「いとこ(従兄弟・従姉妹)」の子どもはなんと呼ぶ?むずかしい親戚の呼び名をご紹介!

「いとこ(従兄弟・従姉妹)」の子どもはなんと呼ぶ?むずかしい親戚の呼び名をご紹介!
参照 : www.photo-ac.com
自分や夫の父親・母親の兄弟の子どもである「いとこ」。そういった親戚がいる場合、お互いの呼び名や呼称に悩みますね。日本独自の親戚の呼び名は覚えるのも読み方も難しいもの。いとこの子どもはなんと呼ぶ?いとこの子どもってそもそも親族なの?そんな疑問にお答えします。
「いとこ(従兄弟・従姉妹)」の子どもはなんと呼ぶ?むずかしい親戚の呼び名をご紹介!
参照 : www.photo-ac.com

従兄弟・従姉妹~「いとこ」とは?関係性について知ろう!

出典:www.photo-ac.com
普段の生活の中では「いとこの子ども」と呼ぶことはなく「〇〇ちゃんの子ども」や「●●ちゃん」とダイレクトに名前で読んだり会話にしたりするでしょう。親戚としての呼び名を知らなくても困ることはありません。 ですが結婚式の席順表や葬儀などで紹介するとき、公的に改まった席などでは続柄を問われることがあります。 いざという時のために、知っておいても損はありませんね。 そもそも「いとこ」とはどんな関係性の親戚を言うのでしょうか。 「いとこ」とは、自分の両親の兄弟の子どものことを言います。 ・年上の男性のいとこ「従兄」じゅうけい ・年下の男性のいとこ「従弟」じゅうてい ・年上の女性のいとこ「従姉」じゅうし ・年下の女性のいとこ「従妹」じゅうまい という厳密な呼び方も存在します。

いとこの子どもは「いとこおい・いとこめい」

出典:www.photo-ac.com
では、そのいとこ達の「こども」は何と呼ぶのでしょうか。 一般的に、 男性「従甥(じゅうせい)」または「いとこおい」 女性なら「従姪(じゅうてつ)」または、「いとこめい」 と呼びます。 いとこおい・いとこめいの方が親しみやすく、覚えやすいですね!

いとこの子どもから見た「自分」はなんと呼ぶ?

出典:www.photo-ac.com
それでは「いとこおい・いとこめい」から見た自分のことは、何と呼ぶのでしょう。 日常的には「〇〇ちゃん」「お兄ちゃん・お姉ちゃん」「〇〇のおじさん・おばさん」などと呼ぶことでしょう。 続柄として呼ぶ場合は、自分が男性であれば「従兄弟違」、女性であれば「従姉妹違」と書き、「いとこちがい」と読みます。 または、男性であれば「従兄弟伯父(いとこおじ)」、女性であれば「従姉妹伯母(いとこおば)」と呼ぶこともあるでしょう。 公の場所で続柄名称が必要な場合は、このように表現するので覚えておくとよいのかもしれません。

家系図を書いてみるのも楽しい!

出典:www.photo-ac.com
普段は滅多に使わない親戚の続柄。 知っておけばいざという時に使える日が来るかもしれません。 親戚のあの子は誰の子ども?自分にとってどのような存在で、どんな続柄になるのかな?と疑問に思った時は家系図を書いてみるのも楽しいですね。この家系図もいざというときの連絡などに使えるものです。 時間のあるときにぜひ作ってみませんか。自分やわが子のルーツがわかって楽しいかもしれません。

月額2,980円で24時間通い放題!ちょこざっぷが女性におすすめな理由(税込3,278円)

最近お腹周りのお肉が気になってきていませんか?運動を始めたいと思ってもなかなか長続きしないものですよね。そんなあなたに、お手頃価格で気軽に運動を楽しめるchocoZAP(ちょこざっぷ)がおすすめです。

月額2,980円(税込3,278円)で24時間365日いつでも利用できるちょこざっぷは、特に女性におすすめできるポイントがたくさんあります!

ポイント①エステ・脱毛マシンが使い放題!

なんといっても女性に魅力的なポイントは、運動マシンだけではなく、美容マシンが追加料金なしで利用できることではないでしょうか。運動目的ではなく、美容目的で利用する方もいるほどです。

エステはボディケア、フェイスケア。脱毛は腕や脚、脇やお尻への利用が基本です。(VIO、顔への使用は不可)使い方もポップや専用アプリで教えてくれて安心。個室で人の目を気にせず何度でも施術できるのも魅力ですね♪

ポイント②手ぶら・着替えなしでOK

「コンビニジム」と謳っているほど、いつでも気楽に立ち寄れるコンセプトのジムです。もちろんしっかり準備をしてじっくりトレーニングすることもできますが、普段着のままで立ち寄り、少し運動をして帰るというスタイルの利用も推奨されているので「運動ウェアを用意してタオル、着替えを入れる袋と化粧ポーチ…」とあれこれ用意する必要がありません。

ポイント③経済的かついつでもやめられる

月額2,980円(税込3,278円)で経済的な点も女性には嬉しいポイントではないでしょうか。一般的なジムやセルフエステ、脱毛に通うことを考えれば非常に低価格で始めることができます。もし自身に合わなかったとしても解約はアプリで簡単に行うことができ、解約金も不要。(日割り返金はなし)スタッフに引き止められて気まずい思いをすることもありません。

ちょこっと運動できれいを手に入れよう!

低価格で便利にジムが利用できるだけでなく、エステや脱毛などもフォローされたちょこざっぷは魅力いっぱいです。思い立ったが吉日!ぜひこの機会にちょこざっぷで運動習慣を始めてみませんか?