天国と地獄…!?男衆と女衆の『お盆の集まり』の過ごしはこんなにも違っていた【嫁あるある】 - Up to you!

天国と地獄…!?男衆と女衆の『お盆の集まり』の過ごしはこんなにも違っていた【嫁あるある】

天国と地獄…!?男衆と女衆の『お盆の集まり』の過ごしはこんなにも違っていた【嫁あるある】
参照 : aneko-ikuji.blog.jp
お盆には実家or義実家に、親戚が大集合する…という方も多いと思います。 涼しい部屋で、久々に会う親戚たちと楽しくお酒を交わす男性陣。そのかたわらで女性陣はというと…
天国と地獄…!?男衆と女衆の『お盆の集まり』の過ごしはこんなにも違っていた【嫁あるある】
参照 : aneko-ikuji.blog.jp
みなさん、お盆休みはどのように過ごされましたか? 田舎には帰省されましたか? このお盆の帰省でよく問題になるのが『親戚の集まりあるある』。久々に会った親戚たちと子どもの成長や近況なんかを楽しく報告しあう宴会のかたわら、台所ではこんなことが起こっているようです…

天国と地獄…!?男衆と女衆の『お盆の集まり』の過ごし方

出典:aneko-ikuji.blog.jp
…(笑) ただでさえ、あつい夏の台所。 女性陣が密集して、料理を作ったり運んだり(しかも天ぷら!)しているので、もはやそこはサウナ級のあつさになっているのではないでしょうか(笑) 一方、その頃男性陣はクーラーの効いた涼しい部屋でご馳走を前に楽しそう… ええ、ええ。涼しい部屋でキンキンに冷えたビールを飲みながら食べる揚げたての天ぷらは、さぞかし美味しことでしょう。 う、羨ましい…。
こちらのマンガの作者は、人気ブログ『いっちょまえ姉妹を育てています』の作者で、エッセイ『正直 余裕はありません。 いっぱいいっぱいだけど2人育児楽しんでます 』の著者である、あね子さん。 因みにこちらは昨年のお盆の様子だそう。 最後の『盆休みとは―!?』という、実に様々な感情が含まれた問いかけに、思わず笑ってしまいますよね(笑)
出典:www.flickr.com
この状況、結構な“あるある”のようで、ネットでは『お盆は義実家に行きたくない…』『今年は仕事が入った…やったー!』なんて声もちらほら見かけたりします。 今年も、日本各地の台所で『盆休みとは―!?』と叫んだ女性も多かったのかもしれません。

しかしながら…

けれどもこの『お盆の集まり』、時代と共に変わってきているようでもあります。 昨年は、灼熱の台所で天ぷらを揚げていたあね子さんも、今年はこんな風に過ごされたそう。
出典:aneko-ikuji.blog.jp

マンガの続きはコチラ

マンガの続きはコチラ

インスタ始めました。どーも、あね子です。先日ダンナの田舎から帰ってきましたよ!(大量の洗濯物でしばらくブログできず)昨年はこんな感じでしたが。今年は全然働かなかったー!みんなで集まった日はBBQでして。お父さん、お婿さんが焼いた肉を部屋の中で食べるだけでした

イイ!素晴らしい! お盆の集まりも時代と共に変わってきているのでしょうか? なんてステキなお盆休みなんでしょう…♡ おじいちゃんたちも、孫に喜ばれて、内心嬉しかったかもしれませんね! 続きには、お子さんたちも成長されて、昨年ほど見るのに手がかからなくなり、嬉しいながらちょっぴり寂しい気持ちも描かれています。。
出典:www.flickr.com
確かに、まだまだ男衆と女衆の『お盆の集まり』の過ごし方が全然違う!という家族や地域も多いかもしれません。そのことを気に病んで、『行きたくない』『気が重い』と構えている女性もたくさんいると思います。 ただ、もしかしたら『女性ばかりが働かなくてはいけない』『完璧にもてなさなければならない』と思い込んで身構えているのは、むしろ女性の方なのかもしれないな…と感じることもあります。 思い切って『今年はバーベキューにしませんか?』『お寿司とっちゃいませんか?』『全部コストコで買っちゃいませんか』(←これはさすがにハードル高いかしら?)、と提案したら、案外男性陣はあっさりOKしてくれるかもしれません。そしてその一言で、女性陣のヒーローになれるかもしれませんよ…(笑)

いっちょまえ姉妹を育てています

いっちょまえ姉妹を育てています

あね子さんのその他の作品はこちらから!

出典:amzn.to

正直 余裕はありません。 いっぱいいっぱいだけど2人育児楽しんでます

あね子さんのエッセイのご購入はコチラから