出産という出来事を、パパの目線で。「おとうさんがおとうさんになった日」 - Up to you!

出産という出来事を、パパの目線で。「おとうさんがおとうさんになった日」

出産という出来事を、パパの目線で。「おとうさんがおとうさんになった日」
参照 : www.amazon.co.jp
ママは赤ちゃんが生まれた瞬間、気持ち的にも役割的にも”おかあさん”になります。 ではパパが”おとうさん”になったのはいつ、どんな時? ママとは対照的に、あまりはっきりとした線引きのない「おとうさんになった実感」や、パパの目線で語られる「出産」のこと。 ママとはまた違う感じ方に、新鮮な気持ちを味わえる一冊です。
出産という出来事を、パパの目線で。「おとうさんがおとうさんになった日」
参照 : www.amazon.co.jp

新しい家族が増える瞬間。いろんな経験をして「おとうさん」になっていく

女性は妊娠すると、体の変化と共に気持ちも変化していきます。そして、自分の体から新しい命を直接生み出す事で「母になった」という実感を得ることができます。 でも男性はそんな女性のそばで、いつもと同じような日常を過ごすのが一般的。 体の変化や直接授乳することもないので、「父になった」という実感は急には生まれにくいもの。 そんな男性の立場で、どんな風に”お父さん”になっていくのか、どんな時に”お父さん”になったと感じるのか。 普段あまり耳にする事のない「おとうさんになった日」を、パパが優しく語りながら新しい家族を迎える日のお話です。
出典:www.amazon.co.jp
三人目の子どもの出産を前に、休暇に入ったパパ。 「おとうさんとおかあさんは、決心したんだ。家族みんなで一緒に赤ちゃんを迎えるんだ。この家でね。」 そう決めたパパとママは、子ども達と一緒に赤ちゃんが生まれるのを待ちます。
出典:www.amazon.co.jp
家族でゆったりと過ごしているとき、ふと子どもがパパに問いかけます。 「おとうさんはいつ、おとうさんになったの?どうしておとうさんになったって分かったの?」 その質問に対して、パパはゆっくりと思い出しながら、語り始めます。

「お母さん」とは少し違う、「お父さん」の心の変化

必至で赤ちゃんを産むママの姿。そんなママを、パパは「まぶしかった」と言います。 産まれてすぐの赤ちゃんを「お父さん、抱っこしてください」と言われて抱っこする時、ふるえた事。 いつもの景色が、輝いて見えた事。 お父さんにそっくりと言われて、くすぐったかった事。 赤ちゃんがもたらしてくれるいろんな変化が、パパを「お父さん」に変えていったのかもしれません。

家族で見つめる、新しい命の誕生

出典:pixabay.com
そして、ついに迎える新しい命の誕生。 パパとママと子ども達をはじめ、助産師さんやおばあちゃん、みんなで迎える新しい家族。 新しい命が生まれる瞬間をその場で感じる事で、お父さんはもっとお父さんに、お兄ちゃんはもっとお兄ちゃんに、妹はお姉ちゃんに。 しっかりと新しい役割を心に感じていきます。 「あかちゃんがいると、嬉しい。」 「うまれるって、すごいね。」 「あかちゃんって、すごいね。」 「おかあさん、ありがとう。」 そんな気持ちで新しい家族を迎えられたら、きっと素晴らしい家族の絆が生まれるのではないでしょうか。 ママではなく、パパや子どもの目線で描かれる出産・新しい家族の誕生。 ぜひ家族で読んで、いろんな気持ちを話し合ってみてくださいね。

「おとうさんがおとうさんになった日」 Amazon

ご購入はコチラ

【関連記事】我が子と一緒に感じたい、あの日の思い出。「おかあさんがおかあさんになった日」

【関連記事】我が子と一緒に感じたい、あの日の思い出。「おかあさんがおかあさんになった日」

長い月日を経て、やっと会える我が子。 初めての出産の日が近づくと、不安でソワソワしてドキドキして、本当に落ち着かない。 そしてついに出産の時。 初めてこの手に抱いた我が子は、本当に可愛くて愛しい宝物でした。 赤ちゃんが生まれたその日の事を、本当にリアルに描いた優しいお話です。