• TOP
  • ニュース・エンターテイメント
  • 【コラム】週5でやってくる、2か国の神様とバイリンガル娘の話。

【コラム】週5でやってくる、2か国の神様とバイリンガル娘の話。

Middle img f0f57c97 c976 4592 9e27 0245d70cc357
「神様からの預かりもの」と語られるように、時に子供の潜在能力・繊細な感覚に驚かされることがあります。 アメリカ生活4年目、5歳・バイリンガル娘のちょっと不思議な体験談をもとに、「私なりの子育て論」を綴ってみたいと思います。
RIOママ
Large img f0f57c97 c976 4592 9e27 0245d70cc357

半年位前、娘の一言がきっかけに…

娘は1歳の誕生日に渡米し、5歳からキンダーガーテン(日本の幼稚園にあたるもの)という学校生活がスタートしています。アメリカの教育システムに加えて、日本の義務教育で身に付ける「読み書き」「文化・常識・知識」を家庭内で学習サポートしています。(わが家だけでなく、多くの方に当てはまります)

日本人の両親と日々暮らしていても、海外在住っ子にとって「日本語」「日本の文化」を学び、身に付けていくと事は案外難しいもの…海外での子育てで感じた壁であり、これが素直な感想。

私自身の経験や常識が通用しないことを受け止め、日々頭を悩まし、どうしたら生まれ故郷である日本の事を理解し好きになってくれるのかな…と日々試行錯誤していたんです。そしてある日耳にした娘の一言…

『今日、神様がやってきたんだよ』

耳を疑いました、そして聞き返しました。

私:「どこにやってきたの?」
娘:「私のお部屋」

私:「何をお話ししたの?」
娘:「わからない日本語を教えてくれたの」

私:「そっか、あなたに日本の事知って欲しいから
助けに来てくれたんだね。ありがとう、ってしっかり御礼を言うのよ」

深堀していいものか悩んだ挙句、もう少し詳細を聞いてみると具体的な回答が。

・週に5回やってくる(曜日も固定) ・1回あたり5時間程の会話をする ・大人の姿で、日本&米国の男女2人組、計4人が同時に登場 ・寝てる時、定刻に鐘が「チン」となり  レインボーのすべり台でトンネルを通りやってくる

何度か期間をおき質問を試みるも、全くぶれず。きっと彼女の中で、これらが真実なのです。

イメージしずらい内容は、イラストを依頼してみる…

Image

アメリカの神様から先に登場するそう。かなり具体的に説明してくれたんです。

「どんな事を教えてくれるの?」との質問には

日本の神様は、「にっぽん」や「しょうゆ」等、娘が苦手な撥音や濁音、半濁音のことだったり

Image

アメリカの神様は、「アラスカも同じ米国なんだよ」と地理を教えてくれたり…

Image

一方の神様が教えてくれている最中、もう一方の神様はお隣で聞いているそう。
一人でも贅沢なシチュエーションですが、それも4人とは…まさに寝耳に水、目から鱗のお話の数々。

以前、「トイレの神様」といった歌がありましたね…しかし、バイリンガルのペア神様が登場する話は
過去に聞いた事がありませんし、育児書にも対応マニュアルなんて見かけたことはありませんし、今後も存在しないと思います。

最近の私が出した結論、それは「日常生活の一部として、ごく自然に話を受け止め、対応すること」。

彼女の自走・成長のタイミングとともに、神様らの訪問も卒業でしょうから…
それまでは学校で学んだ事やお友達と遊んだこと、と同様に共感し接しようと思うのです。

一番お伝えしたいメッセージ…

もちろん、神様の存在や海外育児の苦悩を語りたい訳ではありません。私なりの「子育て」の意義…

わが子が生きるストーリーを共体験してあげられる、唯一無二の存在が「親」なんですね。
子どもの一番のサポーター、ファンとして共感し、学び成長させてもらえる期間限定の時間。

娘にとってこの神様達は、娘自身の疑問・感情を映し出し整理する
いわば「鏡」のようなシンボルなのかもしれません。

小宇宙の様な存在の子ども。その神秘さ・純粋さに寄り添い自走して生きる力を育んであげたい。
不思議な神様の体験は、今なお進行中なのですが、訪問日の翌朝はこんな一言を発します。

「今日は体にエナジーがあふれてる」

パワーチャージし、元気に1日を過ごせるんだそう。


前代未聞の育児話、「心に留めて置くべきかな?」とも思いましたが、万が一「一人でも参考になった」と感じる方がいれば…との想いで我が家のエピソードをご紹介しました。“わが子の専門家”として、私らしく子育てを楽しんで行こうと思います。

Middle img f0f57c97 c976 4592 9e27 0245d70cc357
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事