“「立派な親」の定義がもし1つだけあるなら…” 親として大切なことについてのあるツイートが話題に - Up to you!

“「立派な親」の定義がもし1つだけあるなら…” 親として大切なことについてのあるツイートが話題に

“「立派な親」の定義がもし1つだけあるなら…” 親として大切なことについてのあるツイートが話題に
参照 : www.pexels.com
自分の悪かったところを認め、謝る。そんな行動は、実は簡単なようでとても難しいことです。 特に、自分の手で育ててきた我が子に対してなら、なおさら。 でも大切な時にきちんと謝ることができなければ、子どもが一生の「呪い」を背負ってしまう場合も… 大切な我が子だからこそ、きちんと向き合うことが大事です。
“「立派な親」の定義がもし1つだけあるなら…” 親として大切なことについてのあるツイートが話題に
参照 : www.pexels.com

親の思考と子の思考は、別モノ

小さな子どもにとって、親は人生の全て、世界の全てです。 しかし大きくなるにつれ、どんどん外の世界を知り、自分の考えや意見を持ち始めます。 自分が育てた我が子も、違う思考・違う感覚を持った、次世代を生きる1人の人間。 親がずっとコントロールしてあげればよい訳では決してなく、親が間違ったことをしたなら、きちんと謝ることが大切なんです。 「umeda temaki(@temackee)」さんのツイートは、“親として大事なこと”を考えさせられるものでした。
親としての大人だけでなく、社会の中でもよく見る「責任を他人のせいにする」オトナ。 「あなたがちゃんとやらなかったからでしょう?」 「○○のせいで今こうなっている」 自分の事をよく見ずに簡単に人のせいにしてしまう大人たち。 そんな大人に育てられた子どもは、「自分が悪かったんだ」「なんでもっとうまくやれないんだろう、ダメな奴だ」なんて常に自分を責める癖がついてしまいます。
出典:www.pexels.com

まずは「親自身」が自分を見直してみて

忙しくてしんどくて、イライラしてしまいがちな育児期。 ついつい子どもを必要以上に叱ってしまうこと、ありませんか? そんな時は、ママ自身が後悔や反省をすることはもちろん、きちんと子どもに「言葉と態度」で伝えてあげることが大切です。 「ごめん、ママちょっとイライラしてて、言い過ぎちゃったね。優しく言えば分かる事だったよね、ごめんね」 できれば優しくハグも。 やりすぎてしまった事、悪かったと思った事も、すぐにフォローしてあげることができれば誤解も生まれにくいもの。 「子どものせいで…」「夫のせいで…」「妻のせいで…」と感じた時は、まずは自分自身に改善できるところがないか見直してみて。 関係が壊れてしまう前に、心が壊れてしまう前に。 後悔しない人生を、前向きに歩いていきましょう。

「umeda temaki (@temackee)」さん ツイッターアカウント

フォローはこちらから