“自分が大変だからこそ、誰かの大変さに気づく”あるある。その優しさ、もっと広がるといいなぁ。 - Up to you!

“自分が大変だからこそ、誰かの大変さに気づく”あるある。その優しさ、もっと広がるといいなぁ。

“自分が大変だからこそ、誰かの大変さに気づく”あるある。その優しさ、もっと広がるといいなぁ。
参照 : twitter.com
大変なことを「大変なことだ」と認識するには、一度同じ“大変さ”を味わう必要があるのかもしれません…… “大変そうな人”を認識し、声をかけてあげられる人がもっともっと増えると、世の中の「幸せ度」はもっと上がるのかもしれませんね☆
“自分が大変だからこそ、誰かの大変さに気づく”あるある。その優しさ、もっと広がるといいなぁ。
参照 : twitter.com
2児のママである「かざり(@kazarigiri)」さん。 エレベーターのない駅でお子さん&ベビーカーを連れ移動していたところ、妊婦さんや“大荷物”の男性が声をかけてくれたのだそう。
妊婦さん!!!! ほんとにありがとうございます!!!! 大荷物の男性!!!! ほんとにありがとうございますーーーー!!!!!
ご自身も大変な状況のなか、他の人のことを気づかってあげられるって本当にステキですよね。 きっとその優しい気持ちは、かざりさんのお子さんにも伝わっていくのでしょう☆

「大変な人」に気づくのは“大変な人”??

出典:www.photo-ac.com
多くの荷物を抱えた人や大切な命をお腹に抱える妊婦さんだからこそ「自由に動けない大変さ」を知っていて、手を貸してくれようとするのかもしれません。 できれば見た感じ“身軽そう”な人が助けてくれたら嬉しいな~……とか少し思っちゃいますが、もしかするとその人にもいろんな事情があるのかもね……?( ˘ω˘ ) 100人いれば100通りの抱えているものや状況があります。 もちろん世の中が優しい、ステキな人ばかりになれば素晴らしいのですが、まずはワンオペママでも大変な思いをすることなく自由に移動できる環境が整うとありがたいなー! 育児中のママ・パパに、負担の少ない世の中になってほしいですね~!

かざりさん/Twitter

yes

かざりび / かざりさんのブログ

かざりび / かざりさんのブログ

育児や生活に関する、知っておきたいオトクなライフハック情報が満載♪