• TOP
  • 教育・エデュケーション
  • アメリカで大ヒット絵本『ぜったいに おしちゃダメ?』の和訳版がついに上陸

アメリカで大ヒット絵本『ぜったいに おしちゃダメ?』の和訳版がついに上陸

Middle img 9db8beb1 cce4 4ec2 ab74 c892fdc9c660
参照 : prtimes.jp
「押してはいけないボタン」。 いけないと言われると、押したら何が起こるんだろうと、ついつい押してみたくなっちゃいませんか? 全米で33万部の大ヒットとなった絵本「ぜったいに おしちゃダメ?」が、和訳版になってついに登場しました!
tomosato
Large img 9db8beb1 cce4 4ec2 ab74 c892fdc9c660
参照 : prtimes.jp

読み手のアクションでストーリーが進む!参加型おもしろ絵本

小さな子どもって、読み聞かせに対する興味の度合いがさまざまですよね。
食い入るようにじっと見る子、おしゃべりをしながら楽しむ子、読み聞かせても全く興味なさそうにする子、などなど。

では、「読み聞かせ」と言うよりも、子どものアクションで話が進む、参加型の絵本ならどうでしょうか?
きっと多くの子ども達が、絵本に夢中になってしまいますよ♪

Main
出典 : prtimes.jp

このたび日本に上陸したのは、アメリカで33万部の大ヒットとなった人気絵本「ぜったいに おしちゃダメ?」の”和訳版”。
2~4歳児を夢中にしてしまうというこの絵本、とにかく面白いと大絶賛なんです!!

子どもの意外な一面が見える?

「絶対に押してはいけない赤いボタン」を押すことによって話が進み始めるという、今までには無かった新感覚の絵本。
ボタンを押すと何が起こるのか…!?ドキドキワクワクが止まらない、素敵な絵本です♪

「ボタンを押す」、「本を振る」、「ラリーのお腹をこする」など、読み⼿のアクションによってストーリーが進んでいくので、あたかも⼦どもたち⾃らが主⼈公になった気分で絵本の世界に⼊りこんでいけます。 何度もボタンを押す⼦、恐る恐る押す⼦、ママの⼿を使って押そうとする⼦、など⼦どもの性格によって読み⽅が変わるのもこの本の⾯⽩さ。
出典:prtimes.jp

「絶対に押してはいけない」と言われる赤いボタンを、”おばけのラリー”が「押してみたら?」「ちょっとだけ押してみたら?」とそそのかしてきます。
(オトナの世界では、「押すなよ!絶対に押すなよ!!」は「押せ」の”フリ”ですけどね!笑)

2~3歳の自我が育ってきた頃の子どもにとって、「自分の行動によって変化が起こる」というのはとっても魅力的な事に思えるそう。
”子どもが自分自身でボタンを押す”事がとっても大切だそうですよ!

果たして我が子は、「押してはいけないボタン」の前でどのような行動をとるのか!?
楽しみすぎますね~!!♪

親子で繰り返し楽しめるおすすめ絵本!

Reading 1156865 640
出典 : pixabay.com

「ぜったいに おしちゃダメ?」は、子ども自身が主人公になれる、新しいタイプの参加型絵本。
我が子への読み聞かせにはもちろん、友人家族へのギフトなどにもぜひおすすめです。

あなたのお子さんはどんな読み方をするでしょうか?
ぜひ親子で、「絶対に押してはいけないボタン」を……

押してみてくださいね……?
イッヒッヒ……♪

「ぜったいに おしちゃダメ? 」 Amazon(8月26日より発売)

ご購入はコチラ

Middle img 9db8beb1 cce4 4ec2 ab74 c892fdc9c660
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事