本サイトはプロモーションを含みます

マザーズバッグおすすめ6選!本当に必要?”失敗しにくい選び方”と人気ブランドを一児の母がご紹介

マザーズバッグおすすめ6選!本当に必要?”失敗しにくい選び方”と人気ブランドを一児の母がご紹介
1ヶ月検診が終わると、ついにお出かけ解禁!しかし赤ちゃんを抱えながら、荷物を出し入れするのは至難の技…。 そんなママの力強い味方になるのが、マザーズバッグ! しかしマザーズバックと言ってもリュックタイプ、トートタイプなどなど様々で迷ってしまいますよね。 後悔しない選び方と、おすすめのマザーズバッグ一覧です♪
マザーズバッグおすすめ6選!本当に必要?”失敗しにくい選び方”と人気ブランドを一児の母がご紹介

赤ちゃんの荷物ってこんなにあるの…

赤ちゃん連れのお出かけは、とにかくベビーの荷物が多くて大変!準備だけでも一苦労です。 実際、ママたちのバッグの中身を見てみると…?
それぞれ必要な物は異なりますが、大体このような中身になります。 オムツセットや着替えなど、かさばるものもあれば、スタイやおもちゃ等の小物類まで、大きさにもバラツキがありますね。 この量の荷物をお出かけの度に持ち歩くため「大容量」「バッグ自体が軽量」「ポケットも充実」している、マザーズバッグがあるととっても便利!

【新生児~3ヶ月ごろ】マザーズバッグの中身はどうする?外出の必需品や持っておくと安心なグッズをご紹介

【新生児~3ヶ月ごろ】マザーズバッグの中身はどうする?外出の必需品や持っておくと安心なグッズをご紹介

中身について詳細はこちら

マザーズバッグって、本当に必要?

結論から言うと、通常のハンドバッグやかばんでもうまく使えば不要かもしれません。 実は筆者も出産前はそう思っていましたが、すぐに「これは普通のでは無理だ」と痛感しました。 想像より荷物が多くてバッグはパンパンだし、ポケットが少なくて、小物類はすぐ行方不明に…。 お試しのつもりでマザーズバッグを使ってみたら、違いは一目瞭然! バッグのポケットが多くて整理しやすいし、大きな荷物もマザーズバッグならスッキリ収納できてとっても快適でした♪ こんなに使えるのなら、マタニティのときからマザーズバッグを欲しかったと後悔したくらいです。

初めてのマザーズバッグ選び!どんなものがあるの?

どんな選び方をしたらいいのかわからないなら、バッグの形で選んでみて。 マザーズバッグには、主に3つの形があります。 1,トートバッグ 2,リュックサック 3,ボストンバッグ もちろんそれぞれメリットもあれば、デメリットも…。 代表的なブランドも一緒にピックアップしたので、選ぶときの参考にしてみてください。

トートバッグ

トートバッグのマザーズバッグ メリット○

トートのマザーズバッグは入り口が大きく開くので、荷物の出し入れがスムーズ。 最近では肩ヒモ取り付けでショルダーにもなる、2wayで使えるタイプも多い。

トートバッグのマザーズバッグ デメリット△

バッグを落とした際、中身が地面に散らばりやすい。

★トートバッグのマザーズバッグは、こんな人にオススメ★

・荷物を簡単に出し入れしたい

トートのマザーズバッグ【おすすめ①】Mammy Roo(マミールー )

トートバッグ専門店ROOTOTEのママさんデザイナーが作り出したマザーズバッグは、使い勝手の良さで人気です。 外側に抗菌防臭加工が施されたポケットがついているので、ベビーの使用済みオムツも衛生的に持ち運べますよ。 デザインも豊富でおしゃれなトートなので、お気に入りのバッグが見つかるはず! ■ポケット 9ヶ所 (ファスナー付き1ヶ所、抗菌防臭加工1ヶ所含む) ■付属品 オムツポーチ、オムツ換えシート、ショルダーストラップ

2人目なので今頃マザーズバッグなんて…と思っていました。
1人目の時は普通のトートバッグでやり過ごしてましたが、2人目ともなると荷物も増えてきたので購入。
主人でも持てるようにとキャンパスドットを購入しました。
オムツ替えシートはまだ使ってませんがオムツバッグがお揃いでセットになっているのが決め手でした。
使った後のオムツも入れられるし内側にもポケットがたくさんあってとっても便利です。
ショルダーとしては使ってなくてトートのみで使っています。

出典:review.rakuten.co.jp

トートのマザーズバッグ【おすすめ②】Thea Thea(ティアティア)

