• TOP
  • 子育て・ライフスタイル
  • 【子どものお小遣い、どう渡す?】定額制or報酬制or必要な時に渡す制、子どもにとって良い方法とは

【子どものお小遣い、どう渡す?】定額制or報酬制or必要な時に渡す制、子どもにとって良い方法とは

Middle img c237c8f3 5a23 4036 b188 63e3f9cdfe55
参照 : twitter.com
少し子どもが大きくなってくると、必ず必要になってくる「お金との付き合い方」。 一生必要な「お金」だからこそ、きちんと親が使い方を教えてあげる必要があります。
tomosato
Large img c237c8f3 5a23 4036 b188 63e3f9cdfe55
参照 : twitter.com

「か る ろ す(@karu7428)」さんがツイートしたのは、自身が小学生くらいだった頃の「お小遣い」のもらい方。



親にとって必ず通る道となる「子どもへのお小遣いの渡し方」。
いろんな渡し方があると思いますが、基本的には大きく分けて「定額制・報酬制・必要な時に渡す制」の3種類です。

それぞれのメリット・デメリット

<定額制>

メリットは
・毎月、同じ金額をもらえるので、欲しいものを買う計画を立てやすい。
・お金を貯めて欲しいものを買う喜びが味わえる

デメリットは
・何もしなくてもお金が入ってくるので、お金の大切さを実感しにくい
・「お金は稼ぐもの」ではなく「お金はもらえるもの」という感覚になりがち
・定額でもらえるので、特に大切ではない物も気軽に買ってしまいがち

などなど。

<報酬制>

メリットは
・働けば働いたぶんだけお金がもらえるので「労働の対価」という感覚が身に付きやすい
・欲しいものを「自分の力でお金を貯めて買った」という達成感と喜びが大きい

デメリットは
・働けば働いたぶんだけお金がもらえるので、どんどんお金を使ってしまいがち
などなど。

1e22ba4be47edbd47d19266a55335c48 s
出典 : www.photo-ac.com

<必要な時に渡す制>

メリットは
・使う時に渡すので、親がお金の使い道をしっかりと把握できる
・ムダ買いをしにくい

デメリットは
・子どもが欲しいものを親に却下されると「買えない」ため、不満がたまりがち
・ムダ買いがないので子ども自身が子どものうちに“買って後悔”するチャンスが少ない
・「お金は言えばもらえるもの」と思ってしまうと「労働の対価」という感覚が身に付きにくい
などなど。

家庭環境に合った「お小遣い」の渡し方を

「お小遣い」は、子どもが大人になるまでにお金のことを学ぶ重要な道のりです。
“どう渡すか”はもちろん大切ですが、学校では教えてくれない「お金のこと」だからこそ、家庭を“運営”する親がしっかりと教えてあげる必要があります。

ちなみに私は小・中学生の頃「定額お小遣い」をもらっていたほか、実家が自営業だったのでお手伝いすると「報酬」ももらっていました。
「お金は働けばもらえる!」という感覚が身に付き(?)、「あれば使う」というバブリーな生活を送り貯金は全くなし。

結婚するまではかなりのどんぶり勘定で「なんとかなるわぁ」な人生でしたが、結婚し子どもが生まれてからは「なんともならず」。
「なんで貯金しなかったのかな……」なんて昔の自分にカツを入れたい気持ちになりつつ、「まぁいい勉強になったな~」なんて思ったりしています……(白目)

子どもにはお金に困らない人生を送らせてあげたいですねーーー!!!(切実)
ママさんパパさん、子どもへの「お金教育」がんばりましょうね~~!!!!!(´;ω;`)

か る ろ す (@karu7428)さん / Twitter

フォローはこちらから!

Middle img c237c8f3 5a23 4036 b188 63e3f9cdfe55
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事