本サイトはプロモーションを含みます

地域の文化や産業を子供が学べる『社会科見学(工場見学)』 大人も楽しめるおすすめスポット探してみた

地域の文化や産業を子供が学べる『社会科見学(工場見学)』 大人も楽しめるおすすめスポット探してみた
参照 : www.photo-ac.com
小学生男子のパパです。家族で楽しめるスポットないかな~とお悩みのときにオススメしたいのが今回紹介する工場見学。親子で学べるスポット(飲食系ばかりですが)を調べてみました!
地域の文化や産業を子供が学べる『社会科見学(工場見学)』 大人も楽しめるおすすめスポット探してみた
参照 : www.photo-ac.com
沖縄在住「江本祐介さん(@yskemoto)」のお子さん(小3)は社会科見学でオリオンビール工場を訪問。帰宅するや否や、現地で見聞きした『感動』をアツく伝えてくれたそうです。当日食べたビアナッツの味はいい思い出になるだろうな〜〜BEER好きの筆者には羨ましいかぎり(^q^) そこで今回は子供と一緒に大人も楽しめちゃう社会科見学のスポットを探してみました。

家族で社会科見学(工場見学)できるオススメ施設。どこにある??

地域の文化、伝統、産業などを学ぶことが目的とされる社会科見学。学校の所在地により目的地が異なりますが、旅行の訪問先としても家族で楽しめそうな施設を探してみました。

<北海道・東北編>

ニッカウヰスキー余市蒸溜所(北海道余市郡)

朝ドラで有名になったニッカウイスキー。施設見学は要予約で「案内係付き」「フリー」を選択可、費用は無料(※詳細は下記HP参照)。博物館ではウイスキーの歴史やニッカの生い立ちが紹介され、蒸溜所では製造方法や工程を見学、そして竹鶴とリタが暮らした私邸も見学できるそう。ウイスキー好きにはたまらない試飲(有料)や売店もあるので最後まで楽しめそうです。
出典:www.flickr.com

若い頃に試飲だけを楽しみに行ったことがありました。30年ぶりに今回行きましたが朝ドラで「マッサン」を見て当時の思いを浮かべながら見学できました。 試飲も楽しいです。

出典:www.tripadvisor.jp

苦労されたウイスキーの歴史を感じました。見学コースを終えると試飲コーナーがあり、ニッカウイスキーを堪能しました。お水とソーダーが用意されています。余市はりんごが豊富なので、100%のアップルジュースもおいしかったですよ。

出典:www.tripadvisor.jp

ニッカウヰスキー余市蒸溜所HP

ニッカウヰスキー余市蒸溜所HP

ニッカウヰスキー余市蒸溜所をご紹介します。「日本のウイスキーの父」と呼ばれる、創業者・竹鶴政孝が、ニッカウヰスキー第一の蒸溜所建設の地として選んだ北海道・余市。ニッカウヰスキーの原点が、ここにある。

鐘崎 かまぼこの国 笹かま館(宮城県仙台市)

仙台といったら「笹かま」を連想しますよね。本施設は有名ブランド「鐘崎」の工場内で実際の製造工程や原料を見学することが出来ます。要予約で1日3回(10時半〜・12時半〜・14時半〜)、費用は無料(※詳細は下記HP参照)。かまぼこハウスでは笹かま手作りや焼き体験教室も用意され、自分だけの笹かま作りを体験できるとか(有料)。家族で一緒に作って食べれば盛り上がりそうですね!
出典:www.flickr.com

友人と車で行って来ました、平日だったのですいていました。館内は笹かまの種類が豊富で期間限定品や試食もあり美味しかったです。私は出来ませんでしたが自分で差笹かまを焼けるコーナーもありました。ガラス越しに笹かま制作が見れます。

出典:www.jalan.net

笹かまを作れる体験がおすすめです。自分で作ると普段食べている笹かまよりぷりっとした感じで美味しいです。

出典:www.jalan.net

鐘崎 かまぼこの国 笹かま館HP

小岩井乳業工場(岩手県岩手郡)

あらゆるスーパーの商品棚に陳列される「小岩井牛乳」。ここ小岩井工場では紙パックへの充填ラインや醗酵バターの製造ラインなどをガラス越しに見学することが出来ます。予約不要で見学時間は10~15時、休日は毎週水曜、休業期間11月上旬~4月下旬、費用は無料(※詳細は下記HP参照)。嬉しいことに新鮮な牛乳やチーズを試飲試食できるそう♪美しい牧場の中で新鮮な牛乳のみたいですね!
出典:www.tripadvisor.jp