ロサンゼルス生まれのブランドで、LAセレブママたちが愛用していたことから人気に火がついたんだとか。 このマザーズバッグは大きなリボンがとってもキュート。もちろん取り外し可能なので、パパが持っても大丈夫なマザーズバッグです。 授乳ケープや保冷ボトルバッグなど、付属品も充実しているので、そのままお出かけできます! ■ポケット 9ヶ所 (ファスナー付き2ヶ所、 ボトルポケット2ヶ所含む) ■付属品 ショルダーベルト、おむつ替えマット、ボトルケース、ポーチ

第2子出産にあわせて購入。歩きだすようになるとリュックが便利ですが、最初の頃はトートバッグがすぐ中身を取り出せて便利かなと。色は迷いましたが、明るい感じにしたくてグレーにしました。光沢があって明るいグレーで、カジュアルなお出掛け用として満足しています。付属品が思いのほかしっかりしていて、逆にかさばりそうで使わないかもしれません…持ち手を肩にかけることができるので、ショルダーはあまり使わないかも。入院用バッグには小さいですが、産後のお出掛けに活躍してくれると思います!

出典:review.rakuten.co.jp

リュック

リュックのマザーズバッグ ○メリット

リュックで背負えば両手が空くため、買い物に行くのもベビーやキッズが乗るベビーカーを押すのも楽々。 重さが両肩で分散されて軽量化されるため、肩こりしにくい。

リュックのマザーズバッグ △デメリット

荷物の出し入れの度にリュックを下ろさなくてはいけないので、面倒。

★リュックのマザーズバッグは、こんな人にオススメ★

・普段からリュックを愛用している ・肩こりしやすい

リュックのマザーズバッグ【おすすめ③】e.x.p.japon(イー・エクス・ピー・ジャポン)

シンプルかつ高級感あるデザイン。リュックタイプのマザーズバッグだけどカジュアルになりすぎません。 なんと大小合わせて14個ものポケットが付いているので、細かく整理できそうです! 同デザインのミニサイズもあるので、お子さんが大きくなったらお揃いでお出かけを♪ ■ポケット 14ヶ所 (ファスナー付き3ヶ所、ボトルポケット4ヶ所含む)

開けて見た時に、まずかわいい!と思いました。生地もしっかりしていますし色も良かったです。
マザーズバッグは買うつもりもなかったのですが、普通のリュックだと使い勝手があまりよくなかったので買うことにしていろいろ見て探してました。
値段と性能とデザインでこちらを選ばせていただきましたが、ポケットもたくさんあり使いやすそうでなのでこれから使うのが楽しみです(*^^*)

出典:review.rakuten.co.jp

リュックのマザーズバッグ【おすすめ④】多機能マザーズバック

機能性を重視したいママは、多機能マザーズバッグがオススメ。 大きく開くがま口タイプのリュックで、荷物の出し入れが楽々♪さらにUSBポート付きなので、外出先でスマホの充電もできるんです! 後ろにはベルトが付いているため、スーツケースのスライドハンドルに取り付けも。帰省時にも大活躍してくれそうです。 子連れ外出に必要な機能をギュッとまとめられています。 ■付属品 ベビーカーフック、保温保冷ドリンクホルダー、おむつ替えシート

グレーxピンク購入
片側に肩がけするタイプのバックを使ってましたが、片方だけ肩凝りが酷くて、リュックタイプを購入。
同じようなマザーリュックはありますが、底面が防水タイプになってるのが決め手です。
今まで使っていたカバンのものを移し替えましたが、リュックに同じものを詰めても軽く感じました。
また、ポケットがあるので、仕分けられるのが良いですね。
ごちゃごちゃになりやすいので、何度か使用してベストポジションを決めていきたいです。
ただ、リュックはすぐに取り出せない部分もネックです。
マザーリュックを使用しなくなっても普通に使えそうなリュックだし、安っぽく見えず普通のカバンと同じ耐久性はありそうでコスパはいいかなと思います!

出典:review.rakuten.co.jp

ボストンバッグ

ボストンバッグ ○メリット

荷物がたくさん入り、収納力はピカイチ。 こちらも肩ヒモを取り付けて、ショルダーバッグとして使えるものがあります。

ボストンバッグ △デメリット

バッグ自体が大きいため、人や物にぶつからないように注意!

