今しかできない!妊娠中、出産前に「これだけはやっておいてよかった5つのこと」

今しかできない!妊娠中、出産前に「これだけはやっておいてよかった5つのこと」
赤ちゃんがおなかにいる幸せな妊娠期間。目まぐるしくすぎる出産後の生活に備えて、筆者が実際に経験した&友達に聞き取りした、妊娠期間中にやってよかった!ということをまとめました。
今しかできない!妊娠中、出産前に「これだけはやっておいてよかった5つのこと」

目次

赤ちゃんを迎える環境を整える  ・お部屋の動線見直し、片付け  ・家事、掃除の時短に役立つ家電の購入  ・育児用品の購入、下見  ・サポート体制、宅配サービス、行政支援などを調べておく  ・パパに頼むことをリストアップ&マニュアル作成  ・育児本を読む/パパにも読んでもらう 出産、育児を元気に乗り切るための体づくり  ・栄養バランスを考えた健康的な食生活を身につける  ・体を温めて、冷えを取り去る!  ・安産に向けた運動/ウォーキング、ヨガ、スクワット  ・骨盤を整えて腰痛予防&居心地のいい子宮に!  ・フランスでは常識!ペリネのケア  ・妊娠線ケア、おっぱいマッサージと会陰マッサージ お金、手続き、仕事関係はもれなく準備!  ・諸手続きの締め切りをリスト化  ・保険の見直し  ・産休、仕事復帰に向けて準備&スキルアップ  ・保育園を見学、他のサポート体制を調べる&登録する  ・内祝いの品の下見 陣痛〜出産の準備  ・出産準備品、入院準備品のリストアップ&購入  ・陣痛〜出産のシミュレーション  ・里帰り出産の準備 幸せなマタニティ期をめいっぱい楽しむ!  ・おなかの赤ちゃんに話しかける  ・写真やビデオ、日記で思い出を記録しておく  ・赤ちゃんがいない今だからできる!レストランや映画、美容室などに思う存分行っておく 関連記事

1.赤ちゃんを迎える環境を整える

◯お部屋の動線見直し、片付け

赤ちゃんが生まれてからはなかなか大掛かりな模様替え、片付けが難しくなります。赤ちゃんが生まれてからのスムーズな動線をシミュレーションしてみて、お部屋の配置換えや大掛かりな片付けをするなら妊娠期間中がおすすめです。赤ちゃんにとって危なくないか?というしてんもお忘れなく!

◯家事、掃除の時短に役立つ家電の購入

食洗機や乾燥機付きドラム式洗濯機、ロボット掃除機などの時短家電は育児中の強い味方です。導入を検討しているなら今のうちに設置を!

○育児用品の購入、下見

育児用品は使わなかったりする場合もあるので、授乳クッションや新生児期のお洋服など、すぐに必要になるもののみを購入、あとは下見だけしておいて、実際に時期が来たら購入するのがおすすめです。

○サポート体制、宅配サービス、行政支援などを調べておく

産後は無理せずママの体を休めることが何より大切。身内のサポート体制が得られない場合、産後ケア施設や産後ドゥーラさん、行政の支援など下調べしおくと安心です。食材などの宅配サービスもすぐ使えるように登録を!

○パパに頼むことをリストアップ&マニュアル作成

手伝いたくてもどう助けたらいいかわからない、というパパも多いもの。あらかじめ分担してほしい家事をリストアップし、手順をまとめておくとディスコミュニケーションがなくなりイライラせずにすみます。お母さんやヘルパーさんなどにお手伝いをお願いするときにも役立ちますよ。

○育児本を読む/パパにも読んでもらう

第一子の赤ちゃんの場合、赤ちゃんがいる生活がどんなものなのか具体的にイメージしづらいもの。特にパパはママよりもっと難しいはずなので、パパにも一緒に読んでもらいましょう!