小岩井農場は岩手県でも有名な牧場で、雫石駅が玄関口ですが、盛岡駅からだとバス1本で行けるので便利です。ここは小岩井牛乳の製造工場で、牛乳ができるまでを見学できる施設です。また牛乳の試飲もできますよ。

出典:www.jalan.net

外にうしのオブジェがあり写真を撮ったり♪
建物の中はチーズや牛乳を作っている工場で、広くはないですが見学が出来ます。それからチーズなどを販売している小さな売店がありました。
コーヒー牛乳やフルーツ牛乳などの自動販売機があり、息子はフルーツ牛乳をゴクゴク飲んでいました☆すごく美味しかったです。

出典:www.jalan.net

小岩井乳業HP

小岩井乳業HP

牛乳、乳飲料、バター、ヨーグルト、チーズ、ジャム、など商品情報、地域・工場見学、お得なキャンペーン・プレゼント情報など情報満載です。

<関東編>

赤城乳業 本庄千本さくら5S工場(埼玉県本庄市)

毎年、インパクトのある味のレパートリーで話題を提供してくれる赤城乳業。工場見学は要予約で営業日は月~金、時間は9時半・10時・13時・14時半・15時、各回90分コース、費用は無料(※詳細は下記HP参照)。アイスの製造工程が見学、子供が楽しめる「ガリガリくん広場」があるそう。親しみがもてそうですね。試食のアイスやノベルティグッズのプレゼントも用意されておりお得度満載!ここでしか販売されていないレアグッズもあるそうで、ガリガリくんファンにはたまらない施設といえそうです。
出典:www.flickr.com

館内のそこら中にガリガリ君がいてかわいかったです(笑)。特にエレベーターの中がよかったです。中はとてもきれいで小さい子も飽きないように所々でビデオを流したり、くじをやったり工夫されていました。抽選に当たらないと行くことができないのですが土日は工場見学をやっていないため平日しか行くことができません。平日に祝日があると行くことができるんですが、抽選の倍率がすごいそうです。私は運良く祝日の抽選に当たり行くことができました。アイスの食べ放題やアイスのUFOキャッチャー、ガリガリ君神社、とにかく何もかもが楽しかったです。
また機会があればもう一度行きたいです。

出典:www.tripadvisor.jp

誰もが知っているガリガリ君を製造しているアイスメーカー。
ここの工場自体の竣工は新しく、館内はきれいでいたるところにガリガリ君がいて楽しかったです。
ラインで働いている人たちもガラス越しにみんな手を振ってくれ親しみを感じました。
見学の最後の、ガリガリ君広場も無料のお楽しみ満載だったし、うわさに聞いていた「アイス食べ放題」はとにかくうれしかったです。

出典:www.tripadvisor.jp

赤城乳業株式会社HP

ガリガリ君でおなじみの赤城乳業、本庄千本さくら『5S』工場 工場見学のお申し込み方法をご説明いたします。

ロッテ浦和工場(埼玉県さいたま市)

誰もが知っている「コアラのマーチ」「パイの実」「雪見だいふく」などを製造する浦和工場。本施設見学は要予約で案内時間は月~木が10時・13時・15時、金は10時のみ、費用は無料(※詳細は下記HP参照)。お菓子のいい匂いを嗅ぎながらチョコレート工場を窓ごしに見学出来るそう。商品が出来る工程や製造ラインの紹介はもちろん、出来たてのお菓子試食&お土産まで用意されているとか。これは子供(親も?!)が喜びますね!
出典:minnano-mag.jp

係の方の説明もとてもわかりやすく、工場見学中に質問した内容にも丁寧に答えてくださいました。お菓子を作るところだけでなく、梱包する機械も見所の一つ。ぜひよく見てみてください。すべてオートメーション化されていて、ずっと見ていたくなる動きを目の当たりにできます。ここでしか体験できないことも、少し用意されていますし、売店などでお土産が買えなくても十分満足できました。

出典:iko-yo.net

駅から子供と一緒に歩いても5分程度で着きました。チョコレートの甘くない状態と甘くしたチョコレートの食べ比べをしたりトッポを作る工程を見たりできて子供も喜んで飽きずに見学。帰りに大人も子供もお土産をもらって大満足の工場見学でした〜

出典:iko-yo.net

ロッテ 浦和工場HP

ロッテ 浦和工場HP

ロッテの工場見学「おかしの学校」のWEBサイトです。

崎陽軒 横浜工場(神奈川県横浜市)

