超ホッコリ♥惚気て惚気て惚気まくれる「嫁自慢 俺の嫁が可愛い」サイトがアツイ! - Up to you!

超ホッコリ♥惚気て惚気て惚気まくれる「嫁自慢 俺の嫁が可愛い」サイトがアツイ!

超ホッコリ♥惚気て惚気て惚気まくれる「嫁自慢 俺の嫁が可愛い」サイトがアツイ!
参照 : stocksnap.io
夫への不満をつづる「旦那デスノート」が話題になりましたが、その対抗馬として「嫁自慢 俺の嫁が可愛い」サイトがオープンし、反響を呼んでいます。デスノートは怖くて読めませんが、こちらならホッコリすること間違いなし。
超ホッコリ♥惚気て惚気て惚気まくれる「嫁自慢 俺の嫁が可愛い」サイトがアツイ!
参照 : stocksnap.io

★「嫁自慢 俺の嫁が可愛い」サイトがオープン!

こんなことってあるでしょうか・・・。ただひたすら「嫁自慢」「ノロケ」を書き込むサイト、「嫁自慢 俺の嫁が可愛い」がオープンしました。開設したのはとあるtwitterユーザーのコンチさん。きっかけは、少し前に話題となった「旦那デスノート」のようです。

俺の嫁が可愛い

俺の嫁が可愛い

旦那諸君!普段は言えない自慢の嫁をここで語ってくれ!

なんと、ご本人はお嫁さんがいらっしゃらないとは(笑)。「旦那デスノート」の持つ”負”の吸引力に疑問を抱いたコンチさん。周囲の仲のよい夫婦の姿などを見て、この「嫁自慢 俺の嫁が可愛い」サイトの開設を思いついたそうです。

「俺の嫁が可愛い」について このサイトは大好きな奥さん、彼女さんの自慢や日々の感謝を共有するサイトです。

出典:oreno-yome.com
出典:stocksnap.io
そう、サイトの目的は、普段は言えない大好きな奥さんや彼女さんの自慢や日々の感謝をみんなで共有するため。確かに日本人は文化として、直接「大好き」「愛してる」「ありがとう」と言うのは苦手ですし、照れちゃいますよね。文字にしてなら伝えらる、そんなところでしょうか?読みながら、「そうそう。うちの嫁にも伝えないとな…」と自分自身を振り返るきっかけにもなりそうです。

★さてさて、旦那さんたちは何を書きこんでいるのかな?

こうなってくると、なにが書かれているか気になってきますよね。ちょっと見てみましょう!
出典:stocksnap.io

鶏肉焼いたら。とても 料理上手とは言えない妻。鶏肉焼いても 大概 生です。でも 君の愛情に家族はいつも包まれています。ありがとう ずっと愛してます。

出典:oreno-yome.com
鶏肉生でも許されてる!!

銀婚式プラス一年の新婚。確か交際九年、結婚して二十六年経ったと思う。互いに体重20kg以上太った。ケンカもよくする。晩御飯食べずにバカみたいに酒の飲む。朝は起こさないと起きない。イビキ五月蝿い、偶に歯ぎしりも。休みの日は小学生にバレーボールのコーチで家に居ない。けどね、なぜだか好きなんだよね。25♂23♂21♀の子供3人に恵まれて幸せなんだよね。身体のことで心配かけて申し訳ないけど、感謝しているんだよね。私の中では 新婚だと思っているんだよね。

出典:oreno-yome.com
26年たっても新婚!感謝が伝わってきますねぇ。
出典:stocksnap.io

いつもの嫁。朝が弱い。俺が仕事に行く時必ずと行っていいほど寝ている嫁。いってきます。一声かけると寝ぼけながらのいってらっふぁ〜〜い。ってさ。結婚して13年やっぱりウチの嫁は可愛いのー。

出典:oreno-yome.com
寝てても許されてる!!いやぁ、みなさん。旦那さん、思った以上に嫁を愛してますよ(笑)。もしかして、旦那さんからの愛、うまく受け取れてないだけかも?!
Twitter上でも話題になっています。
ホントに。日本もまだまだ捨てたもんじゃない!おおむねポジティブな評価が多いようですね。どちらかというと「自慢する」ことや「パートナーを褒める」ことは、文化的に受け入れられにくい雰囲気のある日本(グチや悪口は取り上げられやすいけど…)。ですが、結婚においてポジティブ・ネガティブ両側の側面を発信する場があっていいはず!いや、そうあってほしい!!

★続いて「うちの旦那が素敵」サイトもオープン

出典:stocksnap.io
そして、読者からの要望が多かったらしく、奥さん側から旦那さんをノロケる姉妹サイトもオープン!
こちらはまだ「俺の嫁が可愛い」に比べて書き込みが少ないそうです。こりゃー旦那たちに負けてられん!みんなで書き込んでいきましょー!!
出典:stocksnap.io
いかがでしたか?自分はデスノートと嫁自慢・夫自慢、どちらに書き込みたくなったでしょうか?私はどちらに書き込んでもいいと思います。結婚・家族にもいろいろな側面があり、大切なのはそのときの自分の気持ち・状態に気づくこと。今は「嫁自慢・夫自慢」を書けない、というのであれば、そんな自分を受け入れてあげましょう。まずは自分を癒すところから…。やがて感謝や愛が浮かんできたときに、動き出せばいいということだと思います。
すでに「嫁自慢・夫自慢」に書き込みたくなってうずうずしている人たちは・・・今すぐ書いちゃいましょう!そして、サイトに書き込むだけでなく、直接伝えることもお忘れなく!!西野カナいわく「手紙が一番うれしいものよ~♪」だそうですよ。ぜひ気軽に伝えていきましょう。