★ボストンバッグのマザーズバッグは、こんな人にオススメ★

・普段から荷物が多い ・双子や2人目のママさん

ボストンバッグのマザーズバッグ【おすすめ⑤】インフィニティーボストンバッグ

子育て経験のあるスタッフの体験を元に誕生したマザーズバッグ。 収納力重視のメインルームと、メッシュポケットで整理しやすいフロントルームの2室式だから、どこに何を入れたのかとっても分かりやすい! 上品なデザインは、女性のどんなコーディネートにも合わせやすそうですね。 ■ポケット 10ヶ所 ■付属品 ポーチ、ショルダーストラップ、ハンドルカバー付きショルダーベルト

普段から荷物多めです。長財布、手帳、畳んだエコバッグ2つ、タオルハンカチ2枚、非常時用に少量のおやつ、500ml水筒2本、お弁当、その他諸々、、、。これらは問題なく入りますし、リモートワークに伴い15.6インチPCまで持ち運ぶことになりましたが、これもケース入りの状態で入ります。もともとマザーズバッグですから内ポケ多数ありで、マウスやケーブルも入ります。今まで荷物3つになっていましたが、1つにまとまったので、片手が空いて入社時のカード認証もアルコール消毒もスマートにできます。持ち手は幅広く、重さを分散してくれて、持ち上げて一気に肩掛け出来る長さです。おむつポーチにはお弁当とウエットティッシュが入りますから、お昼休みはこのままバッグ本体から取り出してランチへ。月末の配送とも言われていたのに、月初に届いたことも好印象です。正に良い事づくし。職場の皆さんに薦めたいです。

出典:review.rakuten.co.jp

【おすすめ⑥】DORACOLUV(ドラコラブ)

子育てママたちと共同開発た、大人気のマザーズバッグ。 23Lの大容量サイズなのに、重さはなんと550gと軽量。軽いのにこれならたくさん詰められますね♪ シンプルなデザインのマザーズバッグだから、パパでも違和感なく持てそうです。 ■ポケット 9ヶ所 ■付属品 ショルダーストラップ

リュックタイプのマザーバッグはもっていたのですが、お会計等荷物の出し入れが思いの外不便でトート型を探していました。結構高めの値段ですが、大きさ(大きすぎずに良かったです)、軽さ、デザインで満足しています。

出典:review.rakuten.co.jp

お気に入りのマザーズバッグで、楽しいお出かけを☆

今のマザーズバッグは、子育て終了後も長く使えるように、オシャレと使い勝手が両立されたデザインがとっても多いんです。 だからこそ、好きなブランドやデザインでマザーズバッグを選ぶのも全然アリですよ!お気に入りマザーズバッグを見つけて、べビーとのお出かけや育児を楽しみましょうね。

関連記事はこちらから

マザーズバッグは「トートとリュック」どっちが便利?両方使ったからわかる、それぞれの特徴を現役ママがご紹介

マザーズバッグは「トートとリュック」どっちが便利?両方使ったからわかる、それぞれの特徴を現役ママがご紹介

マザーズバッグは、大量の荷物が収納できて、必要なときに必要なものを“サッ”と取り出すことができる育児中のママの必需品です。 トートとリュックは、マザーズバッグの中で特に人気のあるデザインです♪実際に使ってみた感想と、選ぶときのポイントになるメリットデメリットをまとめました。

マザーズバッグに♪人気ハイブランドのバッグ5選!おしゃれなバッグでママ友に差をつけよう

マザーズバッグに♪人気ハイブランドのバッグ5選!おしゃれなバッグでママ友に差をつけよう

人気ブランドの中から、おしゃれママ必見のマザーズバッグとしても使えるアイテムをご紹介します。 普通のバッグをマザーズバッグとして使うときの選び方のポイントもまとめました。

"L.L Bean"が最強マザーズバッグである7の理由

米国アウトドアブランドとして、1912年の創業時より根強い支持を受け続けるL.L Bean。日本でも多くの芸能人を始め、マザーズバッグの代表格として不動の人気を誇るバッグの魅力をL.L Beanバッグ愛用6年目のライターがたっぷり解説します。

おむつバッグにも通勤にも買い物にも◎! 好きなパーツでカスタマイズOKなイタリアのObagがおしゃれでスグレモノ♡

おむつバッグにも通勤にも買い物にも◎! 好きなパーツでカスタマイズOKなイタリアのObagがおしゃれでスグレモノ♡

公式には日本未上陸のイタリアンブランド、Obag。実用性とファッション性を兼ねたオリジナルバッグが作れる旬のブランドで、おむつや離乳食を入れるのにもおしゃれで便利♥イタリアのワーママに大人気のこのバッグ、ネット通販なら日本からでもゲットできちゃいます!