駅弁としても人気の崎陽軒のシウマイ。工場見学は要予約で開催日は水~土、時間は9時半・11時・12時半・14時。費用は無料(※詳細は下記HP参照)。崎陽軒やシウマイの歴史、お弁当の製造工程を見学出来、作りたてのシウマイや弁当のおかず等を試食出来るそう。プチミュージアムショップでは家族で楽しめるタッチパネルディスプレイや、あつあつホヤホヤの商品を安価で購入出来る売店があるとか!これはたまらんですね〜
出典:www.flickr.com

シウマイ、シウマイ弁当の作られる過程を実際に工場見学できます。回る際のグループ分けは、意図的に子連れ同士にしてくれているようなので小さいお子さん連れも楽しめます。写真撮影スポットやシウマイの試食があり、見どころ満載です。

出典:iko-yo.net

工場の見学部分では興味津津ノリノリで見いっていました。試食の1人前は、シウマイが2個・特製シウマイが1個・月餅が半分で、醤油さしのひょうちゃんは使った後お土産になります。出来たてシウマイはビックリするほどおいしかったです。

出典:iko-yo.net

崎陽軒 横浜工場HP

<東海編>

大塚製薬 袋井工場(静岡県袋井市)

スポーツ飲料といえばトップブランドのポカリスエット。本施設見学は要予約で開催日は月〜金、時間は10時半・13時・14時半。費用は無料(※詳細は下記HP参照)。工場内の概要説明、ボトル成形から製品化の工程、通路から生産ラインを見学出来、記念のプレゼントまで用意されているそう。ワクワク度が増しますね!
出典:plus.on-mo.jp

ポカリスエットの工場を見学した。工場の人がポカリスエットの生産ラインを詳しく説明してくれた。ポカリスエットなどのお土産をもらえて良かった。

出典:www.tripadvisor.jp

大塚製薬 袋井工場HP

大塚製薬 袋井工場HP

大塚製薬のバーチャル工場見学、袋井工場の「工場見学について」のページです。

味の素株式会社 東海工場(三重県四日市市)

料理に欠かせない「味の素」「ほんだし」を製造する東海工場。本施設は要予約で開催日は月〜金、「ほんだしコース」か「バードサンクチュアリコース」を選択出来、費用は無料(※詳細は下記HP参照)。両コースとも味の素の製造工程を見学、その後「ほんだしコース」はほんだしの製造工程見学に加え実際のかつお節削りを体験可能。「バードサンクチュアリコース」は施設内に生息する野鳥を見学。かつお削りはなかなか体験出来ないので子供に経験させたいですね!
出典:www.ajinomoto.co.jp

少人数で、2家族のみの参加でした。広い工場を見学した後は、鰹節をけずる体験をしました♪
お土産には、AJINOMOTOの商品をいくつかもらいました~、楽しかったです。

出典:iko-yo.net

味の素株式会社 東海事業所HP

「ほんだし®」を代表とする風味調味料の他、アミノ酸系甘味料、医薬品等を製造しています。2020年9月にはICT、自動化技術を駆使した最先端の新工場が竣工し、「ほんだし®」をはじめサプリメント(「グリナ」、「アミノエール」等)の製造・包装の一貫生産を行っております。

<関西編>

サントリー山崎蒸溜所(大阪府三島郡)

今や世界有数のウイスキーブランドとなった「山崎」。工場見学は要予約で開催日は休業日を除く毎日。館内展示やショップを無料で楽しめる「山崎ウイスキー館見学」、製造工程を見学+テイスティングまで楽しめる「山崎蒸溜所ツアー(有料)」があるそう(※詳細は下記HP参照)。ウイスキーの歴史や山崎の軌跡を学べるのはもちろん、「山崎蒸留所ツアー」に参加するとウイスキー作りの現場を見学出来、蒸溜所ならではの原酒を楽しめるそう。大人向きですがウイスキー好きにはたまらないはず。
出典:www.flickr.com

とても雰囲気のいい上品な施設でスタッフの方々の説明も静かな情熱が感じられます。とても自然の豊かな場所なので四季折々の楽しみがありぜひ季節ごとにとおすすめしていただきました。敷地内に神社があり参拝もできます。何度も訪れたくなる素敵な場所でした。

出典:www.jalan.net

なかなか見ることができないウイスキーの歴史や珍しいウイスキーを見ることができます。有料試飲も普段飲めないウイスキーを味わえて楽しいですよ

出典:www.jalan.net

サントリー山崎蒸溜所HP

サントリー山崎蒸溜所HP

日本のウイスキーのふるさと、山崎蒸溜所。創業者の鳥井信治郎は日本人の繊細な味覚にあったウイスキーをつくるため、良質な水と自然環境にこだわって山崎の地を選び、蒸溜所を建設しました。工場見学(有料・事前予約制)のほか、テイスティングカウンター(有料)ではここでしか味わえない原酒なども楽しめます。JR京都線「山崎駅」、阪急京都線「大山崎駅」からは徒歩約10分です。

