• TOP
  • 教育・エデュケーション
  • 意外と知らない?鯉のぼりの基本おさらい〜飾り方・時期など

意外と知らない?鯉のぼりの基本おさらい〜飾り方・時期など

Middle img 338e0e9e 8acb 401c a84b be9796277bfb
参照 : www.flickr.com
暖かく晴れた日が続く頃になると、空を泳ぐ鯉のぼりの姿がチラホラ。この季節の風物詩で、5月といえば誰もが思い浮かべるであろう鯉のぼりですが・・・何のために飾っているんだっけ?そもそも何故、鯉なの?
ろえ
Large img 338e0e9e 8acb 401c a84b be9796277bfb
参照 : www.flickr.com

男の子の誕生を祝い、健やかな成長と出世を願う

鯉のぼりが生まれたのは江戸時代と言われています。

昔むかし、武士の家では男の子が生まれると、家紋のついた旗や幟(のぼり)を立てて祝う習慣がありました。
一般家庭でもそれを真似て、紙や布に絵を描いて外に吊るしたのが鯉のぼりのルーツ。

”急流の滝をのぼりきった鯉が龍になる”という中国の故事から、立身出世のシンボルとして鯉が描かれています。

♪大きい真鯉はお父さん

5743751088 c08b6f4174 z
出典 : www.flickr.com

元々は黒い鯉だけでしたが、「3」の数字が縁起が良いということで、黒、赤、青の3匹が飾られるようになりました。
有名な童謡の歌詞にもあるように、黒鯉が父親、赤鯉が母親、青鯉は子どもというように、家族の姿を表しています。

最近では、青鯉の下に緑鯉が増えたり、オシャレな洋風の鯉のぼりなども登場しています。

色違いの鯉のぼりを1匹ずつ買い足すこともできるので、家族が増えるごとに鯉のぼりを増やすのも楽しいですね。

また、鯉のぼりの一番上にあるカラフルなヒラヒラは「吹き流し」と呼ばれるものです。
「5つの色を揃えることで魔除けの効力が発揮される」という中国の五行説が元になっています。

飾るタイミングは?

ひな祭りが終わり、春のお彼岸が過ぎれば飾って良いといわれています。
大安が良いという説もありますが、天候やスケジュールとの兼ね合いで決めてOK!
4月初めから中旬にかけての、なるべく晴れた日を選びましょう。

片付ける時期は、5月半ば頃までが目安。
ひな人形のように”早めに仕舞わないと婚期が遅れる”というような話はないので、5月いっぱい飾っておく家庭もあります。
良い状態で保存するために、梅雨入り前には片付けると良いでしょう。

飾る場所は?

502981859 6803e57691 z
出典 : www.flickr.com

広大な庭つき一軒家であれば、長い竿を立てて、大きな鯉のぼりを悠然となびかせたいところですが(笑)
そうした風景は、なかなか見られなくなりましたよね。
近年では、ベランダや屋内に飾るタイプの鯉のぼりが人気のようです。
風がなくても形がきれいに見えるワイヤー入りや、陶器やぬいぐるみの置物などなど・・・ラインナップも様々。

「どの方角に飾る」といった決まりもないので、お子さんが見やすく(しかしイタズラはされにくい)お気に入りの場所を探してみましょう。

汚れてしまったら、お洗濯を!

鯉のぼりは元々屋外用なので、雨風に耐えるよう丈夫に作られています。
汚れてしまった場合は、埃をおとして自宅で洗濯をしましょう!

////////////////////////////////////////

<鯉のぼりの洗い方>

1. バケツやタライに水を張り、中性洗剤を薄めに溶かす

2. その中に鯉のぼりを浸け置きして、優しく揺らすように手で洗う
※ゴシゴシ洗わないように注意!金箔が剥げたり、生地の傷みの原因になります。

3. 何度か水を替えながら、優しく濯ぐ

4. 水を切って、風通しの良い日陰に干す
※素材にもよりますが、絞らないように優しく水を払ってください。

5. 完全に乾いてから、シワにならないように畳んで、袋などに仕舞う
※防虫剤は入れないようが良いようです。

////////////////////////////////////////

ただし、素材によって洗濯に向かないものもあります。購入時の説明書などをよく読んで確認してください。

また、洗濯機は念のため使わないようにしましょう!

次男、三男が生まれたら?

1人に1つ、という考え方もあるようですが・・・
鯉のぼりばかりどんどん増やすのは、あまり現実的ではないですよね。

こうした場合は、兜や五月人形など他の飾りを用意したり、
前述のように、色違いの鯉のぼりを単品で買い足していくのも良いでしょう。

子どもたちが大きくなって、鯉のぼり卒業の時が来たら・・・

子どもが成長し、ひとり暮らしを始めたりすると、鯉のぼりを飾る機会は無くなるかもしれません。
思い出として保存しておくのも素敵ですが、もし、処分したい場合はどうすれば良いでしょうか?

考えられる方法は・・・

☆自治体やイベントへの寄付

☆お寺などで供養してもらう

☆ネットオークションやリサイクルショップへ持ち込む

☆知り合いに譲る

・・・などが挙げられます。

折角の鯉のぼり、ただ捨ててしまうのは寂しいし、もったいないですよね。
ぜひ、納得できる方法を探してみてください。

/////////////////////////

色とりどりの素敵な鯉のぼり。意味や由来がわかると、より魅力的に見えてきますね。
守り伝えたい日本の文化を、お子さんにも是非お話ししてあげましょう。

Middle img 338e0e9e 8acb 401c a84b be9796277bfb
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事