す「夏至や秋分・冬至」(二十四節気)などの補助として、さらに細かく分ける目安として使われるものです。 「雑節」には他にも「節分・彼岸・土用」などがあります。昔の人々はこれらを目安に行動し、毎年たくさんの農作物を収穫してきました。 国立国会図書館の「日本の暦」には、

八十八夜
(はちじゅうはちや) 立春から数えて88日目をいい、種まきの目安の日。

出典:www.ndl.go.jp
と記載。現在もこの習慣は受け継がれており、この八十八夜を目安にお茶農家では「新茶」の収穫を、お米農家ではお米の苗にするための「籾蒔き(もみまき)」をおこなうところも多いようです。 「八十八」は“末広がり”、さらに漢字を組み替えると「米」になるため、縁起の良さはピカイチ! “新しい始まり”にはうってつけの日なんですね~!

【参考サイト】国立国会図書館「日本の暦」

国立国会図書館が所蔵する暦のコレクションをもとに、日本の暦に登場する六曜や和風月名などの「ことば」を紹介します。

八十八夜に「お茶を摘む」理由

八十八夜 茶摘み お茶の葉
出典:www.photo-ac.com
「八十八夜」はちょうど寒さが終わる「5月2日」頃。“霜が終わる頃”という意味で「八十八夜の別れ霜」ともいわれますが、ときにはそれ以降に霜が降りる「遅霜」(九十九夜の泣き霜)が起こることも。 暖かくなって芽を出し始めたお茶の新芽が「遅霜」に見舞われると、味や品質が落ちる大ダメージを受けてしまいます。そのため、伸びてきた新芽を摘むいちばん良いタイミングとして、早すぎず遅すぎない「八十八夜」を目安に収穫します。 お茶農家の多い名産地・静岡ではこの季節に「遅霜予報」も発表されます。美味しい「新茶」は、お茶農家さんの機敏な判断のうえに成り立っているんですね……スゴイ!

■八十八夜のお茶は縁起物?

「八十八夜に摘んだ新茶を飲むと1年間健康でいられる」といわれますが、ただ「末広がりの日に収穫するから」というだけではありません。実はこの頃に摘むお茶の葉の新芽「新茶」は、うまみ成分である「テアニン」がたっぷり含まれているんです。 「テアニン」は高級な緑茶ほど多く含まれていて、リラックスやストレス解消効果も期待できるそう。たしかに、生活の質が上がりそうですよね~! このテアニンをたっぷり含んだ「新茶」の美味しい入れ方は、「ぬるめのお湯でじっくり抽出」がコツだそうです。

水道水の場合は、一度水を沸騰させてカルキ臭を抜きましょう。その後湯冷ましし、70~80度にして急須へ(沸騰したお湯を湯のみに淹れ、1分20秒程度待てば80度ほどのお湯になります)。テラニンは50度程度で抽出できますが、カテキンは80度程度にならないと抽出されません。新茶ならではの甘みを楽しむためにも、「ぬるいお湯」でじっくり抽出してみてください。抽出時間の目安は30~60秒。その後急須を2・3度回して茶葉を開かせ、しっかり味を出します。

出典:www.ooigawachaen.co.jp
今まで「新茶は味が薄い」と感じていたなら、この入れ方で旨味&香りたっぷりの「新茶の本気」が楽しめるハズ……! ぜひお試しを!!!

【参考サイト】太陽化学株式会社「テアニンのおはなし」

食と健康Labは太陽化学株式会社が提供する良い情報提供のためのウェブページです。太陽化学が研究している「健康のおはなし」を消費者向けに分かりやすく掲載しています。

【参考サイト】大井川茶園 公式ブログ「おいしい淹れ方を知って、新茶をもっと楽しみましょう。」

【参考サイト】大井川茶園 公式ブログ「おいしい淹れ方を知って、新茶をもっと楽しみましょう。」

皆さま、こんにちは。5月も半ばになり、1年に1度だけの新茶を楽しめる時期になりました。大井川茶園では、ただいまご注文いただいた新茶を順次発送中ですが、ここではお手元に届いた新茶の「正しい楽しみ方」をご紹介したいと思います。 新茶とは? 新茶とは、その年の最初に収穫した新芽で作ったお茶のことです。「一番茶

2022年の「八十八夜」はいつ?

八十八夜 新茶 収穫 新芽
出典:www.photo-ac.com
立春から88日目のため、基本的に「5月2日」となる八十八夜。2022年の八十八夜も「5月2日(月)」となっています。 京都や静岡など「お茶の名産地」では、毎年この時期に「茶摘み体験」などのイベントが開催されているようですよ!

お取り寄せ&ギフトもアリ!

新茶 八十八夜 お中元 ギフト
出典:www.photo-ac.com
期間限定の縁起物アイテムは、こんなときだからこそぜひ「お取り寄せ」や「大切な方へのギフト」で活用するのがオススメです。旨味たっぷりのフレッシュなお茶は、きっと日々の疲れを癒してくれるハズ……! 日本全国、さまざまな農家さんが栽培する「お茶」。ぜひぜひこの機会に、お好みの一杯を見つけてみてはいかがでしょうか♪

関連記事はこちら

「お彼岸」の意味、子どもに説明できる?お盆との違いや春分の日・秋分の日、ぼたもち・おはぎの理由も徹底解説

「お彼岸」の意味、子どもに説明できる?お盆との違いや春分の日・秋分の日、ぼたもち・おはぎの理由も徹底解説

「ねぇママ、お彼岸ってなに?」って子どもに言われたら、上手に説明できますか? 子どもの疑問にしっかり向き合うためにも、まずはママやパパが「お彼岸」についてきちんと知っておくべし! 今回は「お彼岸」について分かりやすくまとめてみましたよー!

ストレスが溜まる日々だからこそ”ジャパニーズハーブティー”で、極上リラックスタイムを…。色・味・香りを楽しむお茶の世界

ストレスが溜まる日々だからこそ”ジャパニーズハーブティー”で、極上リラックスタイムを…。色・味・香りを楽しむお茶の世界

日本の薬草・ハーブをブレンドしたジャパニーズハーブティー「今古今」が、商品を一斉リニューアル。 4月15日に「日本を呼び醒ます、ジャパニーズハーブティー」をテーマにした5商品が発売されました。