UCCコーヒー博物館(兵庫県神戸市)

甘〜いコーヒーのイメージある「UCC珈琲」。本施設は予約不要で毎週月曜の休館日以外は見学可能、開館時間は10〜17時、入館は有料(※詳細は下記HP参照)。コーヒーの栽培や焙煎までの流れや文化が紹介され、様々なイベントが用意されているそう。一部紹介すると、親子で楽しめる「おやこdeカフェ」ではコーヒー豆を挽いたりアレンジコーヒーを作る体験が出来るとか(要予約)。これは親子で楽しめますね!
出典:www.flickr.com

コーヒー2種のテイスティングを楽しんだあと進んでいくと、コーヒーについてのさまざまな展示があります。 昔のコマーシャルが年代毎に見られるエリアは懐かしいものもあり、楽しいです。 売店にてオリジナル商品を探してみるのも良いですね。

出典:www.tripadvisor.jp

前から知っていましたがようやく訪問できました。ストーリーがきちんと合って面白かったです。コーヒー好きの人に本当にお勧めしたいですし、そうでない方でも、お子様でも楽しめるようになっています。展示コーナーの最後にはコーヒーに関する書籍もたくさんあって、ずっと読んでいたくなりそうです。コーヒー博物館、お勧めです

出典:www.tripadvisor.jp

UCCコーヒー博物館HP

UCCコーヒー博物館HP

世界で唯一の、「カップから農園まで」網羅したコーヒー専門の博物館「UCCコーヒー博物館」のホームページ。コーヒーの歴史や文化をはじめ、コーヒーのいれ方、楽しみ方など、コーヒーが生み出す心豊かなくらしのヒントに繋がる情報を紹介しています。

<中国・四国編>

サントリー天然水 奥大山ブナの森工場(鳥取県日野郡)

スーパー、コンビニどこでもお目にかかれる「サントリー天然水」。本施設は要予約で工場休業日を除く毎日見学可能、費用は無料(※詳細は下記HP参照)。見学コースが2種用意され、商品の製造工程見学→自然エネルギーとして利用する雪を貯蔵する施設を見学→試飲の「#水の山行ってきた 工場見学ツアー~奥大山~ 知る! 奥大山の天然水コース」と、試飲後に遊歩道を散策する「#水の山行ってきた 工場見学ツアー ~奥大山~ 知る!歩く! 奥大山の天然水コース」が選べます。大自然の空気を味わいながらいただく飲み物はおいしいでしょうね!
出典:www.tripadvisor.jp

大山のドライブを予定していましたが、雨天が予想されたため、こちらの施設見学を予約しました。 さすがはサントリーの施設といった感じで、内部がキレイなほか、アテンドしてくださる方も笑顔でとてもホスピタリティーにあふれた方々でした。雪室にも入れてとてもよい時間が過ごせました。

出典:www.tripadvisor.jp

女友達グループで出かけました。米子市から車でしばらくかかります。奥大山という言葉がぴったりな、山の中にありました。工場内はとてもきれいで、クリーンという言葉がぴったりです。1時間ほどのコースで、丁寧に説明してくださいました。

出典:www.tripadvisor.jp

サントリー天然水 奥大山ブナの森工場HP

サントリー天然水 奥大山ブナの森工場HP

豊かな自然と清冽な水があふれる理想の水のふるさと、奥大山。天然水工場の見学(無料・事前予約制)が楽しめます。奥大山の山々で天然水が育まれる様子をプロジェクションマッピングや土を使った実験で学んだ後、「サントリー 奥大山の天然水」の製造工程見学ができます。サントリー天然水ブランドの無料試飲など、子どもから大人まで楽しめる内容でご家族連れにもオススメ。米子市内から車で約60分です。

かどや製油 今昔館(香川県小豆郡)

ごま油で有名な「かどや醤油」。資料展示室「今昔館」は要予約で土日祝日を除く平日に見学可能、費用は無料(※詳細は下記HP参照)。ごま油の歴史や江戸時代の製造器具、搾油工程などを紹介しています。館内は風味が漂っており、希望者にはごま油のテイスティングも用意されているそう。見学記念品までもらえるのは嬉しいですね。
出典:shodoshima.or.jp

