• TOP
  • ニュース・エンターテイメント
  • キッズお待ちかね!2月のイタリア大イベント”カルネバーレ”

キッズお待ちかね!2月のイタリア大イベント”カルネバーレ”

Middle img 3d689aa7 b83d 433e 96e5 e1740b5f431f
参照 : www.flickr.com
イタリアで子どもたちが待ちわびている2月のイベントと言えば、カルネバーレ!日本でも取り入れられる、子どもたちのカワイイ仮装もご紹介!
Ostia
Large img 3d689aa7 b83d 433e 96e5 e1740b5f431f
参照 : www.flickr.com

今更だけど...カルネバーレ(謝肉祭)って何?

イタリア語のカルネバーレは、英語ではカーニバル。

謝肉祭(しゃにくさい、カーニバル)は、もともとカトリックなど西方教会の文化圏で見られる通俗的な節期
出典:ja.m.wikipedia.org

で、やはりキリスト教の祭事イースター(復活祭)から数えて46日前の時期に行われます。この46日間は、肉や豪華な食事を経つ四旬節という期間で、カルネバーレとは、ラテン語で「肉(カルネム)を取り除く(レバーレ)」が語源とも言われています。

カーニバルはキリスト教と無関係な異教の慣習に由来するといわれているが、いつのまにか四旬節中の肉の節制に入る前にドンちゃん騒ぎをする習慣
出典:ja.m.wikipedia.org

になったんだとか。2016年のカルネバーレは2月7日です。

カルネバーレに訪れたいイタリアの街

水の都ベネチアはカルネバーレの仮装で有名。この時期には、中世から続く仮面や豪華な衣装をまとった参加者が街中にあふれます。

13204031794 9d8833ab81 z
出典 : www.flickr.com

トスカーナ州ヴィアレッジョでは、ヨーロッパ最大級の山車行列が海沿いで行われます。各界の著名人たちを風刺した山車が何台も続き、その凝った作りと迫力は圧巻です。

2257700152 5f10367a8b m
出典 : www.flickr.com

さて、このように街をあげてのイベントが行われる所以外でも、イタリア全国の子どもたちにとってカルネバーレはとっても楽しみな行事です。

何が楽しみって、コスチュームでの仮装!!

この時期になると、毎週末、仮装した子どもたちが広場や公園にあふれます。学校や幼稚園でも、コスチュームOKになる日があり、毎年みんな楽しみにしているんです。衣類店、ベビー用品店、おもちゃ屋さん、あらゆる所でコスチュームが販売されます。

ベビー~2歳くらいまで

赤ちゃんの場合は、パパ・ママの好みが多分に反映される!?

カワイイ着ぐるみなら、1度は来てもらいたいのが親心というもの。カルネバーレの機会は逃せません!

6789131226 3f7cba3965 z
出典 : www.flickr.com

キッズ

3歳位からはもう本人の好みがハッキリしますよね。小学校が終わる10歳くらいまでの子どもたちが仮装して遊びます。

400911668 0d756a14a7 z
出典 : www.flickr.com

女の子はやっぱりディズニー プリンセス♡

寒いので、外に行く時は長袖長ズボンの上にこのドレスを着るという...男の子もやっぱりディズニーをはじめとするキャラクターが人気!

アベンジャーなどのヒーロー物も。

DIY コスチューム

手作りが得意なら、世界で一つのコスチュームを作っちゃおう!

兄弟姉妹セットで...

ママとベビーのペア♡

ファミリーで!

カルネバーレのお楽しみは仮装だけではありません。

他にもお楽しみが...!

フェイスペインティング♡

4359618986 953e390a95 z
出典 : www.flickr.com

女の子には蝶々やフェアリーのモチーフが、男の子にはアニマル系やスーパーヒーローの図柄がポピュラーです。

イベント会場でプロが仕上げてくれるフェイス ペインティングもありますが、家庭で挑戦する人も。

イタリアの有名な画材メーカー、GIOTTO( ジョット)からもフェイス ペインティング用の色鉛筆や絵の具が出ています。

  35 1
出典 : m.ebay.it

紙吹雪とバブルスプレーもお忘れなく

カラフルな紙吹雪(イタリア語ではコリアンドロ)やバブルスプレーも、カルネバーレの必須アイテムです。

街中で見知らぬ人にも掛け合ったりするので、この有様...でも、溶けてなくなる素材のようなので数日後にはキレイになっています。

筒状のものは、空気を吹き込むとクルクル~っと前方に飛んでいくようになっています。

バブルスプレーも。

とはいえ吹きかけると、シャボンのようにすぐ消える泡でなく、ゴムのような材質の固形になるので、コレを車や家の壁に吹き付けられてしまうと大変...^^;

街によっては販売禁止にする所もあるくらいですが、私の住む地域では小学校~中学校くらいの子どもたちが大喜びで吹き付け合っています。

そして、「まあまあ、カルネバーレなんだし...」と寛容なのがイタリアの大人たち。この日はかなり無礼講というか、大人も一緒に楽しむのがイタリア流。冬の寒さも吹き飛ばす、カルネバーレが待ち遠しいです!

Middle img 3d689aa7 b83d 433e 96e5 e1740b5f431f
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事