• TOP
  • お出かけ・スポット
  • 【コラム】予約が取れない宿!あの星野リゾートが家族旅行におすすめなワケ。

【コラム】予約が取れない宿!あの星野リゾートが家族旅行におすすめなワケ。

Middle img db6cc79d 8a4d 40ac b0b1 0dfe3a0ca720
参照 : ameblo.jp
子連れ・家族旅行に大人気の星野リゾート。先月、日本へ一時帰国した際に温泉旅館シリーズの【界・伊東】へ家族で行ってきました。ここ、納得のホスピタリティーで素晴らしい温泉旅館です。交通手段に利用したスーパービュー踊り子号も子供が楽しめるところがポイント!東京から1時間半で行けてしまうお手軽な家族旅行のご提案です♡
MAYA
Large img db6cc79d 8a4d 40ac b0b1 0dfe3a0ca720
参照 : ameblo.jp

スーパービュー踊り子号って?

P1250861
出典 : ameblo.jp

星野リゾート「界・伊東」行きを決めたら、まずはアクセス手段をチェック。伊豆行きの特急列車には「踊り子号」「リゾート踊り子号」そして「スーパービュー踊り子号」があります。今回私達が乗車した「スーパービュー踊り子号」は旅をより楽しめるように作られた特急列車です。 大きな車窓から伊豆の美しい海や山が見えたり、2階席からの見晴らしもバツグン!

P1250859
出典 : ameblo.jp

このスーパービュー踊り子号、子供たちが自由に遊べる「こども室」があったり、広いスペースでおむつ替えができるコーナーも完備。車内のワゴン販売だけでなく、売店もあるから、食べ物・飲み物はもちろん鉄道グッズも買えちゃいます。東京駅からは1時間半の乗車時間。この間に駅弁を食べたり、窓から風景を眺めたり。思い思いの時間を楽しく過ごすことが出来ます。

星野リゾート「界・伊東」の魅力とは?

P1250982

星野リゾート「界・伊東」は、ご当地の魅力を知る旅を提案する、星野リゾートの温泉旅館シリーズの1つ。かつて経営難に陥った旅館を星野グループが再建し、見事な人気の宿に生まれ変わらせた物語付きなのです。人気の証拠に週末は全く予約が取れず、平日やっと予約出来たくらい。

旅館というと長年勤める着物姿の仲居さんを想像しますが、こちらには黒の制服に身を包んだ星野リゾート社員さんたちがいます。若い社員さんが多いのですが、みなプロ意識が高くサービス精神旺盛。星野リゾートではスタッフレベルでも経営会議に参加できるなど、とてもフラットな組織なのだそう。やりがいを感じている社員さんがいる、活気のある職場がここにある!と唸ってしまいました。

①やっぱり欲しいのは、露天風呂温泉客室。

P1260056
出典 : ameblo.jp

人材やサービスなどのソフト面が素晴らしいことも大切ですが、やっぱり温泉宿には良い温泉がないといけません。こちら「界・伊東」は全館源泉かけ流しの贅沢な湯量に恵まれた宿で、水道水もプールの水も全て温泉水!これは温泉好きの私達でも初めての体験でした。

今回滞在した客室は信楽焼の露天風呂とお庭付きの客室。朝も夜も、何度でも温泉に入って、ゆったり癒される時間が最高でした。また客室アメニティーとして持ち帰れる「星野リゾート特製デザインふろしき」があったのも嬉しかった♡

②ご当地文化の魅力を学ぶサロンあり。

P1250922
出典 : ameblo.jp

ご当地文化を学ぶ「椿サロン」では、椿油の生せっけん作り教室が開催されていました。宿泊ゲストは無料で体験でき、生せっけんもお土産に持って帰れるサービスです。伊東と椿は縁が深く、古くからこの地域で大切にされてきた花。そんな背景を星野リゾートのスタッフさんに教えてもらいながら、せっけんを作ります。こういう体験教室は子供たちも楽しめるから、嬉しいです❤ 

また夕方5時からスタートする、季節の野菜や魚を頂く炭火焼コーナーでは日本酒が振る舞われたり、日本文化を120%満喫できちゃうので、外国人でもきっと大満足!(英語の館内案内があったところも、夫は絶賛しておりました)

③名物「金目鯛ぐり茶蒸し」を食す。

P1250961
出典 : ameblo.jp

温泉宿の楽しみの一つが、旬の食材を使った夕食。伊東に伝わる「ぐり茶」は、生葉をじっくり時間をかけて茶葉の芯まで蒸す「深蒸し茶製法」の緑茶。このぐり茶で金目鯛を蒸した料理がメインに登場!しかも薬味にオリーブオイルを付けて頂く方法は、和風でありながらイタリアンのような新鮮さ。また米飯の美味しいこと!全館温泉水だからでしょうか。

そして食事をさらに美味しくしてくれたのは、言うまでもなくホスピタリティ精神の高いスタッフさんたちの「お・も・て・な・し」パワーです!

④トラベルライブラリーで旅本に出会う。

P1250943
出典 : ameblo.jp

旅館内にひっそりと静かにライブラリーがありました。「日常を離れ 本を読もう 旅に出よう」 この言葉を見ただけで、ワクワクが止まらなくなってしまう!のは私だけではないはず。旅をすると読書がしたくなるし、読書をすると旅をしたくなる。好きな本に出会えたら、部屋に持ち帰って読んでもいいところが嬉しいサービス。初夜に4冊も欲張って借りたのでした。

星野リゾート、さらなる展開。

星野リゾート「界・伊東」での2泊3日。温泉だけでなくスタッフさんの「おもてなしの心」に癒され、最高の思い出が出来ました。これまでの温泉旅行で間違いなく満足度トップクラスです!

星野リゾートは101年の歴史を持ち、「星のや」「リゾナーレ」など別のシリーズも次々と開業中。2016年には「星のや 東京」「星のや バリ」も開業予定だそう。日本が誇れるホテルブランドとして、さらなる海外展開も楽しみですね!家族旅行の目的地として常に考えたい、星野リゾートのご紹介でした。

JR東日本 スーパービュー踊り子号(公式サイト)

星野リゾート(公式サイト)

Middle img db6cc79d 8a4d 40ac b0b1 0dfe3a0ca720
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事