小豆島の旅を終える際、あともう1箇所行こうとフリーペーパーを見ていてここに決めました。土庄港からも徒歩10分なので時間配分もばっちり。近くにはごま畑があり、ごま油の香りもしてきます。私一人での見学でしたが丁寧に案内してくださいました。

出典:4travel.jp

かどや製油資料展示室『今昔館』では、ごま油ができるまでの工程や江戸時代(安政5年/1858年)からごま油を作っていたという歴史や当時のごま油の製造器具などを見ることが出来ます。展示室での説明は非常に丁寧親切で、帰りにはごま油の小瓶のプレゼントをいただきました。

出典:4travel.jp

かどや製油 今昔館HP

かどや製油 今昔館HP

かどや製油の資料展示室に関する情報を掲載。小豆島工場にあるかどやの資料展示室「今昔館」では、ごまのプロフェッショナルである工場スタッフがごまの歴史や製造工程等をパネルや映像を用いて説明します。各種ごま油のテイスティングも可能です。

<九州・沖縄編>

やまや本社工場(福岡県福岡市)

お土産でいただくと嬉しい「やまやの明太子」。本施設は要予約で土日祝日を除く平日に見学可能、費用は無料(※詳細は下記HP参照)。工場内の製造工程や明太子作りの概要説明、そして出来たて(通常は保存のため冷凍するが、その工程前)の明太子を試食出来るそう。これは現地を訪れた人しか味わえない味を楽しめそうです!
出典:www.flickr.com

年に一回のようですが、やまやさんの大感謝祭に行きました!外では、セール価格の商品が。工場見学や、クイズラリーなどをやっていて子供はとても楽しめたようです。

出典:iko-yo.net

やまや本社工場HP

やまや本社工場HP

やまやファクトリーテラスの公式サイト。やまやの工場見学・レストラン・マーケット・各種体験イベントなどめんたいこを楽しむ体感型施設です。

オリオンハッピーパーク(沖縄県名護市)

冒頭で紹介した「江本祐介(@yskemoto)」さんのお子様も見学した同施設。工場見学は要予約で指定休業日以外なら毎日見学可能、開館時間は9時で費用は無料(※詳細は下記HP参照)。原料から仕込み→発酵→缶詰までの工程が紹介され、最後にBEERの試飲が出来るそう。ドライバーやお酒NGな人にはソフトドリンクが用意されるのは嬉しい心遣いですね。
出典:www.flickr.com

オリオンビールの工場見学のあと、美味しい生ビールが無料で3杯だったか?飲めます! オリオンのノンアルコールや子供向けのジュースもあり、おつまみで貰えるナッツがとっても美味しくてちょっと高いですが、お土産で購入してしまうほどでした! 工場見学は要予約です!

出典:www.tripadvisor.jp

ビールの製造過程をわかりやすく説明してくれます。30分くらいの見学のあとは、できたてのオリオンビールを2杯とビアナッツを無料でいただけます。ドライバーや子供にはオリオンノンアルコールかジュース1本とビアナッツをいただけました。これで無料とはすごい!混雑することもあるので、予約してから行くことをおすすめします。

出典:www.tripadvisor.jp

オリオンハッピーパークHP

オリオンハッピーパークHP

沖縄県名護市にあるオリオンハッピーパークで工場見学ができます。

以上ですがいかがでしたでしょうか。皆さんが居住する地域にも魅力的な産業施設があるはず。見学のみならず試食試飲が用意された施設が多いので家族みんなで楽しめるかと。今回紹介した以外にも工場見学が出来るスポットはまだまだあります。お出かけ先のネタで困った時、訪れてみてはどうでしょうか!

関連記事はこちらから

大人も行きたい!親子で行ける工場見学!【関東近郊】

大人も行きたい!親子で行ける工場見学!【関東近郊】

暖かくなり、外に出かけたくなる季節がやってきました。今回は親子でも楽しめる関東近郊の『工場見学』をご紹介します。

大人も行きたい!親子で行ける工場見学!【関西近郊】

大人も行きたい!親子で行ける工場見学!【関西近郊】

暖かくなり、外へのお出かけが楽しい季節がやってきました。今回は親子でも楽しめる関西近郊の『工場見学』をご紹介します。

グリコにJALに・・全部無料!親子で楽しめる「工場見学」5選

グリコにJALに・・全部無料!親子で楽しめる「工場見学」5選

工場見学に行ったことがありますか?ほとんどのツアーが無料で参加でき、製品や会社の知識を深めたり、なかなか見ることのできない製造ラインの見学をしたり、試食ができたりといいことづくめ。是非、家族やお友達とのアクティビティーに工場見学を取り入れてみませんか?