妻の妊娠を知る前からこの本を読んでいてよかったと本当に思っている。世の夫婦が子どもを作ろうと思ったら、もしくは妊娠がわかった直後でも、すべからく一読しておくことをマジでおすすめしたい(読めばケンカが減ると思う…)。

出典:www.vogue.co.jp

『きみは赤ちゃん』 川上未映子 (文藝春秋)

親になったら一度は読みたい!おすすめ『子育て本・育児書』5選

親になったら一度は読みたい!おすすめ『子育て本・育児書』5選

おすすめ育児本はこちら

2.出産、育児を元気に乗り切るための体づくり

○栄養バランスを考えた健康的な食生活を身につける

妊娠中&授乳期はママの食べたものがそのまま赤ちゃんの栄養になるので、今まで食生活にあまり気を遣っていなかった・・・という人もしっかり栄養を考えた食事を摂りたいもの。特に妊娠中、産後に不足しがちな鉄分、葉酸、カルシウムなどをしっかり摂り、体をいたわってあげましょう。
出典:www.flickr.com

薬膳・漢方の母子健康帳

中医学の視点で、妊婦が気をつけるべき食べ物や生活習慣がわかりやすく書かれています。

安産ごはん160

助産院×カフェで生まれた人気の安産メニューがたくさん紹介されています。

◯体を温めて、冷えを取り去る!

妊娠中はおなかに血流が集まったり、ホルモンの関係で特に冷えやすい時期。でも冷えは赤ちゃんにも居心地が悪く、妊娠中のトラブルや逆子、難産を招くと言われています。特に足首や足の甲は一年を通して冷やさないように服装や冷房、食事などにも気をつけておきたいです。

◯安産に向けた運動/ウォーキング、ヨガ、スクワット

筆者の通う産院では、切迫早産兆候がなければ、安産になるように有酸素運動を推奨されます。マタニティヨガ、マタニティスイミングなどの教室に通うとママ友もできるし、夫婦2人で手を繋いでのお散歩もいい思い出になりますよ。

○骨盤を整えて腰痛予防&居心地のいい子宮に!

妊娠直後から赤ちゃんを産む準備のため、骨盤の関節をつないでいる靭帯は緩み始めますが、現代の妊婦さんは足腰、骨盤周辺の筋肉、靭帯が弱くなっていて、妊娠すると骨盤がゆるみ過ぎてしまい、腰痛などのマイナートラブルに繋がるのだそう。また、骨盤が歪んでいると、分娩時に赤ちゃんの頭がひっかかって回れなくなり、お産の進行が思うように進まなくなるのだとか。おなかの中でも赤ちゃんが居心地よく、出産時にもスムーズに行くように妊娠中の骨盤ケアはオススメです。

○フランスでは常識!ペリネのケア

骨盤底筋群や会陰部は、子宮や膀胱、直腸などを支えている女性にとってはとても大切な部分!うまく機能しないと、尿漏れや子宮脱、便秘、下腹ポッコリになってしまいます。ケアやエクササイズで、しっかり保護してあげましょう。

○妊娠線ケア、おっぱいマッサージと会陰マッサージ

妊娠線は出来れば最小限に抑えたいですよね。さらに産後の母乳育児をスムーズにするためのおっぱいマッサージ、会陰切開を最小限に抑えるための会陰マッサージまでしておけば万全。筆者がやってよかったと本当に思うことの一つです。

妊娠線の正しい予防法

妊娠線の正しい予防法

妊娠線の予防のためのマッサージ方法など詳しく書かれています。

助産師が教える!乳頭・乳輪部マッサージの方法

助産師が教える!乳頭・乳輪部マッサージの方法

おっぱいマッサージの方法が書かれています。

助産師が教える!会陰マッサージの方法・やり方

助産師が教える!会陰マッサージの方法・やり方

会陰マッサージの方法。妊娠後期からはじめると良いとされています。

3.お金、手続き、仕事関係はもれなく準備!

○諸手続きの締め切りをリスト化

出産後に提出しなければいけない書類、申請するべき手続きををリストアップし、スケジュールを作っておくと漏れがなくなり安心です。確定申告に備えて医療費などの領収書をひとまとめにしておくこともお忘れなく。

○保険の見直し

学資保険に加入するならば妊娠中に比較検討しておくとスムーズです。同時に、現在加入している保険プランが妥当かどうかFPさんに見直しをしてもらうと安心ですね。

○産休、仕事復帰に向けて準備&スキルアップ

産休中はスキルアップのチャンスにもなります。仕事をしているとなかなかまとまった時間が取れなかったりしますが、ゆっくりできる今だからこそ、仕事のスキルアップに繋がる資格や趣味を活かした資格をとったアクティブママも!

