• TOP
  • ニュース・エンターテイメント
  • 産声のない静かな出産、戸籍に残せない名前。コウノドリ【第5話】

産声のない静かな出産、戸籍に残せない名前。コウノドリ【第5話】

Middle img 7442a728 e10b 479a bc8a 98811b13d8c3
参照 : www.instagram.com
サクラ先生(綾野 剛)の元に検診に訪れた妊娠27週の西山瑞希(篠原 ゆき子)。診断の結果、切迫早産の可能性があり急遽入院に。同じく切迫早産で入院している妊婦、七村ひかる(矢沢 心)の病室に小松(吉田羊)が瑞希を連れてくる。同じ境遇の2人はすぐに意気投合し仲良くなるが、瑞希の赤ちゃんに予測できなかった事態が…
根立みゆき
Large img 7442a728 e10b 479a bc8a 98811b13d8c3
参照 : www.instagram.com

11月10日(金)に放映されたコウノドリ第6回。四宮先生(星野 源)のプリンやジャムパンに萌えながらも、涙なしには観れない回となりました。命の温かさ、奇跡を改めて感じさせられるストーリーでした。

『西山さん、残念ながら心音が確認できません。赤ちゃんはもう・・・』

入院している瑞希の検診。今までは異常がなくいつもと同じ光景だったのに…瑞希は『今日は長いですね?』とサクラに問いかける。サクラは真剣に何度もエコーを繰り返し確認する。それでも、結果は変わることはなかった『西山さん、残念ながら心音が確認できません。赤ちゃんはもう・・・』先週の検診では、なんの異常もなく動いていた心臓。今はその音がならない。

産声のない出産

IUFD(子宮内胎児死亡)。それでも、お腹を痛めて赤ちゃんを産んであげなければいけない。気持ちの整理がつかない瑞希は『私のせいですか?もっと安静にして、シャワーの回数を減らしたらよかったですか?』原因が解らないだけに瑞希は自分を責める。サクラは予測できなかったことについて頭を下げる『申し訳ありません…』。瑞希の旦那、貫太(深水元基)は力強く瑞希を抱きしめた。そして、翌日朝瑞希は赤ちゃんを出産。瑞希出産した隣の部屋から聴こえる産声。

『なんで…身体はお母さんなのに』

どんな形であれ、赤ちゃんを出産するとおっぱいが張り始める。痛む胸。小松(吉田羊)は『お腹の中でなくなったあかりちゃんは西山さんの戸籍に残してあげられないんだ。だから沐浴してあげてもいいし、手形をとってもいい。爪や髪の毛を取っておいてもいい。お母さんが赤ちゃんと一緒にいれる間、してあげたいことをしてあげて欲しい』。『お風呂にいれてあげてもいいですか』旦那の貫太が切り出す。夫婦で幸せに沐浴する姿を、先生方はただただ見守っていた。

赤ちゃんの産声を聴くことができないってわかってて、陣痛に耐え出産するのは凄く辛いことだ。産んだ後におっぱいが痛むのも余計に辛い。「身体はお母さんなのに」って言葉がすごく重い。
出典:twitter.com
私は8か月で死産しました…。 今でも今でも何年経っても・・・・ あの時。あの時・・。と毎日考える日々を送っています。 あの時ぶつけられなかった悲しさは このドラマでやっとやっとやっと・・やっと・・・ 理解できた気がします。 お産は病気じゃい だから病気以上に怖いんです
出典:twitter.com

実際に、悲しい現実を経験された方の声

流産は誰に何を言われてもなんの慰めにもならなかった。5週でもそんなんだから。中期後期の子宮内胎児死亡は本当に辛いと思う。出産後、胸が張る。「なんで?体はお母さんなのに」私はつわりが残ってろそれが本当に辛かった。#コウノドリ #コウノドリ
出典:twitter.com
流産した時の事を思い出しずっと泣きながら見た。心拍が確認出来ないと言われたけど理解出来ず先生に今日はこの子と帰りたいと言ったけどダメだった。大声で泣く事も出来なかったあの日…自分を責めた。16年経っても忘れない。この世に生まれる事は奇跡。当たり前の命なんてない。
出典:twitter.com

『おめでとう』と言えるお産は奇跡。

子宮内胎児死亡。IUFD(intrauterine fetal death)。妊娠22週以降に子宮内で赤ちゃんが死亡してしまい、死児を出産すること。このあと子宮内で死んでしまった胎児を娩出しなければならない。産声をあげないと分かっている赤ちゃんを産む悲しみは計り知れない。 #コウノドリ
出典:twitter.com
医者になって20年経っても、IUFD見つけたときはエコー持つ手が震えます #コウノドリ
出典:twitter.com
つらいな… 職業柄色々なお産に立ち会ったけど38週の検診に来ていた妊婦さんが胎児の心拍が止まっていて先生から「心臓が止まっている」って言われ泣き叫んでいた妊婦さんの声が30年近く経った今でも忘れられない
出典:twitter.com
やっぱりね…こういうお産の裏側ってのが知らされなさすぎだよね。お産は奇跡という意味。笑顔で赤ちゃんを迎える裏側で悲しい経験をしてる人が実は沢山いるってこと。知らされることで赤ちゃんの命を大切にする人増えると思う。
出典:twitter.com

命の温かさを感じる事

第5話を観ました 言葉や文字にする事ができません ただ、「尊い」という言葉の持つ本当の重みと、もらった自分の命はどんな時も大切にしなければいけないという事だけははっきりとわかりました
出典:twitter.com
今日のプリン、その後「あかりのプリン」って名前がつけられるんですよ。 戸籍にも何も残らないけど、お父さんお母さんのお店で名前残せてるんですよ。号泣以外の何がある。 #コウノドリ
出典:twitter.com

西山夫婦とは対照的に、命があっても、動脈管開存症の合併を起こしており、緊急帝王切開で出産した大松美代子(井上依吏子)。赤ちゃんに生きる可能性が残されてるにも関わらず、その処置に納得できずにいた。障害を残して生きるなら「お腹の中で看取っておけば良かった」と考えていた。西山さん夫婦も、大松さん夫婦も、どちらも簡単な言葉で気持ちに寄り添うことはできません。ただ、命を預かった以上、命がけで考えて行かなければなりません。個々に突きつけられた問題は自分たちにどんな意味があるのか、考えていくことが大事なのかと思いました。

コウノドリ、過去の記事もぜひご覧ください!

コウノドリが帰ってきた!「パパも観て欲しい」「涙がでました」早くも共感の声【第1話】

赤ちゃんが、お母さんと生きていくために選んだ誕生日。コウノドリ【第2話】

『人間は二人で一つになんかなれない。 死ぬまで一人だよ』コウノドリ【第3話】

コウノドリ3話でママの不満爆発か!?『#うちのインティライミ』が投稿されまくっている!

帝王切開か自然分娩か。大事なのは赤ちゃんを想い無事に生まれてくれる事。コウノドリ【第4話】

Middle img 7442a728 e10b 479a bc8a 98811b13d8c3
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事