• TOP
  • 子育て・ライフスタイル
  • もっと世間に広まって欲しい!ベビーカーとは似て非なる『子供用車いす』の存在

もっと世間に広まって欲しい!ベビーカーとは似て非なる『子供用車いす』の存在

Middle img 6c3dcde6 09c8 49b0 9063 8d7ea1ca0858
参照 : twitter.com
皆さんは「子供用車いす」というのがあるのをご存知ですか?一見、普通のベビーカーに見えてしまう事から、様々な不便が生じてしまう事もあるようです。 「子供用車いす」の存在を世間にもっと認知してもらいたいと願うTwitter投稿が話題となっています。
たつや
Large img 6c3dcde6 09c8 49b0 9063 8d7ea1ca0858
参照 : twitter.com

話題となっているのはTwitterユーザーの"@kiyokiyokingdom"さんのツイート



Dexkepkuwaaxrb8 horz r
出典 : twitter

見た目には、ベビーカーだと思われてしまうため、多くの場合はこの「子供用くるま椅子」のマークを掲示している事が多いそうです。

このマークは「バギーマーク」というマークで、ベビーカーではなく「子供用くるま椅子」であることを示すマークであり、「マムミニョンペッシュ」というバギーマークのお店が手作りし、マークの普及に努めているマークなんだそうです。

この「子供用くるま椅子」、見た目からベビーカーだと思われることが多いため、利用者の方は様々な苦労があるそうです。

例えば、電車を利用する際、車いすの方には、ホームと電車の間にスロープを渡し、駅員さんが介助してくれますが、この子供用車いすの場合、ベビーカーと同じ扱いにされてしまい、駅員さんの介助を受けられないことも多いそうです。

更に、車内や店内の他のお客さんからは、「ベビーカーを折りたたんで」と注意を受けることも多いのだそうです。




確かに、「子供用車いす」を知らなければ、普通のベビーカーだと思ってしまいますね。

この「子供用車いす」はベビーカーとは違い、作りが頑丈になっており、ベビーカーに比べるとかなり重いものになっています。何10キロという重さになるもので、これを介助なしで、電車に乗せたり、段差を越えたりすることは非常に苦労することなんです。

まだまだ世の中の認知が低い「子供用車いす」「バギー型車いす」の存在を皆さんに知っていただきたいですね!ぜひ皆さんもこの事実を周りの人にも伝えてあげてください。少しでも「子供用車いす」「バギー型車いす」の存在が世に広まることを願います。



Middle img 6c3dcde6 09c8 49b0 9063 8d7ea1ca0858
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事