• TOP
  • ニュース・エンターテイメント
  • 帝王切開か自然分娩か。大事なのは赤ちゃんを想い無事に生まれてくれる事。コウノドリ【第4話】

帝王切開か自然分娩か。大事なのは赤ちゃんを想い無事に生まれてくれる事。コウノドリ【第4話】

Middle img c953608b 2763 4bb3 a437 3a3f8fed8e05
参照 : www.instagram.com
もうすぐ二児のママになる蓮(安めぐみ)。蓮は一人目を帝王切開で出産し、今回は自然分娩を希望。今、我が子を愛せないのは、帝王切開での出産が原因のひとつと考えている。帝王切開後の自然分娩は母子・病院共に大きなリスクとなり医師の意見も対立。周囲に反対されても自然分娩を諦めない蓮に、人は大事な事を気付かされていく。
根立みゆき
Large img c953608b 2763 4bb3 a437 3a3f8fed8e05
参照 : www.instagram.com

ある日トーラック(帝王切開後の自然分娩)を希望する妊婦の秋野 蓮(安めぐみ)がサクラ(綾野剛)のもとへ受診。一人目の娘を愛することができず、子育てに不安を抱えている蓮。その理由の一つが帝王切開で生んだことだと考え、次の出産はどうしても自然分娩をしたいという強い気持ちを持っている。 蓮の希望を優先してあげたいサクラと、ただでさえ人員不足なのに子宮破裂の危険があり、リスクの高いトーラックは危険だと考える四宮(星野源)は激しく意見が対立する。

命に懸命に向き合う妻、屋形船と向き合う夫

今回も第3話に引き続き、ママたちを退屈させない夫が登場。急遽、陣痛で病院に駆け込む蓮をみて「出産は何時頃ですかね〜」と助産師小松留美子(吉田羊)に聞く夫、秋野壮太(前野朋哉)。

妊娠中の不安定な精神状況と上の子の赤ちゃん返りとイヤイヤと世間の「陣痛を感じないと〜」「帝王切開は〜」「自然が一番〜」なんて呪いの数々が安めぐみをここまで追い詰めたんだろうなぁ… きっと、妊娠中に上の子に怒鳴る度に自分が嫌な親になってて自己嫌悪だったんだろうなぁ…
出典:twitter.com
文字数足りなかったから書けなかったけど、プラス旦那の無関心無神経もありますよねー それなりに気遣ったり話聞いたりもしてるけどフリだけ〜な感じで…旦那がもっと協力してくれたり娘との緩衝材になってくれりゃあ、安めぐみももう少し穏やかな妊婦生活送れたと思うんですよね〜( ・᷄ὢ・᷅ )
出典:twitter.com
屋形船旦那「お産いつ頃おわりますかね?」 吉田羊「は?」 屋形船旦那「あ。もし出産終わる時間わかってるならこれから屋形船…」 吉田羊「屋形船?」 吉田羊「屋形船?」二回目 ナオト・インティライミ越え
出典:twitter.com

長引く陣痛、母子に危機が迫る

陣痛が始まってから、6時間。研修医の吾郎は(宮沢氷魚)「なんで苦しんで産みたいのか」と四宮にぼやく。そこで四宮からの一言。

「切る必要がないものは切らなくていい。自分の目で確かめてきたらどうだ。」

そして、陣痛が始まってからとうとう深夜に。長引く陣痛に、母子ともに危険な状況。そんな状況にも関わらず「自然分娩で産みたい!」と頑張る蓮。屋形船に乗れず悔しがる壮太を想像していたものの、彼は研修医の吾郎に深く頭を下げる。

「お母さんは命がけで出産するんですね。私たち家族の我ままを聞いてくださってありがとうございます」

そうなの。 出産は命がけなの。 それは自然分娩だろうが、無痛分娩だろうが、帝王切開だろうが、一緒なのよ。 どれが正しい出産だとか、どれは母親らしくないとか、そんなん関係ないわ!! 腹から出てきたのよ!! 10ヶ月お腹にいた我が子が!! それだけが事実なの!! #コウノドリ
出典:twitter.com
ちゃんと愛せているかどうかと問うたり 自覚の有無を問うたり 生み育てるとは、本当に深くて それでも、注いだ分だけ きちんと、伝わっているんですね そして医療の現場でもまた人員や勤務体制など色んな問題を抱える中で、全力で向き合ってくださっているんだなと思いました #コウノドリ
出典:twitter.com

自然分娩のイメージと帝王切開のイメージ

ツイートにもありましたが、私たちはテレビなどで自然分娩で苦しんで出産するシーンを観ることはあります。一方で、帝王切開などの出産シーンを観ることが少ないというのも「楽に出産している」と誤解を招いてしまう原因の一つかもしれません。筆者も三児の母ですが、末っ子は帝王切開でした。正直、これまでのイメージで自然分娩より帝王切開の方が出産時間も短く楽かもしれないと思っていました。が、産後の痛みは上二人の子より比べ物にならないほどの痛みでした。

自然と帝切の両方経験して思うのは、自然分娩はドラマや産院のビデオで状況をイメージできて大変さの覚悟ができてた。一方、帝切は苦しんでるイメージがなかったので、帝王切開を経験したとき、術後の激痛、正に聞いてないわー!!(怒)でしたよ。なんで知られていない? #コウノドリ
出典:twitter.com
ひとりめ経膣ふたりめカイザーだったので今回のお母さんの気持ちはわからなかったけど、自然分娩主義と完全母乳主義思考がはびこってるのはわかる。 だからこそサクラ先生が産み方じゃないって言ってくれて良かった。 呪縛から逃れられるお母さんがきっといる。
出典:twitter.com

「どう産むかではなく大事なのは赤ちゃんを想い無事に生まれてくれる事」

蓮、急遽帝王切開。そして…

長引く陣痛に体力の低下。蓮に帝王切開に切替えることを説得するサクラ。蓮は、最後まで粘ったが、泣きながらも同意した。サクラに執刀を任される研修医吾郎。初の試みと新しい命の誕生に感動。蓮の意志の強さと壮太の変化を目の当たりにした五郎はある決断をした。

あれだけ産婦人科医になる事を拒絶していた五郎が、最後は新生児科で働くことに。サクラの決断、蓮の決断が夫の壮太を変え、そして五郎までも変えてゆく。

理由はともかくお母さんは自然分娩で産みたいと希望をもつことは本能なのではないかと思います。それが、女性のキャリア進出、病院側のリスクや人手不足、訴訟の可能性などを理由に、帝王切開へのハードルが下がっている昨今。蓮の頑張る姿が周囲の人間を変えていき、私たちが守らなければならないものを教えてくれたように思います。

コウノドリ、過去の記事もぜひご覧ください!

コウノドリが帰ってきた!「パパも観て欲しい」「涙がでました」早くも共感の声【第1話】

赤ちゃんが、お母さんと生きていくために選んだ誕生日。コウノドリ【第2話】

『人間は二人で一つになんかなれない。 死ぬまで一人だよ』コウノドリ【第3話】

コウノドリ3話でママの不満爆発か!?『#うちのインティライミ』が投稿されまくっている!

Middle img c953608b 2763 4bb3 a437 3a3f8fed8e05
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事