• TOP
  • ニュース・エンターテイメント
  • 真の世界最大のクリスマスツリーは、イタリアにある!ペルージャ近郊の町、グッビオのツリーは本当に大きかった!

真の世界最大のクリスマスツリーは、イタリアにある!ペルージャ近郊の町、グッビオのツリーは本当に大きかった!

Middle img e851fe62 3b83 4d2b a38c e47e58cbed8f
参照 : www.flickr.com
ご存知ですか?少し前に、世界一大きいクリスマスツリー論争が話題になりましたが、実は!本当に世界最大のクリスマスツリーとしてギネス登録されているものは、イタリア中部の街、グッビオにあるんです!
Ostia
Large img e851fe62 3b83 4d2b a38c e47e58cbed8f
参照 : www.flickr.com

グッビオってどこ?

Gubbio
出典 : ja.wikipedia.org

グッビオは、イタリア中部ウンブリア州ペルージャ県にある、人口約3万2000人ほどのコムーネ(基礎自治体)です。

Up tree 03
出典 : www.flickr.com

これが世界最大のクリスマスツリーだ!

中世の雰囲気に満ちたかわいらしい街並みを見下ろす、標高827mのインジニオ山。その山腹に現れるのが美しく輝く巨大クリスマスツリーです。

数字で見る「世界一」

高さ650m×幅350m!

ツリー本体の大きさは約650m×350mで、てっぺんは、地表から計算すると標高750m以上の地点にあるそうです。これぞまさに世界一!

使われる電球は730個以上!

ツリー部分には530個、てっぺんの星の部分には200個を超える電球が使われています。

電源は太陽光発電!すべての電球を点灯するのに約35Kw → ひと冬およそ 11.500 Kwh を使用!

すべての電球を点灯するには35Kwが必要で、ひと冬の消費電力量は約11,500Kwh!ですが、地元のソーラーパネルで太陽光発電したグリーンエネルギーを使用。自然の力を利用した環境に優しいイルミネーションツリーなんです!

1900時間かけて設置

電球の設置には、例年1900時間(約80日)以上を費やすそうです。毎年、聖母マリアの「無原罪の御宿り」という宗教祝日12月8日の前夜、12月7日の夜に点灯され、翌年1月6日まで点灯されるのが習わしです。

36年の歴史

Up tree 02
出典 : www.flickr.com

1981年12月7日に初めて点灯!

このツリーの点灯に尽力する人たちは、町の住人を含めてみんなボランティア。最高齢で80歳を超えた老人から、20代の若者まで、50人以上の人たちがクリスマスツリー制作委員会なるものに参加し、毎年協力しています。

1991年にギネス登録

ギネスブックに「世界最大のクリスマスツリー」として登録されてから、さまざまなメディアや旅行雑誌などにも取り上げられるようになり、ヨーロッパからの旅行者も増えています。

2014年にはフランシスコ法王が点灯

これまで、現職のフランシスコ法王をはじめ、第11代大統領ジョルジョ・ナポリターノや、歴代の法王たちによっても点灯されてきた、由緒あるツリーなんです。

点灯の様子は、こちらでどうぞ!

実際に点灯の様子を目の前にしたら、ものすごーく感動することでしょう。この時期、中世の面影が残る広場では、素敵なクリスマスマーケットも開かれ、街中がクリスマスムードでいっぱいになるんです。いつか行って体験してみたいですね!

Middle img e851fe62 3b83 4d2b a38c e47e58cbed8f
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事