• TOP
  • 子育て・ライフスタイル
  • 「不満を訴える前に、まず自分の態度を振り返ってみよう」。まさにそれ!なツイートが逸品だと話題に

「不満を訴える前に、まず自分の態度を振り返ってみよう」。まさにそれ!なツイートが逸品だと話題に

Middle img 897075e4 d7c2 460e 996e 9fedd97bf4b4
参照 : twitter.com
“感謝の気持ち”は、言葉で伝えないと相手にはなかなか伝わりにくいもの。自分が感謝している「つもり」でも、実は全然伝わっていなかったりして。 人を変えるには、まず自分が変わる必要があります。 とあるパパがつぶやいたツイートが、多くの人の共感を呼び、話題となっています。
tomosato
Large img 897075e4 d7c2 460e 996e 9fedd97bf4b4
参照 : twitter.com

パートナーに対しての感謝、伝えてる?

今回話題になっているのは、4歳の娘さんを育てるパパ「Nikov(@NyoVh7fiap)」さんのツイート。

家庭でよくある光景の「いつも仕事で忙しいけど、まぁたまには手伝おうと思って家事育児やったんだけど感謝の言葉とか全然言ってくれない、せっかく手伝ってあげたのに~」問題。
それを「まさにそれな!」な言葉でスパッと分析してくれているこちらのツイートに、たくさんの「いいね」がついています。



「自分が感謝の言葉をかけてもらえないのは、自分が普段から相手に対して感謝の言葉をかけていないから。」
まさにそれ!ですね~。
果たして自分自身は、パートナーに対して感謝の言葉をかけているのか?

「いつもありがとうね」と声をかけてもらえると、言われた側はフッと嬉しい気持ちになりますよね。
(相手は私の頑張りを認めてくれているんだな。相手も毎日頑張ってくれているんだから、私も感謝の気持ちを伝えよう。)
相手がそう感じたら、「どういたしまして、あなたこそいつもお仕事お疲れさま」という言葉を自然と返したりすることも。

しかし、どちらも感謝の気持ちを発しなければ、このやりとりは生まれません。
まずは自分から「感謝の気持ちを言葉できちんと伝えること」が大切なんですね。

ツイッターでは「素晴らしい」の声、多数

すっごい良い事を言うΣd(・ω・´)グッ そして感謝されたくてやる事じゃないし。 すっげナイス呟きです。好きですこれ。
出典:twitter.com
名言ですな。
出典:twitter.com
やったらわかる。 どれだけ家事がエンドレスなものなのか。
出典:twitter.com
「男が/女が」とか「主婦が〜」ではなく「家事育児負担の少ない側」と表現したところが素晴らしいと思います。主夫もいるし、同性カップルも普通にいられる時代なのですから、こういう表現を選ばれたことはほんとに素晴らしいと思います。
出典:twitter.com

「家事育児負担が少ない側」として、外で働く“夫”だけでなく、性別問わずさまざまな人を対象としているのが素晴らしいところ。
また、家事育児がどれだけ大変なものかを理解しているからこそできる「ほんとそれな!」な発言は、「家事育児負担が大きい側」の気持ちをきれいに代弁してくれていますね。

“家事育児は感謝されたくてやるもの”ではない

Stocksnap 8uwspi773q
出典 : stocksnap.io

そもそも、たまに家事育児をやったのに「感謝されないから不満」って。
完全に“上から目線”なのが見え隠れしています。

夫婦は共に生活をしていくパートナー。自分がやっていないことを相手がやってくれているから毎日スムーズに生活していけるんです。
どんな些細なことでも、自分がやらない・できないことをしてもらったら「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えましょう。

素敵な言葉・感謝の言葉を多く使う人のまわりには、自然と同じような雰囲気の人が集まります。
今、自分のまわりを見まわして、雰囲気はどうですか?
愚痴や不満だらけなら、まずはあなた自身から変わってみましょう。
きっと素敵な環境に変わっていくはずですよ。

「Nikov (@NyoVh7fiap)」さん / Twitter

フォローはこちらから

Middle img 897075e4 d7c2 460e 996e 9fedd97bf4b4
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事