本サイトはプロモーションを含みます

小学生の夏休み、有意義に過ごすには!?満足度を上げるなら「子ども自身が楽しめる」ようなメリハリづくりを!

小学生の夏休み、有意義に過ごすには!?満足度を上げるなら「子ども自身が楽しめる」ようなメリハリづくりを!
参照 : www.photo-ac.com
長い夏休み、親は食事を作ったり遊びに連れて行ったりと大変な日々ですが、子どもにとっては「最高のお休みシーズン」です。 子どもの“夏休み楽しい!最高!”の気持ちを尊重しつつ、学びのある充実した夏休みを過ごせるようにしっかりとサポートしてあげたいですね~!
小学生の夏休み、有意義に過ごすには!?満足度を上げるなら「子ども自身が楽しめる」ようなメリハリづくりを!
参照 : www.photo-ac.com

夏休み、小学生は特に「だらだら」してしまいがち!

出典:www.photo-ac.com
1ヶ月以上もある長~い「夏休み」。1学期にがんばってきた反動や暑さなどで、ついつい毎日をだらだらと過ごしてしまいがちですよねー! 学童に預ける場合はそれなりに毎日のリズム作りや宿題の管理もしやすいのですが、親子共にずっと家にいる場合は時間のメリハリがとっても難しかったりも。 でも長い夏休みは宿題や生活習慣の改善を含め、「普段できないこと」をやるチャンス! 計画的&有意義に使いこなしましょう。 まずは宿題などをぜんぶ確認、カレンダーなどを使って振り分け“日割り計算”を。途中や最後にゆとりを持たせておくと、何かあっても安心です。

夏休みのメリハリをつくるのはやっぱり「早寝早起き」

出典:www.photo-ac.com
子どもも大人も睡眠はとっても大事。睡眠不足だと疲れがとれないしイライラするし、集中して何かをするのも難しいですよね。 「理想の睡眠時間」は年齢によって変わるそうですが、 ・小学生……9~11時間 ・大人……7~9時間 ほどなのだそう。まずはたっぷり寝てもらいましょう。話はそれからだぁぁぁ!!! ……とはいえ、なかなか寝ない子どもを早起きさせるのは至難のワザ。まずは「朝起きたらしっかりと体を動かす」ことから始めましょう!

夏休みは「ラジオ体操」がオススメです

小学生が夏休みにやることの定番、といえば「ラジオ体操」ですが、最近は「場所がない」「近所迷惑」などの声もあり、集まってラジオ体操をする地域は減ってきているよう。でも早起きして朝一番にゆっくり体を動かすことで、目も覚めるし体の“エンジン”がかかります。 朝は6時25分頃から、Eテレのラジオ体操がやっているのでそれに合わせてレッツ体操! 難しければ、何時に起きてもとりあえず「起きたらラジオ体操」にしてみても。スタンプカードや達成のご褒美を準備すると、続けやすくてgoodです。

計画通りに任務遂行するには「集中力」が必要

出典:www.photo-ac.com
いくら計画を立てても、いざその日になって業務がはかどらなければ意味ナシ! あるあるなのが、 ・あとでやる~ → やらない ・机に向かっても何かで遊んでしまってやらない ・宿題を始めたけど全然進まない などなど。 「毎日コツコツ」には“集中力”が必要です。もしかすると“子どもが集中しにくい状況”になっている可能性もあるかも?

まずは大規模な「お片付け」を!

夏休みは時間がたっぷりあるので、最初の数日を使って大規模な「お片付け」をするのがオススメです。大人にもいえることですが、視界に入るモノが少なくなると頭もスッキリして回転が良くなり、集中力もUP。 「乱雑な環境は人の認知能力と集中力を低下」させることは、研究の結果としても発表されているそうですよ~!

【参考サイト】STUDY HACKER こどもまなび☆ラボ「散かった部屋は認知能力と集中力を低下させる!? 親子で実践「ドイツ式整理術」」

【参考サイト】STUDY HACKER こどもまなび☆ラボ「散かった部屋は認知能力と集中力を低下させる!? 親子で実践「ドイツ式整理術」」

このエントリーをはてなブックマークに追加