上手に手を抜いちゃおう!新米ママにオススメの「離乳食サポート」お助けアイテム集 - Up to you!

上手に手を抜いちゃおう!新米ママにオススメの「離乳食サポート」お助けアイテム集

上手に手を抜いちゃおう!新米ママにオススメの「離乳食サポート」お助けアイテム集
子どもが6ヶ月になり「離乳食スタート」のその時期。準備をして、タイミングを見て、食べさせて・・なんだかうまくいかなくて、気が重いこともありますよね。そんな新米ママへおすすめ「こんな便利なグッズがあった!」というお助けアイテムをご紹介します。
上手に手を抜いちゃおう!新米ママにオススメの「離乳食サポート」お助けアイテム集

自分のペースで好きなように♪をサポート!

キッズミー モグフィ

出典:store.shopping.yahoo.co.jp
柔らかくした食材を柔らかいシリコンサックに入れ、ロックするだけ。おしゃぶり感覚で使用する事ができるモグフィは、世界中で600万人以上の赤ちゃんが使っていると話題の商品です。 離乳食をスタートしたばかりの時期は、上手に食べることができないことも多々あります。じっと座って食べることが苦手なお子さん、なかなか食事がすすまないお子さんにも、その子のペースに合わせて使用することができるのがとても魅力的です。

yahooショッピング

yahooショッピング

離乳食/おしゃぶり/初めて/モグフィ/シリコンサック:tf-27328:キッズミー kidsme モグフィ/Lサイズ 離乳食用おしゃぶり - 通販 - Yahoo!ショッピング

果実ガラガラ

スプーンを嫌がるお子さんや、自ら離乳食を食べないお子さんにはこのタイプもおすすめです!「自分で持って食べる」という楽しさを実感できます♡ 落ち着いて座っていられない時や、移動中など、どんな角度や向きでも使用可能、場所を選ばないのがとても便利です。

☆こんなメリットも☆

・食器を用意することがない!

・服が汚れない!

・床が汚れない!

・自分の意思で食べるか食べないか決める!

・モグモグ、カミカミの力が身につく!

・お手入れが楽!

などなど。おしゃぶり型だからといって、食べているときは目を離さないでくださいね!

出典:info-machikado.blog.jp

FRIL

FRIL

食器のひっくり返し防止をサポート!

ベビーフードボウルスプーン

せっかく用意した食事も食器ごと…というのは、離乳食あるあるですよね。テーブルに固定することで、ひっくり返しを防止。遊び食べの時期に大活躍です!

Ali EXpress

リッチェル UF離乳食プレート

出典:www.amazon.co.jp

手づかみ食べ・・・。
テーブルも、手も顏も・・・・・。
一時だし、可愛いといえば可愛いですけどね。
一生懸命食べた結果ですし。
でも、お皿ごとひっくり返して・・・というのくらいは未然に防ぎたいじゃない!?
ということで、購入してみました。
結果、買ってよかったです(*^_^*)

出典:ameblo.jp

amazon

食べこぼし後の片づけが大変・・をサポート!

タイニーダイナー ベビーお食事マット

食べこぼしをしっかりキャッチ。ポケット付きエプロンや上記で紹介した食器などと兼用すると、更に最強!食品衛生法に基づく検査に合格しているので、食品をじかに置いて食器として使えます。平らな表面なので置いたものをしっかりキープ。

yahooショッピング

yahooショッピング

BeautyHolisterのサマーインファント Tiny Diner タイニーダイナー 食事 ベビー お食事マット 食べこぼし:swame-006ならYahoo!ショッピング!ランキングや口コミも豊富なネット通販。更にお得なPayPay残高も!スマホアプリも充実で毎日どこからでも気になる商品をその場でお求めいただけます。

ティーレックス-お食事マット

一人で食べる時に、食器が滑るので、
これを敷くと滑り止めになり、集中して食べられました。
(裏に吸盤がある部分に置くとグラグラします)
ポケットの部分も食べこぼし防止でいい感じです。
食事後、はがして洗えば食卓があまり汚れないので
ストレス軽減になりました。

出典:shop.benesse.ne.jp

amazon

ママが笑顔で、肩の力をぬいてみよう!

育児全般に言えることですが、振り返ってみると、その瞬間の悩みと対峙する時期はとても短いものです。まずはママが肩の力を抜いて・・・とは言っても、手の抜き方も分からなくて苦しい時もあると思います。 特に、離乳食は毎日のこと。「なぜ食べてくれないのかな?」「何がいやなのかな?」と心を痛め、悩むママ!今回ご紹介したような「お助けアイテム」を使いながら、もっともっと手を抜いても大丈夫です!そのうち、ほうっておいても食べる時がきっとやってきます。少しでも、ママの笑顔が増えますように。