○保育園を見学、他のサポート体制を調べる&登録する

職場復帰を望むママの場合、申し込みが先着順の保育園もあるので妊娠がわかったら保育園を探し始めた方が安心です。地域の子育てサポートも調べておくとより安心。子育てや介護を相互補助するための有償ボランティア制度「ファミリーサポート」や、子どもが病気にかかった時に手当を受け持ってくれる「病児保育」、ベビーシッターさんなど利用できるサービスを調べておきましょう。

○内祝いの品の下見

内祝いは産後一ヶ月くらいで贈るのがマナーとされていますが、その頃ママはまだ出産で消耗した体調も万全でなく、昼夜問わない赤ちゃんのお世話でヘトヘト・・・という時期。金額や贈る相手毎に品物を選んでおくと楽です。親戚同士で慣わしがあることも多いので、母親や義母に確認してみてください。

4.陣痛〜出産の準備

○出産準備品、入院準備品のリストアップ&購入

30週頃を目安に入院セットを作っておけば、万が一何かあって早く入院することになっても安心です。急な陣痛の傷みや妊娠トラブルに襲われると、通常ならば簡単に判断できることが頭に浮かばなくなってしまうこともあるので、緊急の連絡先を携帯したり、陣痛タクシーなどにあらかじめ登録しておくことも大切です。

○陣痛〜出産のシミュレーション

立ち会い出産にするか、どこまで立ち会ってもらうのか、義両親にはどのタイミングで連絡するか、など、事前にパパと具体的に話し合っておけば、当日慌てることなく動けます。ママ自身もどんなお産をしたいか、シミュレーションをしておくことでお産への不安が和らぎ、納得のいく出産ができるはず!育児に対する考えをパパと話し合うきっかけにもなります。

○里帰り出産の準備

里帰り出産をする人は、里帰りの準備を進めましょう。おじいちゃんおばあちゃんに、あらかじめ昔と今の赤ちゃん関連の知識の違いを説明しておくことも大切です。

5.幸せなマタニティ期をめいっぱい楽しむ!

○おなかの赤ちゃんに話しかける

赤ちゃんはお腹の中にいてもママの声をよく聞いていて、外の世界を感じているのだそうです。毎日話しかけていた筆者の体験ですが、「もう生まれてきていいんだよ、早く会いたいな。」とお腹を撫でて話しかけた直後に陣痛が始まり、コニュニケーションが取れすぎてびっくりしました。

○写真やビデオ、日記で思い出を記録しておく

おなかの中に赤ちゃんがいるというのは、人生に数回しかない神秘的で幸せな時間!後から思い返すために記録をとっておくことをおすすめします。

○赤ちゃんがいない今だからできる!レストランや映画、美容室などに思う存分行っておく

赤ちゃんが生まれてしまうと、レストランやカウンターのお店、映画館、夜遊び、エステなど、なかなか足が遠のいてしまいます。パパとの二人きりの時間も思う存分楽しんでおけば後悔なしです。
妊娠の経過は人それぞれですが、もし体調が許すならば、限られた妊娠期間にこれからに備えて準備できることをしておくと、産後、ゆっくりと自分の体を休めたり、赤ちゃんとの絆作りに集中できる環境ができ、幸せな妊婦生活&赤ちゃんとの時間を過ごすことができるのではないでしょうか?後悔のない楽しいマタニティライフを!

関連記事はこちらから

産休の過ごし方ってどうしたらいい?有意義に過ごすためのおすすめの過ごし方や、やっておきたい事について紹介します♪

産休の過ごし方ってどうしたらいい?有意義に過ごすためのおすすめの過ごし方や、やっておきたい事について紹介します♪

毎日がんばって働いてきた妊婦さんがいよいよ産休!という時、「どうやったら産休を有意義に過ごせるのか?」と悩む方が多いそうです。 今回は「産休中にはどんな過ごし方があるのか?」という疑問について、お話してみたいと思います♡

【妊婦さん必読】妊娠中に読むべきおススメ図書5選

【妊婦さん必読】妊娠中に読むべきおススメ図書5選

妊娠・出産に関しての本、巷に溢れすぎていて何を読んだら良いかわからない!?と悩みませんか? 本大好き!そして2014年に第一子を出産・現在第二子妊娠中の筆者が、実際に愛読している本の中から、おススメを厳選してご紹介します。

ママだからこそ、“ヨガ”がいい!マタニティヨガ&ママヨガで、体の中からゆっくり調子を整えよう!

ママだからこそ、“ヨガ”がいい!マタニティヨガ&ママヨガで、体の中からゆっくり調子を整えよう!

出産は女性の体にとって”一大事”! 体格も変わり骨盤もひらき、自力で以前の体に戻すにはかなりの努力が必要です。 ママの体や体調を整えるためにぜひオススメなのが「ママヨガ・マタニティヨガ」! 体が変われば、心や生き方にもゆとりが生まれますよ☆