本サイトはプロモーションを含みます

【ベビー×脳科学】知育玩具『dumbbell-bell(ダンベルベル)』で、発達を促す「ベビトレ」を親子で楽しもう!

【ベビー×脳科学】知育玩具『dumbbell-bell(ダンベルベル)』で、発達を促す「ベビトレ」を親子で楽しもう!
赤ちゃんが鉄アレイ!? なんて、思わず笑みがこぼれちゃうビジュアルがインパクト大なベビー用知育玩具『dumbbell-bell(ダンベルベル)』。実は脳科学に基づいた「ベビトレ」が楽しめる、超実力派のガラガラ(ラトル)なんですよー! 卒業した後はインテリアにもOK。画期的すぎるー!
【ベビー×脳科学】知育玩具『dumbbell-bell(ダンベルベル)』で、発達を促す「ベビトレ」を親子で楽しもう!

「赤ちゃんの脳」は生まれてからグングン育つ!

生まれたばかりの赤ちゃんは「泣く・飲む・寝る」ことしかできませんが、半年もたてば体も大きくなり座れるようにもなって、離乳食だって食べられるようになります。また、いろんなものに興味を持ち、手で触って舐めて確かめていろんなことを理解していきます。 あらためて考えると、ものすごいスピードで成長していくんですよね! スポンジのように何でも吸収できる“赤ちゃん期”だからこそ、「何もしない」のは非常にモッタイナイ。発達の段階に合わせて上手にサポートしてあげれば、可能性がグーンと広がりますよ~!

赤ちゃんの“ファーストおもちゃ”が「ガラガラ(ラトル)」な理由とは

出典:www.photo-ac.com
生まれたばかりの赤ちゃんに渡すおもちゃといえば、やっぱり「ガラガラ(ラトル)」が定番です。 その理由としては、 ・視覚や聴覚、触覚を刺激する ・「触る、握る」ことで、指や手の力をつける ・軽くて赤ちゃんの好きなように遊べる などのメリットがあるから。五感をバランスよく刺激し、発達を促す効果があるそうですよー!

脳科学に基づいた知育玩具『dumbbell-bell(ダンベルベル)』

そんな実力派おもちゃ「ガラガラ」に、「トレーニング」という側面を掛け合わせたアイテムがある……だと……!? それが10月15日(火)よりリニューアル発売された、知育玩具『dumbbell-bell(ダンベルベル)』です! 『dumbbell-bell(ダンベルベル)』は赤ちゃんとママのためのナチュラルオシャレブランド「10mois(ディモワ)」のアイテムで、赤ちゃんの好奇心を“できた!”に変える「木製のガラガラおもちゃ」です。 赤ちゃんのガラガラといえば布製が多いイメージがありますが、実は清潔を保つのが難しかったりするんですよね! しかも素敵な音色がするものだとなおさら、洗ったとたんに音が変わってしまうことも! でも『dumbbell-bell(ダンベルベル)』は木製だから、使った後は除菌シートで拭くだけでOK。 なめなめすることを前提としているから、塗料は食品衛生法をクリアした安全なものを使っています。

重量、わずか「65g」

オトナ顔負けのフォルムに「3K」と書かれたデザインがとってもキュートな『dumbbell-bell(ダンベルベル)』。 「3Kは赤ちゃん、持てないでしょ!?」って思っちゃいますよね! 安心してください、65gですよ!(笑) しかも揺らすと優しいベルの音色が。 鼓膜がデリケートな0ヶ月の赤ちゃんにも安心、肌触りの良い木製おもちゃでなおかつ音色もステキなんて! 赤ちゃんのファースト玩具にうってつけですね♪

遊びにもトレーニングにも! 飽きずに長く使えます

『dumbbell-bell(ダンベルベル)』を使ってぜひ楽しんでもらいたいのが、発達脳科学者/小児科医である成田奈緒子先生が監修した、赤ちゃんのためのトレーニング「ベビトレ」。 ダンベルベルを使って発育段階に合わせた遊び方をすることで、赤ちゃんのココロとカラダ、両方の成長を促すそうですよ~! 「ベビトレ」のやり方はとっても簡単。ほんの一部をご紹介しますね! ぜひコミュニケーションの一環として、赤ちゃんの月齢に合わせた「遊びを通じたトレーニング」を楽しんでみましょ!

■0ヶ月は「みるトレ」!

