“生みの親”VS“育ての親”…!?注目ドラマ「母になる」から目が離せない!! - Up to you!

“生みの親”VS“育ての親”…!?注目ドラマ「母になる」から目が離せない!!

“生みの親”VS“育ての親”…!?注目ドラマ「母になる」から目が離せない!!
参照 : photopin.com
4月から日本テレビ系列(水曜22時)で始まった、ドラマ「母になる」。主人公夫妻の3歳の息子が行方不明になり、それをきっかけに主人公夫妻や、それに関わる人々の人生が変わっていくというストーリーです。 それぞれの登場人物が、大切な人のために自分の心や気持ちと葛藤していく姿に、あなたもきっと涙がこぼれてしまうはず。
“生みの親”VS“育ての親”…!?注目ドラマ「母になる」から目が離せない!!
参照 : photopin.com

「母になる」これまでのあらすじ

主人公・結衣(沢尻エリカ)と夫・陽一(藤木直人)の間に息子・広(幼少期:吉武歓)が生まれ、幸せに暮らしていた3人。 しかし、結衣が少し目を離した隙に広は行方不明になってしまいます。そのころ世間では「誘拐事件」が頻発。そんな中、広のパーカーが川で見つかり、絶望する夫婦は離婚してしまうのです。 それから9年、一人で暮らす結衣のもとに、広が生きているとの情報が。児童養護施設で再会した広(少年期:道枝駿祐)。13歳になった彼は大きく成長していました。再び広と元夫・陽一と一緒に暮らすことを決めた結衣。そんな中、広が母と慕う育ての親・麻子(小池栄子)の存在が明らかになり…。

ドラマに出てくる麻子(小池栄子)の手紙が怖すぎると話題に…

第二話までで、最大の話題になったのは小池栄子演じる麻子の狂気じみた手紙。 実は麻子、アパートの隣の部屋で一人泣いていた幼少期の広を偶然見つけ、養護施設に預けるまでの7年間、親子のように一緒に過ごしていたのですが、そんな麻子が広に送った手紙がヤバいんです。 その手紙に書かれていたのは、なんと『お母さんと名乗る知らないおばさんが現れたときの心得』でした。

一つ、ママはママじゃなくなる時が来ます。
一つ、その時はちゃんとご挨拶するのよ。「お母さん、会いたかった」って。できたら涙ぐんだりするのもいいかもしれない。

出典:

一つ、相手はいきなり抱きしめてくるかもしれない。嫌がらずにじっとしていること。

出典:

「お母さん、お母さん」って甘えた感じで何度も言ってあげるといいと思います。

出典:

何を出されても、おいしいと言って食べなさい。こんなおいしいもの初めて食べたと言って喜びなさい。

出典:
イヤーー!!!怖い!! 麻子の執念に背筋が凍りますね。この場面に対し視聴者からは、『狂気じみている』『心がえぐられる』『声だけしか出てこないのに存在感が半端ない』との戦慄の声が集まりました。 さてさて、4月26日に放送された、第三話は一体どうだったんでしょうか?

第三話・全ての登場人物から感じられる愛情。それぞれの思いに胸が熱くなる

すんなりと生活に馴染み始めたように見えた、結衣・陽一と広。 しかし、それには広が2年前に、育ての母・麻子(から受け取った手紙の存在がありました。 手紙の内容や広の気持ち、全てを受け止めた結衣は、「お互いに嘘はやめよう」と広に話し、気持ちを整理します。 そんな中、広の育ての母、麻子が結衣の元を訪れます。 麻子から過去の話を聞きますが、謎は多いまま。 広は麻子を追いかけますが、麻子は広との連絡を絶とうと決めて…。

第三話の感想は?Twitterでの反応

「字幕」ならではの違いを見つけた人も!

そっか…幼児だった広に、名前自体は聞けても名前の漢字までは聞けないから、育ての親である麻子は、名前の漢字まではわからないんだ…。

愛情とは何か、親子とは何か。性別問わず、全ての人にとって大切なテーマです

子育て中の方はもちろん、これから親になる方、子育てを終えた方、今は子どもを持つ予定の無い方。 ドラマ「母になる」を見ることにより、自分の子どもとの関わり方や自分の親との関わり方などについて、改めてじっくり考えてみる良い機会になるのではないでしょうか。 第四話は、上手くいくかのように思えた新生活に暗雲が立ち込めます。 本当の親子でも、やはり長期間の溝はすぐには埋まらないよう。 そんな状況で、結衣(沢尻)がどう動くのか…。 次回をお楽しみに!

水曜ドラマ『母になる』公式ホームページ (日本テレビ)

水曜ドラマ『母になる』公式ホームページ (日本テレビ)

日本テレビ「母になる」公式サイトです