• TOP
  • 子育て・ライフスタイル
  • 世界中のママが読み聞かせに使う、大人気絵本「おさかなちゃん」シリーズって知ってる?

世界中のママが読み聞かせに使う、大人気絵本「おさかなちゃん」シリーズって知ってる?

Middle img e259bfc1 40b4 4b92 bf25 43c1b75d5793
参照 : prtimes.jp
まだ知らないことだらけの赤ちゃんは、ママが絵本を読み聞かせてくれることで、いろんな感じ方・楽しさを知っていきます。ママと一緒に絵本を楽しむことで、ママとの絆が深まる効果も!「おさかなちゃん」シリーズは、そんな小さな赤ちゃんの興味を引きやすい素敵なデザインと、素敵なストーリーが大人気の絵本です。
tomosato
Large img e259bfc1 40b4 4b92 bf25 43c1b75d5793
参照 : prtimes.jp

我が子と「おさかなちゃん」が重なる!ワクワク素敵なストーリー

Sub7
出典 : prtimes.jp

世界19か国以上で愛され続けている”赤ちゃん・幼児向け”絵本「おさかなちゃん」シリーズは、ベルギーの絵本作家ヒド・ファン・ヘネヒテン氏のベストセラー絵本。
海の中の真っ黒な背景はインパクトがありますが、おさかなちゃんを始めカメやエビ、サメなどの海の中の生き物たちの輪郭がとっても映えるんです。
まだ完全にハッキリとものを認識するのが難しい赤ちゃんには、見やすくてとっても楽しいんですよ♪

Sub2
出典 : prtimes.jp

「おさかなちゃん」シリーズの絵本は現在、全部で6種類。いろんな事を知り、新たな発見をしていくおさかなちゃんですが、やっぱり心の中にあるのはいつもママの事。
「ママみて!」「ママー」と無邪気に呼びかけてくるおさかなちゃんは、まるで我が子のように愛しく感じます。
本を見ているお子様もまた、自分がおさかなちゃんになったような気持ちでいろんな事を感じ、学んでいくのでしょう。

日本のママにも大好評

海の色が真っ黒、しかも赤ちゃん向けの絵本。 一見すると大胆な配色に見えますが、おさか なちゃんを始めとした海の仲間たちの色が映 えて実に奇麗。シンプルで分り易い話しの中 にも、色や形や音感や動きなど、赤ちゃんの 好奇心や五感を刺激する要素が、バランスよ く表現されています。カニのことをブクブク と言ったり、ヒトデをツンツンと言い換える センスもいい。各国で受けているのも納得。
出典:www.amazon.co.jp
1歳1ヶ月になる息子に。 小さいおさかなちゃんが大好きなママを探して色んな海の仲間に出会うのですが、ストーリーも絵も優しくてほっこりします。 普段さほど絵本に興味を示さない息子ですが、各ページのおさかなちゃんを見つけて指さしたり、カニさんや海の泡の輪郭をなぞったりと、興味津々の様子。タコさんの「く〜にゃくにゃ」は毎回大ウケです。 色のコントラストがはっきりしているし、本自体の作りもすごくしっかりなので、低月齢の赤ちゃんからストーリーが理解できるようになるまで、長く読めると思います。
出典:www.amazon.co.jp
5ヶ月の娘に読んであげています。 ページをめくるたびに登場する、色鮮やかな海の生き物たちに興味津々! じっと見つめて手を伸ばしてつかもうとします。背景が黒で、コントラストがはっきりしてるからか、しっかり認識できてるみたいです。 絵がとってもかわいくて、読んであげているこちらがほんわか幸せな気分になります。 娘が成長して、やさしくてあったかいこの本のストーリーがわかるようになる日が楽しみです。娘も、私のことを「お母さん〜」って呼んで、探してくれるかな。
出典:www.amazon.co.jp

本は厚い紙を使ったボードブックタイプなので、赤ちゃんのなめなめ噛み噛み期もしっかり乗り切れる嬉しい作り。広げたときに、子どもの視界にちょうどおさまりやすいサイズなのも、感情移入しやすい大きなポイントです。
「おさかなちゃん」のように、我が子が「ママ~」とキラキラした瞳で教えてくれる日が待ち遠しくなりますね♪

~ ~

ママも子どもも、ほっこり幸せになれる絵本

Sub11
出典 : prtimes.jp

優しくて鮮やかな色や分かりやすい形、文字も多くなく赤ちゃんもママも楽しめる絵本は、毎日の読み聞かせにぴったりです。
「おさかなちゃん」シリーズで、ぜひお子様との素晴らしい時間を過ごしてみてくださいね☆

「おさかなちゃんのできた!」 Amazon

ご購入はコチラ

「おさかなちゃんの あのね、ママ」 Amazon

ご購入はコチラ

Middle img e259bfc1 40b4 4b92 bf25 43c1b75d5793
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事