産後の髪型に迷ったら、オススメは断然「ショート」! その理由は? - Up to you!

産後の髪型に迷ったら、オススメは断然「ショート」! その理由は?

産後の髪型に迷ったら、オススメは断然「ショート」! その理由は?
参照 : www.flickr.com
赤ちゃんが生まれたら、しばらくはお世話にかかりきりだろうし…今のうちに美容室へ、と思い立つ妊婦さんは多いですよね。産後の髪型はもう決めてますか?もし迷っていたら、参考にしてみてください!
産後の髪型に迷ったら、オススメは断然「ショート」! その理由は?
参照 : www.flickr.com
思い起こせば妊娠後期、筆者もこの方と同じように悩んでいました。 元々ボブ〜セミロングあたりを行ったり来たりしていたこともあり、いきなり短くしすぎるのもどうかな?とか。 寝癖を直すのも大変だし、結べるくらいの方が実際は楽なのでは?とか。 結局『慣れた髪型が一番!』と、肩くらいまでの長さに整えてもらったのですが。 産後の生活が始まってすぐに、その決断を心底後悔したのでした…

ドライヤーの時間さえも惜しい!

出典:www.flickr.com
寝癖なんて気にしている場合ではありませんでした。 産褥期といわれる約1ヶ月間は、そもそも身なりを整えて人前へ出る機会など無いようなもの。 抱っこして、オムツを交換して、2時間おきに授乳して… とにかくやることが多過ぎて、要領の悪い筆者はろくに睡眠もとれず、あっという間にフラフラになりました。 そうして、赤ちゃんが寝ている隙にそそくさシャワーを浴び、朦朧とドライヤーをかけている時に思ったのです。 「こんなことしてる隙があったら眠りたい」と。 また、赤ちゃんが泣いてドライヤーを中断…ということも立て続けに起こり、濡れ髪のまま授乳や寝かしつけをしながら、こうも思いました。 「こんなことを続けていたら風邪を引く」と。 たかが髪型、されど髪型。 毎日のことなのでちょっとした手間でも地味に疲弊するのです。 そうこうするうち、さらに新たな問題が起こりました。

産後の宿命、恐怖の抜け毛

出典:www.flickr.com
そう。抜け毛です。 これももちろん個人差がありますが、筆者はごっそり抜けました。 ただでさえ細毛の猫っ毛で、ボリュームが無いのを気にしていたというのに、容赦なくジャンジャン抜けました。 シャンプーしていて指に絡む毛の量は、感覚的に普段の倍。 みるみるペタンコになっていく毛髪。そうなるともう、気持ちまでべこべこに凹みます。 そんなわけで結局、里帰り出産を終える前に美容室へ行かせてもらって、バッサリ切ってもらったのでした。

「洗ってすぐ乾く」のが想像以上に助かる!

ショートカットが楽なのは、とにかくあっという間に乾くところ。 洗うのも早いので、総合的にかなりの時間短縮になりました。 また、抜け毛に打ちひしがれていた筆者にとっては、家の中に落ちている毛髪が短い(=目立ちにくい)ことで精神的ダメージも軽減されました。
以上、個人的なお話でした(笑) ここからは「ショートにして正解だった!」というママたちの声を紹介させていただきます。
抜け毛が気になったというママは、やはり多いみたいです。 慣れない髪型には不安な面もあるけれど、思い切ったイメージチェンジは気持ちもリフレッュされて良いかもしれません。 ……最後に、これまた個人差の大きなお話ですが、ショートカットのデメリットについても触れておきますね。

…性別があやふやに?

人生初のベリーショートにしてもらった筆者。 子育てにも慣れてきて、抜け毛も落ち着きはじめ、快適な日々を送っていましたが… ある日ふと、息子と一緒に撮ってもらった写真を見て愕然としました。 可愛らしい赤ちゃんとは対照的な、みすぼらしい小男…これは一体誰なの……私だった…と。 特別男顔というわけではないはず、なのですが(笑)ほぼ寝起きの頭で、化粧もせず、限りなくパジャマに近い授乳服を纏った姿は、我ながら小さいおっさんのようで… 「こんな姿でフラフラしていたら流石に息子が可哀想だな」と、それ以来、外出時には最低限の薄化粧を施すように悔い改めたのでした。
出典:www.flickr.com
いかがでしたか? 産後の状況は人それぞれですし、好みもありますので、髪型でもなんでも「これが正解」と言い切れるものではありません。 ただ、実体験に加えて冷静に見渡してみると、身の回りにショートカットのママが多いのは紛れもない事実(笑) もし迷っているのなら、思い切って短くしてみるのも良いかもしれませんよ!