まず、赤ちゃんの片方の耳のそばで、やさしくダンベルベルを鳴らします。次に、パパ やママがとびきりの笑顔を見せながら赤ちゃんのお顔の上を通り、ゆっくりともう片方 の耳の方へダンベルベルを鳴らしながら移動させます。まだ早い動きは捉えられないの で、急ぎすぎないように気を付けましょう。ベルの音で聴覚の刺激をしながら同時に視 覚も刺激することで追視能力も鍛えられます。

出典:

■3ヶ月は「にこトレ」♪

パパやママの顔が分かってきて、近づくとパッと笑う様になるなど、感情が少しずつ豊 かになる時期です。ダンベルベルを鳴らしてリズムを取りながら、歌を歌ってあげま しょう。急に顔を近づけたり歌の調子や音の大きさを変えると喜びます。寝かせている だけではなく、抱っこで揺らしながら歌ってあげるとさらに効果的です(ただし、揺さ ぶりすぎないように気を付けましょう)。

出典:
出典:www.photo-ac.com

■8・9ヶ月は「はいトレ」

ハイハイなどで、少しずつ自力で移動できるようになる時期です。好奇心を刺激して、 どんどん運動させましょう。ダンベルベルを軽く転がして「取りに行きたい!」という 好奇心を刺激しましょう。ダンベルベルを取りたい気持ちが、ずりばいやハイハイを促 し体全体の筋力のアップにも繋がります。同時に集中力を鍛えたり達成感を味わうきっ かけにもなります。また、パパやママに強い愛着がつくられはじめている時期ですので、 「いないいないばぁ」をしてみましょう。大人がダンベルベルで目元を隠しながら鈴の 音に合わせて出てくる顔に、笑顔になったり声をあげて笑うようになります。

出典:

■12ヶ月は「まねトレ」☆

自分の意志で手先を細かく動かすことができると同時に、簡単な指示が理解できるよう になる時期です。パパやママと赤ちゃんが向き合って座り、ダンベルベルを転がし合う トレーニングをしてみましょう。大人に強い興味関心を持ち、盛んに真似をしたがる時 期ですので、まずは大人が楽しそうに転がすお手本を見せてあげたりすると、自然に ルールややり方を学びます。 また、「ママにちょうだい」と転がす先を指示することで、自分の意図通りに筋肉を動 かすトレーニングにもなります。

出典:
めちゃくちゃ考えられてるなー!? さすが脳科学!!! 赤ちゃんの脳の発達を促すには、大人が笑顔や言葉を伝えながら“双方向のやり取りを繰り返す遊び”をすることが重要だそう。 赤ちゃんはもちろんですが、ママやパパ自身も楽しんで関われることが何よりも大切です。

我が子のメモリアルアイテムにも、友人へのギフトにも

『dumbbell-bell(ダンベルベル)』には生年月日や体重を刻印できる“名入れタイプ”もあり、おもちゃとしてはもちろん飾っておくためのインテリアとしても、大切な友人へのギフトとしてもおすすめです。 小さくてシンプル、とってもキュートな淡いカラー。 なおかつ軽いから置く場所を選ばず、オシャレなインテリアにもよく馴染みます♪

『dumbbell-bell(ダンベルベル)』詳細!

■商品名:dumbbell-bell(ダンベルベル) ■カラー:ブラック・グレー・ブルー・ピンク ■価格 :2,000円(税別) / 名入れタイプ:3,200円(税別)

dumbbell-bell(ダンベルベル)  / 楽天

ご購入はこちら

大切なベビーに、いろんな「楽しさ」を教えてあげましょ♪

『dumbbell-bell(ダンベルベル)』を使って遊ぶことで、赤ちゃんが今できる事の“一歩先”の成長を促します。 見たい・触りたい・やりたいの「好奇心」を上手に刺激して、いろんな感情を引き出しながらカラダとココロを育ててあげましょ!

10mois(ディモワ) 公式サイト

10mois(ディモワ) 公式サイト

『dumbbell-bell(ダンベルベル)』についての詳細はコチラから!

関連記事はこちらから

【メーカー監修】プカプカ楽しい首リング「Swimava(スイマーバ)」☆正しく使って、楽しい思い出つくりましょ♪

【メーカー監修】プカプカ楽しい首リング「Swimava(スイマーバ)」☆正しく使って、楽しい思い出つくりましょ♪

もはや育児グッズの定番とも言える「スイマーバ」。 特に人気なのが、首リングのタイプ。筆者のまわりのママ友の間でも持っていない人はいないくらい、浸透しています。 お風呂でプカ~っと泳いている姿は可愛いし、とっても気持ちよさそうですよ。 正しい使い方をもう一度確認して、楽しいお風呂の思い出を作りましょう☆

ベビー&キッズにおすすめ!ハイチェア・ローチェアの選び方3つのポイント♪【人気の食事用イス5選】

ベビー&キッズにおすすめ!ハイチェア・ローチェアの選び方3つのポイント♪【人気の食事用イス5選】

食事中に立ち上がる…姿勢が悪い…イスから落ちそう…。 そんなお悩みを抱えているママやパパは多いのではないでしょうか? 子どもが使う食事用イス選びには3つのポイントがあるんです! おすすめの食事用イス5選と合わせてご紹介していきます。