年賀状に子どもの写真、載せる?載せない? 今年も様々な声が集まる - Up to you!

年賀状に子どもの写真、載せる?載せない? 今年も様々な声が集まる

年賀状に子どもの写真、載せる?載せない? 今年も様々な声が集まる
参照 : www.flickr.com
毎年この時期になると湧き起こる「年賀状に子どもの写真を載せるか否か」問題。載せる派と載せない派の考え方の違いや、受け取った側の気持ちなど、様々な意見をまとめてみました。
年賀状に子どもの写真、載せる?載せない? 今年も様々な声が集まる
参照 : www.flickr.com

=子供の写真『載せる派』の声=

正直、なかには「可愛い我が子を見て!」なんてノリの方もいるのではないかと思っていましたが… みなさん意外と理性的というか、実用性重視で子どもの写真を載せる選択をされているようで驚きました。 筆者も同じ理由から、産後の年賀状には家族写真を採用しています。 なかなか会えない親戚への近況報告、兼、顔と名前を一致させる資料。 これって地味に大事なんですよね…(笑)

=『載せない派』の声=

一方で、相手によって年賀状を作り分けている方もいらっしゃいます。 仕事関係、親戚、友人等々…確かに、デザインを一律にすること自体そもそも無理があるのかもしれませんね。 また、「いつか捨てられるものに子どもの写真を載せたくない」という意見や、個人情報保護の観点から「顔のわかる写真を載せるのは怖い」という声も目立ちました。 住所に名前、家族構成、電話番号やメールアドレス…そう言われてみれば、ありとあらゆる個人情報が詰まっていますもんね。 なんだか急に年賀状が恐ろしいものに思えてきました(笑) 毎年きちんとファイリングしてはいるけど、改めて保管場所には注意しなければ。

=年賀状を受け取る側の反応は?=

否定的な声が大きく取り上げられた反動なのか、「私は気にしない」「むしろ嬉しい」という優しい意見が目立ちました。 ただし、「子どもだけ」の写真に対しては疑問視する人も多数。 子ども同士の交流がメインだったり、親戚ならともかく、何年も会っていないような友人に対して子どもの成長記録だけを送るのは考えものですよね。 「本当に友人からの年賀状なのだろうか???」なんて…つい笑ってしまいましたが、あながち冗談ではないのかも。 自分の写真を載せるのに抵抗がある人も、せめて近況などメッセージを一言添えてみてはいかがでしょうか。
子育て世帯の裏事情を理解しているこんな声も… 遠方の親戚に対して、年賀状はまさに『擬似訪問』なんですよね! そして、良くも悪くも生活すべてが子ども中心で回っているから、選択肢が無いと言えば確かにそうかもしれません(笑)
出典:www.flickr.com
いかがでしたか? こうして様々な意見を見ていくと、本当に大事なのは写真の有無よりも「新年のご挨拶の気持ちが伝わるかどうか」だと改めて気づかされました。 お正月の風物詩、年賀状。 ご縁が続くように思いを込めた、素敵なやりとりが出来るといいですね。