本サイトはプロモーションを含みます

今だからこそ、子どもとの旅行に「グランピング」をおすすめする理由

今だからこそ、子どもとの旅行に「グランピング」をおすすめする理由
参照 : www.photo-ac.com
全国的に、グランピングができる施設が増えてきていていますね。名前は知っているけど、ちょっと敷居が高そう…と思っている人もいるのではないでしょうか。 グランピングは、実は子育て世代にもおすすめのお出かけ先なんです!どんなところか知れば、きっと行ってみたくなりますよ♪
今だからこそ、子どもとの旅行に「グランピング」をおすすめする理由
参照 : www.photo-ac.com

世界中で大人気!グランピングとは?

豪華な施設と魅力的なロケーションでセレブなひと時…そんなイメージもあるグランピングですが、どんなものかはご存じですか? まず、グランピング(Glamping)は、グラマラス(Glamorous)とキャンピング(Camping)を掛け合わせた造語です。キャンプにホテルのような快適なサービスと施設を持ち込んだもので、10年以上前に欧米で人気に火が付いて以来、いまや世界中に広まっています! 日本では、有名ホテルリゾートの参入などで、高級志向な施設が注目されていますね。メディアでもこのような施設が取り上げられるので、どうしてもセレブなイメージがありますが、実際はもっと気楽に楽しめるものなんですよ♪

施設ごとに違う楽しみ方がある!グランピングの種類

出典:www.photo-ac.com
グランピングは、寝食をする場所や立地などによって種類は無限大とも言えます。 日本で多いのは、大型のドームテントやキャビン、コテージに宿泊するタイプ。これがリゾート感溢れるヴィラだったり、個性的なトレーラーハウスだったりと施設によってかなり特色が異なりますよ!テントも、遊牧民風の大型テントから透明な近未来的デザインまでさまざまです。 また、温泉にあるグランピング施設なら各部屋に露天風呂が付いている場合も。まさにグラマラスなキャンピング…!!

リゾート地でキャンプするのと何が違うの?

キャンプの場合、道具の貸し出しがあったとしても、テントの設営から食事の準備まですべて自分たちで行う必要があります。みんなが楽しむ中、誰かが仕事しなくてはなりません…。トイレはキャンプ施設の共同トイレまで行ったり、お風呂は無しということも珍しくなく、キャンプ好きな人じゃないと決して快適とは言えないこともあるのです。 グランピングは、そのあたりの面倒ごとはすべて施設におまかせ!豪華なテントが設置済みで食事も出てくるし、空調付きの部屋なら夜の冷え込みや真夏の暑さも気になりません。自然を満喫したいけどキャンプは面倒!という層にはとても便利で魅力的なんですよ。

快適空間で自然を満喫!グランピングは子連れに最適

出典:www.photo-ac.com
子どもに自然やアウトドア体験をしてほしくても、荷物の多さや安全面、衛生面などでキャンプは躊躇してしまう場合も多いですよね。何より、行ったら親が疲労困ぱいするやつ…と、アウトドア志向のファミリーでなければ敬遠しがちです。 グランピングは、そういった「子連れキャンプのデメリット」をすべて解決!と言っても過言ではないのが何よりも魅力的です♡また、施設内でのアクティビティが充実しているところなら、親が経験者ではなくてもさまざまな体験にチャレンジできますよ。

次の旅行はグランピングで決まり⁉

最小限の準備で、快適なアウトドア体験ができるグランピングは、家族みんなが楽しむのに最適なおでかけ場所です!緑が多い大自然、星空が綺麗な場所、海が近くてリゾート感満載なスポット…家族それぞれに合ったスタイルのグランピングで、最高の休日を過ごしましょう♪

簡単に快適キャンプ始めてみない?「アウトドアリビング」&「こたつキャンプ」で楽しもう!

簡単に快適キャンプ始めてみない?「アウトドアリビング」&「こたつキャンプ」で楽しもう!

キャンプって大変…大人はゆっくりできず天気も気になります。それならおうちでキャンプしませんか?話題の「アウトドアリビング」は家をリノベしなくても大丈夫。ベランダや庭をキャンプスペースにする楽しみ方。 また、秋・冬キャンプは寒さが心配…そんなときは「こたつキャンプ」をしてみませんか?ふたつの楽しみ方をご紹介します。

今年はキャンプデビュー♪これだけは自分で用意するとベストな「キャンプ用品4選」

今年はキャンプデビュー♪これだけは自分で用意するとベストな「キャンプ用品4選」

アウトドアの中でもハードルが高い「キャンプ」。最近は施設が充実していて、身軽にキャンプできるって知ってましたか?道具はほぼレンタル可能!(キャンプ場によってレンタル内容が違いますので確認して下さいね。)キャンプデビューに必要なもの一覧と、これだけは自分で用意した方がベスト、なグッズをセレクトしました!