• TOP
  • 子育て・ライフスタイル
  • 今改めて知りたい!そもそもオーガニックとは?キッズに良い理由とは?

今改めて知りたい!そもそもオーガニックとは?キッズに良い理由とは?

Middle img 38ff68b1 b6ed 46d7 ae26 b41dcfb5a9e6
コスメ、リネン、食べ物など、オーガニックはもはや定番になりつつありますね。オシャレ、なんとなく良さそう。。。この「オーガニック」という言葉、本当の意味や商品の見分け方はご存知でしょうか?意外とよく知らないオーガニックの世界をご案内します♡
maddie
Large img 38ff68b1 b6ed 46d7 ae26 b41dcfb5a9e6

海外ではオーガニックはもはや定番!

アメリカやヨーロッパではオーガニックマーケットは急成長をしており、その売り上げはこの10年間でなんと約5倍になったとのこと。
オーストラリアは原産地としてもオーガニック先進国で、世界中にある約3500万ヘクタールのオーガニック農地のうち、その3分の1がオーストラリアにあるのです。

Correen 40531r

イギリスではオーガニックは普通に生活の一部になっており、グルテンフリーコーナー、オーガニックコーナーはあるのが当たり前!
高級スーパーでなくても野菜や果物はオーガニックとそうでないものが両方並んでいます。しかも値段はそんなに変わりません。
カフェやレストランもベジタリアン・ヴィーガン、マクロビオティックと細かく分かれています。

Stocksnap fsnq8blrwer

またイギリスのオーガニックライフはベビーフードから既に始まっています。
どのスーパーにも置いてある100%オーガニックの「エラズ・キッチン」というシリーズは
果物と野菜をミックスしたスムージーから、月齢が上がると肉や魚、ヌードル、ライスなどバラエティ豊かです。
その他のメーカーでも、赤ちゃんせんべいなどのお菓子にも完全オーガニック製品がたくさんあります。

そもそも「オーガニック」とは?

オーガニックとは、ひとことで言うと有機栽培!有機農法とも言われます。
簡単に言うと、化学肥料や農薬を使わずに育てられた作物や畜産物、それらを使用した加工品に対して使われます。

Margot pandone 5628r
オーガニックとは、ただ化学肥料や農薬を使わないだけではありません。オーガニックを名乗るには、その土壌で2,3年前から化学肥料を使ってないこと、遺伝子組み換えの種は使用しない、畜産物の場合は飼料も有機であること、など、様々な基準があります。
出典:www.timeless-edition.com
厳密にはそれぞれのオーガニック認定機関によって定義は異なります。どれも共通して言えることは、オーガニックとは、化学的なものをできるだけ使わず、環境負荷をより少なくし、自然を大切にし、それが私たちの安全・健康増進にも繋がるような考えを持っていることです。
出典:www.timeless-edition.com

日本ではかつては「有機」「オーガニック」というワードつきで色々な商品が販売されておりましたが、平成11年に改正されたJAS法により、現在では「有機JASマーク」がある商品のみ「有機」「オーガニック」を名乗ることができます。
この「有機JASマーク」がない食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

厳しいのは、栽培条件だけではありません。認定されるには、これらの条件をクリアした上で、農林水産大臣に登録された登録認定機関の認定を受ける必要があります。認定に当たっては、書類審査に加えて、実地検査も行われます。 また、「一度認定を受けたら安心」というものでもありません。認定後も、登録認定機関による調査が、最低でも年に1回は行われます。登録認定機関に対しての監査も厳しく、適正な業務運営を行っているかについて、独立行政法人である「農林水産消費技術センター」が、年に1回、監査を行うことになっているのです。
出典:www.shinchou-nobiru.com

日本でオーガニックがきちんと定義されたのはここ15年ぐらいのことなのですね。
スーパーでのお買い物、次回は有機JASマークに注目してみてはいかがでしょうか。

オーガニック食品は何故キッズに良いの?その効果とは

日本でも、食材レベルからのオーガニックライフが送れることがわかりましたが、なぜ子どもたちにはいいのでしょうか?

Tim mossholder 2138r

こどものカラダは影響をとても受けやすい!

小さな体が消化、摂取できるエネルギーは限られています。
骨や組織を作る大事な時期だからこそ、安全でクリーンなものを食べさせてあげたいですよね。

乳幼児・子供は、体重に対しての食事の摂取量が大きいため、残留農薬、環境化学物質からの毒素の影響を大人よりより多く受けます。 平均的な子供は、食品に広く使用されている発ガン性物質に対して、 大人よりも4倍の汚染を受けると言われています。
出典:www.miorganicjapan.com

化学物質から起こる不調を防ぐ!

大人である私たちは1年間に約2キロの食品添加物を口にしていると言われています。
現代人のアレルギー体質の増加は添加物の摂り過ぎがその一因とも。

実際に、オーガニックではない”従来の食品・商品”は、農薬、化学物質、食品添加物により、ガン、出生異常、神経障害、遺伝子変異、パーキンソン病、受精能の問題、片頭痛、アレルギー、湿疹のなどの多くの問題に関係しているといわれています。
出典:www.miorganicjapan.com

優れた栄養価!

Tim mossholder 95235r

諸説ありますが、ケミカルな環境で育てられたものよりも栄養価が高いことが分かってきているとのこと。給食をオーガニック化する学校も世界的に増えつつあります。

現在、栄養価に対する報告は増えており、最近の研究では、 ”オーガニック食品”とオーガニックではない”従来の食品” との違いを比較すると、オーガニック食品の方が、 より栄養価があり、平均するとオーガニック農法で 育てられたフルーツ、野菜、穀物には、より多くの ビタミンC、微量元素、抗酸化成分が含まれているとの 結果がでています。
出典:www.miorganicjapan.com

いかがでしたか?
オシャレな場所で高いお金を出さなくても、オーガニックライフは始められそうですね♡
これをキッカケにママも自身の食生活を見直しつつ、キッズたちとオーガニックな暮らしをはじめてみませんか?

Middle img 38ff68b1 b6ed 46d7 ae26 b41dcfb5a9e6
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事